ホーム » 医療レーザー脱毛の謎??

白いヒゲは脱毛できると思いますか? 噂ではできないとも… それほんと?



 ヒゲをレーザーで脱毛する場合、ヒゲ白髪は施術しても効果がないとされています。
 これま、レーザーがメラニン色素に強く作用する働きがあるからで、ヒゲ白髪にはこのメラニン色素がないため、まったく作用しないと考えられているからです。


ほんとにヒゲ白髪は脱毛できないのでしょうか?



 レーザーでの脱毛の場合は、あなたが思っているほどの効果を得ることができないことは考えておきましょう。
 確実に脱毛するなら、電気美容脱毛での脱毛が理想です。


 個人的にちょっと気になっているのが、“ 無痛脱毛 ”として最近売出中の最新脱毛器のメディオスターです。


メディオスターって効果があるの?



 ちょっとだけ勉強不足なので、確実な効果があるかどうかは正直わかりません(;´∀`)
 でも、従来の脱毛のアプローチとはまったく異なるので、ヒゲ白髪を脱毛することができる可能性は十分にあります。


 従来のレーザー脱毛は、ヒゲの毛根にレーザーを照射し破壊し永久脱毛を実現させるというのが主流でした。
 しかし、このメディオスター脱毛は、毛に栄養を与えているバルジと呼ばれる部分に提出力のレーザーを照射するため脱毛効果が期待できるのではないかと考えています。


でも、やっぱりヒゲ白髪が脱毛できるか不安



 確かにそうですね。メディオスターの脱毛は、アレキサンドライトやダイオードレーザーと比べると、脱毛に必要な施術料金は比較的高額。
 最先端の脱毛機器ですし、日本で導入しているクリニックもまだまだ少ないのが事実。


 最先端な脱毛方法だけに、臨床結果が少ないのが実態ではないでしょうか。
 これらのリスクを軽減するのであれば、医療レーザーと電気美容脱毛を併用して施術するのがマストな選択かもしれません。


脱毛の併用って問題ないの?



 脱毛の併用は問題ありません。できたら、医療レーザー脱毛でヒゲを8割程度脱毛してから、電気美容脱毛でヒゲ白髪を脱毛するのが理想かな。
 施術は、近所の皮膚科へ徹底的に連絡し、脱毛を施術しているかを確認するのが理想。


 健康保険は適用されませんが、ムダな勧誘も少なく永久効果が補強されているので医療の電気美容脱毛がおすすめです。
 ちないみ、美容クリニックの脱毛は、レーザー脱毛が主流。一方で、電気美容脱毛は大手メンズエステが市場を独占しているのが現状です。


 皮膚科であれば、逆まつげの治療に電気美容脱毛を行っているところもあるので、事前の調査が大切です。
 近所に施術できる医療機関がなければ、リスクを覚悟にメンズエステTBCやダンディハウスへ通うというのが鉄板です。


大手メンズエステに通う前の注意点とは?



 ヒゲ白髪を脱毛する!ということに着目すれば、電気美容脱毛に勝るものはないと思います。
 メンズエステに通う前に、美容外科クリニックでヒゲ処理の負担がなくなるまで脱毛の施術を行っておくことをオススメします。


 あなたがエステティシャンに『 ヒゲ白髪だけ脱毛してくれ! 』と懇願できる勇気があれば、積極的に通いましょう。
 でも、そんな勇気がない方にとってメンズエステの脱毛は、抵抗あると思いませんか?


 メンズエステの脱毛は費用が高額な部類のケースに入ります。でも、電気の照射レベルを失敗さえしなければ、確実に脱毛できる方法です。
 レーザー脱毛で脱毛しきれなかった残りヒゲを、TBCやダンディハウスで脱毛するという選択肢もありだと思います。


メンズエステの脱毛費用が高額な理由!



 メンズエステのヒゲ脱毛は、ほんとうに効果の高い脱毛です。症例数も多く、メンズエステTBCでは脱毛完了後し20年たっても新たなヒゲが生えてこないという認証結果もあります。
 それだけ考えれば、医療レーザーよりも電気美容脱毛の方が良いのではないかと考えてしまうのですが、メンズエステの脱毛には時間と多くの金額が必要となります。


 最近のメンズエステは明瞭明確な料金体系を維持していますが、“ 30分いくら ”といった料金体系になってお入り、まだまだ高い。
 前述した2クールヒゲを脱毛しておくと記述したのがこの理由です。


残ったヒゲ( ヒゲ白髪 )はどのように脱毛する?



