就活とヒゲ!就職活動にヒゲはマイナスですか?



 普段からヒゲを剃らない方もいるのではないでしょうか?ポリシーというかおしゃれというか。もしかしたら遺言かもしれませんね。
 冗談はさておき、就職活動とヒゲを生やすことについて少しだけ考えてみました。


 今や大学卒業は当たり前。大学のブランドはあれど、やはり同じスタートラインに立つこととなればより良い企業に就職するのが就活生には理想であると思います。
 就活中の男子にとって、身なりをキレイにすることは必須。ヒゲももちろんのことキレイに剃っておく必要があります。


就活は身なりも採用基準のひとつ?



 よほど奇抜な企業でない限り、身なりというのも採用のひとつであると考えておく必要があります。
 就活生はミナ定番スーツに身を固め活動していくことになるので、その他の部分でマイナスをできるだけ避けるのは必須。


 髪の毛がキレイにセットされていない。立ち振舞がキョドっている。緊張でロレツが回っていない等々。
 その中で最も注意しなければならないのがヒゲでしょう。


 ヒゲはキレイに整えていても、気がついたら薄っすらと生えてきている。重要な面接で剃り残しが目立てば清潔感ゼロ。
 ましてや、厳しい就活を勝ち抜くには、ヒゲを蓄えているのは論外です。


キレイに剃れば問題ない。若々しく見えなくても大丈夫



 ヒゲを綺麗にそっておくことは必要不可欠。ヒゲを剃ることで若々しく見え、相手に良い印象をあたえることができます。
 一部では、ヒゲは老けて見えるので“ 損 ”という話を耳にします。


 『 老けて見えるから不採用 』なら童顔の方の方が採用率が高いはずですが、そんなことないのは周知の事実です。
 青ひげに悩んでいたとしても、ヒゲを綺麗にそっておけば大丈夫。


 ファッション関係や美容師などクリエイティブ系な職業ではない限り、青ひげに悩んでいたとしても問題なしです。
 剃り残しがないように、綺麗に髭を剃っておけば青ひげであってもマイナスになることはないでしょう。


会社の門をくぐったところから就活が始まっている



 無事書類審査をかいくぐり面接がスタート。面接は会社の門をくぐったところからスタートです。
 トイレで髭の手入れをされている方も多いですが、どこかでみられているのでトイレを開放しているカフェやコンビニで綺麗に整えておきましょう!


 就活は面接官の前だけ取り作ることはリスクが高く、どこの誰が面接以外の立振舞詠を見ているかわかりません。

 『 遠足は家に着くまでが遠足です 』

 幼少期一度は言われたことがありませんか?
 面接は、会社を出るまでが面接です。待ち時間や面接時のみ力を入れている方も多いのが実在で、ここらあたりで他の人との差別化を図ってみると良いかもしれません。


就活生のヒゲ、一体どうする?



 内定そして就職後もヒゲを伸ばすことは難しいと考えておいてください。日本の文化が髭を蓄えるという文化ではないので、ヒゲを伸ばすことは社員として疑われてしまいます。
 これらのこと、そして将来のことを考えれば、面接前に永久脱毛しておくという選択肢もありです。


 特に青ひげやカミソリ負けに悩んでいる方は、一度体験脱毛を受け脱毛がどんなことかわかってくると思います。
 面接勝負の前にはメンズエステの電気美容脱毛。2〜3日前までに施術すれば面接当日には綺麗に仕上がっています。


 長期スパンで考えれば美容クリニック系の医療レーザー脱毛が断然おすすめ。
 あなたの生活シーンによって、脱毛を考えると良いでしょう。


 あなたの就活が無事成功することを切に願って。


関連コンテンツ
 ●長期スパンで考えるなら医療系が絶対お得
 ●即日効果の脱毛ならメンズエステTBC

topへ戻る

Return to page top