 個人的に鉄板だと考えているのは、メンズエステの電気美容脱毛です。近くの皮膚科で施術可能なら、そこで受けてください。
 とはいえ、最近は脱毛に力を入れている皮膚科というのは少ないので、なかなか病院を探すことは難しいでしょう。


 それらを考えれば、全国主要都市にサロンを設置している大手メンズエステのほうが有利に働くでしょう。
 どうしても医療レーザーでは脱毛しきれない“ しつこいヒゲ( ヒゲ白髪 )”が存在します。
 産毛やヒゲ白髪、黒いけど細すぎるとか、色素が薄いなど脱毛することができないヒゲというのはどうしても存在します。


 それでも良いという方は、毎朝のヒゲのケアは格段に楽になりますが、“ どうしてもツルツルにしたい ”と考えている方は、店舗や脱毛器を変えてみることを考えるタイミングです。
 残ったヒゲ( ヒゲ白髪 )は、電気美容脱毛で1本1本施術していくことで綺麗に脱毛できます。


 これで、真のツルツル脱毛に成功するわけですが、やはり最初に黒く太いヒゲを一気に脱毛してしまうのが鉄板です。


最後に、ヒゲ白髪の鉄板の脱毛は?



 医療レーザーでヒゲ白髪を脱毛するなら、医療レーザー脱毛(メディオスター)か、ダイオードレーザー脱毛が良いのではないでしょうか。
 ダイオードレーザーは、日本人の肌質ととても相性の良い脱毛方法の一つです。
 女性の脱毛多く使われており、産毛も脱毛することができるとされているからです。


 一方で、メディオスター脱毛は、毛穴の中にあるヒゲに栄養を与える箇所へ低主津力でレーザーを照射し、毛の成長の働きを促進するバジルという器官を攻撃していくことになるので、もしかしたらバジルを攻撃することで肌の色は関係ないのではないかともみられているのが現状jです。


タグ /

医療レーザー照射による身体への影響は?



 医療レーザー脱毛はかなり強力である!と耳にします。
 こんな強力なレーザーを身体に照射して、なにか影響( 副作用 )はないのでしょうか?


 お医者さんがカウンセリング時に一番多く質問ある内容のようです。


 で、結論から言うと『 問題なし 』です。何事も絶対や100%大丈夫ということはありませんが、今のところ問題は報告されていないようです。
 医療レーザーの照射は脱毛だけに用いられているわけでなく、ほくろ除去や刺青除去、美肌治療にも使われています。


 仮にレーザーの照射に問題があるとすれば、脱毛している方だけではなく、ほくろ除去や刺青除去、美肌治療等を行なっている方にも少なからず影響があると思います。
 レーザーの影響で、大きな病気につながる副作用が発見されれば、お医者さんを統括する厚労省が黙ってはいないでしょう。
 今やレーザー治療を取り入れていない美容外科クリニックや病院は少なく、全国各地にレーザー治療器(脱毛器)が点在しています。


 全国に普及しているレーザー脱毛器が身体に何らかの影響があれば、厚労省が通達を出しレーザー治療(脱毛)市場から一気に撤退となることも考えられます。


 レーザー脱毛器が日本に登場して40年近くがたちます。導入当初は何らかの不具合があったかもしれませんが、今では医師の管理のもとで行われたレーザー治療は、身体への悪影響は無いと断言してもよいでしょう。
 これから医療レーザーで、ヒゲ脱毛を挑戦しようと考えている方は安心して受けることができます。

 それでも心配なら、必ず医師とのカウンセリングが行われるので、『 無害か?それとも有害か? 』を確認しておくとよいでしょう。

 あと、自分の体で反応を確認するため目立たない箇所でテスト照射をワンショット打ってもらう方法もあります。
 「 入院 ⇒ 手術 」を経験したことがある方は、手術前にあらゆる検査を行います。この検査の中にアレルギー反応を見る検査があります。
 実際にアレルギーを体内に埋め込み、その反応を見るテストみたいなもの。


 医療レーザー脱毛でも、同じ事を行なってみるんです。一度目立たない箇所でテスと照射を受け、数ヶ月経過観察し副作用など洗わなければ、脱毛をスタートさせる。副作用等がどうしても心配無方は、カウンセリングとテスト照射を上手に使っていくといいでしょう。

タグ /

レーザー当てるのに、最も適した期間は?



 レーザーでヒゲ脱毛。
 レーザーを当てたら当てた分だけ効果があると勘違いしている人がいるみたいです。


 ヒゲ脱毛で一番効果があるレーザーのあて方。下の2つどちらが効果的だと思いますか?


 1. 2週間〜1ヶ月に1度。
 2. 2ヶ月に1度。






 先に正解を!答えは『 2番 』です。
 レーザーを当てたら当てた分だけ効果があると考えている方がいます。


 なかには、『 レーザーバチバチ当てたいから、2週間〜1ヶ月に1回通いたい。
 でも、お店に断れてしまって。。。あのお店ケチってるなぁ〜〜 』なんて考えてる人がいます。


 脱毛効果を早く得たい気持ちは分かるんですが、短期間にレーザーをたくさん当ててもあんまり意味が無い。
 特に1回レーザーを当てたら、自然にヒゲが抜けるまで1〜2週間かかります。


 で、休眠してるヒゲが新しく生え始めるのが、初回のレーザーから1〜2ヶ月後になるんです。
 レーザー脱毛は、毛根に含まれるメラニンに作用する性質があります。
 一度レーザーを当て死滅した毛根に、どんだけレーザーを当てても無意味なんですね。


 短期間のレーザーを進めているお店は、もしかしたらフラッシュ脱毛なのかもしれない。
 はたまた、6回コースで値段設定しているお店かもしれない。
 僕の個人的な意見ですが、レーザーあてた後


 『 1〜2ヶ月くらい期間を当てて再来院してください 』


 という病院のほうが良心的だと思います。
 回数が決められた病院などで、短期間にレーザー照射を勧める病院は、チョット注意ですね。


 ヒゲ脱毛を成功させる秘訣の一つとして、『 毛周期を的確に捉えた脱毛 』というのがあります。
 ヒゲは2〜3ヶ月に1度生え変わるサイクルがあるので、このサイクルをうまく捉えてレーザーを当てるのが成功の秘訣。
 短期間でレーザーを当てるのは無意味であって、お金の無駄遣い以外なにものでもないんですね。


 短期間でレーザーを当てたいと考えている方は、地元で有名でレーザー脱毛してる複数の病院でいろいろ相談してみるのが可。
 短期間でのレーザー照射を推奨している病院とは、まったく異なった切り口で脱毛のことを説明してくれると思うので。


 レーザー脱毛できる良い病院に出会えるといいですね。

タグ /

アレキサンドライトレーザーの特徴と利点

 ダイオードレーザーの最大のライバルと称されているレーザー光線が、


 米国キャンデラ社製のアレキサンドライトレーザー光線


 を使った脱毛。


 米国キャンデラ社のアレキサンドライトレーザー脱毛器の特徴と利点は大きく分けて2つ

 ・ 美肌効果
 ・ ニキビ跡やシミ、くすみ除去に用いられる

 脱毛スポットがダイオードレーザーと比較すると小さく、どうしても照射回数が増加してしまう。
 ダイオードより痛みを強く感じてしまうし、冷却装置も付いてません。その他の作用はダイオードレーザーと大差はなく、レーザーの違いで脱毛効果が異なるかといえば、そんなことはないでしょう。


 アレキサンドライトレーザーには、コラーゲンの産生を促進する作用があって、自己処理で開ききった毛穴を引き締める効果が期待出来たりします。
 同時に、シミやくすみを治療するために主に用いられるレーザーなので、脱毛と同時に美肌効果も期待できるでしょう。
 ( 病院やクリニックのほとんどは、くすみの除去や美肌効果を謳ってないため副産物として考えるのが得策かも )


 ヒゲの永久脱毛にアレキサンドライトレーザーを用いた場合、どれだけ美肌効果があるかは疑問だったりもします。
 とはいえ、医療レーザー脱毛でも5〜6回くらいレーザーを照射しないと脱毛が完了しないケースも多いため、「 −5歳肌 」は実現できるのかもしれません。

タグ /

ダイオードレーザーの特徴と利点



 医療レーザー脱毛器には、使われているレーザーの種類がいくつかあります。
 その中でも、最強!と称されているのが、


 米国ルミナス社のダイオードレーザー光線


 を使った脱毛です。


 米国ルミナス社のダイオードレーザー脱毛器の特徴と利点は大きく分けて3つ

 ・ 日本人を始めとする東洋人の毛質や肌質に最適。
 ・ レーザーの照射面積が広く痛みが少ない
 ・ ダイオードレーザー脱毛器に置いて世界シェアNo.1を誇っている


 米国ルミナス社のライソシェア・デュエットは、照射部分を吸引しレーザーを照射するのが最大の特徴。
 レーザー光線が照射される場所に皮膚を近づけ、ターゲットのヒゲに対し効率的にレーザーのエネルギーを加えていくことができます。


 レーザーの力を無駄なく毛根に与えることができるので、レーザー出力も若干低く設定でき痛みも軽減されています。
 更に言うと、ダイオードレーザーは肌に優しいのが特徴で「敏感肌やアレルギー、アトピー」などの方にもオススメとされています。( ※個人差があるので事前のカウンセリング時にしっかり確認が必要。)


 日本国内でレーザー脱毛といえば、このダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーと2極化されているのが現状。
 ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーに比べると「 痛みが少なく安く 」受けることが出来るという最大の魅力があるのが特徴です。

タグ /

ヒゲ抜きしてる人はレーザー脱毛できない?

 髭を抜いてるけどレーザー脱毛しても大丈夫?


 レーザー脱毛する場合、事前準備としてある程度ヒゲを生え揃えておいたほうがいいでしょう。
 ヒゲ抜きで毛根までうまく抜けた場合、そこにレーザー当ててもなんの反応もないためです。


 レーザーは、メラニン色素に反応し高い熱を発します。
 レーザーを当て続けることで、毛根の熱は蓄積し続けます。蓄えられた熱の大きさが大きくなることで毛根が破壊される。
 破壊された毛根は、1週間から10日前後で肌から抜け落ち脱毛完了となる。


 で、レーザーを照射する前にヒゲを抜くと毛根がなくなるため、脱毛ができません。
 熱エネルギーが蓄積する毛根がなくなるので、新しい毛が生えてくる次のサイクルまで待つしかないんですね。
 このサイクルが、2ヶ月から半年くらいかかるので、何時まで経っても脱毛が完了しないっていう悪循環が。


 いま、ヒゲ抜きしてる人で医療レーザー脱毛を検討している人は、


 抜きたい気持ち


 を、グッと我慢してヒゲを生え揃えるようにしてください。
 ヒゲの毛周期は2ヶ月から半年と言われているので、この期間が我慢する目安になると思いますよ。

タグ /

医療レーザーひげ脱毛に迷ってるならまず体験脱毛で!

 医療レーザーでひげ脱毛に挑戦してみたいけど、痛みや費用、効果などなど。悩みはつきませんね。
 そんな人にお勧めしたいのが、まずは「 体験脱毛 」でその効果を実感してみる方法です。


 医療レーザー脱毛は、病院( 主に皮膚科 )や美容外科などの医療機関で受けることができます。
 病院によって異なりますが、ほとんどの医療機関で体験脱毛( またはテスト脱毛 )を格安の価格( または無料 )で受けることができます。


 ひげ脱毛を始める前に、いくつか考えないといけないことがあるんですがご存知ですか?

 え?脱毛費用??半分正解で半分不正解。
 病院であれば、価格変動はエステほど大きくないのでカウンセリング時にプランを確認し、それに向かってお金を貯めればOK。
 脱毛経験者のほとんどは、「 簡単に溜まったよ! 」って言ってます。


 じゃぁ、何を考えておかないといけないかというと。

 ・ 通いやすさ
 ・ 痛みと効果

 この2つ。


 ・ 自宅や職場からどれくらいの距離に病院があるか?( 通いやすいか? )
 ・ レーザー照射時の痛みはどれほどか?( 我慢できるくらいの痛みか? )
 ・ レーザー照射後、どんな効果があるか?


 カウンセリング ⇒ 体験脱毛( テスト脱毛 )でこのくらいはチェックしておくことをお勧めします。
 脱毛は、数カ月に1度病院に通う必要があります。それも30分程度の処置のために。。。

 ・ 病院への距離が遠くて、その上たった30分程度のために数ヶ月に1度通うのが面倒だ!

 前払いでお金を支払っていても、病院までのアクセスが遠く通うのに時間がかかれば、自ずと病院から脚が遠のきます。


 ・ レーザー照射時の痛みが耐えられなくて病院への足が遠のく

 脱毛を途中断念する人のほとんどは、この「 痛み 」が嫌というケースが多いです。
 脱毛開始直後は、なかなか効果を実感することができず痛みが強いので「 脱毛失敗 」の不安が頭をよぎります。


 レーザー照射後1〜2週間は髭の手入れをすることができず、ヒゲはレーザーを当てる前の状態が続きます。
 ここで焦って、髭を抜いてしまう人もいるようですが、ここはグッと我慢が必要。
 この停滞期を乗り越えると、ヒゲがポロポロ抜け始めるのでレーザー脱毛の効果の高さを実感することができます。


 医療レーザー脱毛でひげ脱毛を受けようか検討している人は、情報収集もいいですが実際に自分で試して見ることをお勧めします。
 情報収集で湧き上がった疑問を、脱毛専門医であるお医者さんにぶつけてみると、そのお医者さんの力量も推し量れるので、必然的に良いクリニックに出会えることもできちゃいますよ。

タグ /

ヒゲのレーザー脱毛は、どんな人にぴったりなの?



 ヒゲの脱毛( 特に永久脱毛 )は、こんな人にぴったりなんです。

 blue.gif ヒゲが濃く剛毛で、剃った後アオアオとテカってる。
 blue.gif 朝、10分以上髭剃りに時間がかかってる。
 blue.gif 1日2回以上髭剃りしないといけない
 blue.gif カミソリ負けしやすい体質
 blue.gif 肌が弱く、電気シェーバーやカミソリを当てるとすぐ血がにじむ


 ヒゲを全体的に薄くしたいと思い、レーザー脱毛を検討している人がいます。
 レーザー脱毛の場合、全体にまんべんなく薄くすることはできないと考えておいたほうがいいかも。
  ↑たぶん体験者さんなら、この言葉わかっていただけるかと。


 ヒゲを使ってオシャレを楽しんでいる人も受けて欲しいヒゲ脱毛。
 個人的には、レーザーよりもニードル脱毛のほうがオススメかな。

 ヒゲを残す箇所と脱毛する箇所の境界線の脱毛がレーザー脱毛では非常に難しい。
 それこそ『 施術者の腕 』が問われます。

 経験の浅い施術者の場合、フェイスラインのヒゲがガタガタに(焦)
 レーザー脱毛機だと、自然なラインが作りづらい印象があるので、個人的にはTBCやダンディハウスなどのニードル脱毛がいいかな。


 永久脱毛と一言で言っても、


 「 あなたが脱毛をどんな風に仕上げたいのか?


 によって、選択する脱毛方法が異なります。


 ヒゲを完全になくして、ツルツルの状態まで仕上げたいなら断然医療レーザー脱毛!
 全体的に間引いたり、デザインを整えたりする脱毛なら、ニードル脱毛!!


 後は、カウンセリングにじっくりと耳を傾け、相性の良いお店や病院を探すことが必須です!


ひげの医療レーザー脱毛は1回でも効果あり??

 ひげの医療レーザー脱毛を取り扱っているクリニックを眺めていて考えたことがあります。
 私がよく眺めているクリニックは、『 神奈川クリニック 』や『 湘南美容外科クリニック  』なんですが。。。

 レーザー脱毛の価格帯を調べていると、『 1回 』の料金が表示されている。
 ということは、1回からの医療レーザー脱毛が受けられるってことだよね。
 1回のレーザー脱毛で、永久脱毛になるのなら。。。。これほど美味しい話はありません。

 だって、1回の施術費用は6000〜10000円程度。これが半永久的なら、かなりの費用対効果です。
 ということで、ちょっと調べてみました。


 まず、ひげの医療レーザー脱毛は1回でも効果は得られるのかというポイント。
 1回目の脱毛処理でも、ある程度の効果は期待できる。
 とはいえ、ひげは他の体毛よりも毛根の根が深く、毛が太い傾向にあるため効果の確認が難しいと思います。

 脇やビキニライン、腕、胸などに生える体毛は、毛の1本1本が細く1回のレーザー照射でかなりの効果が期待できるといわれています。
 体毛と変わりないヒゲの持ち主なら、かなりの効果が期待できますがひげが濃い人は必然的にレーザー照射の回数を増やさないと効果がなかなか得られません。

 医療レーザーでヒゲを脱毛する場合は、1ヶ月に1度のペースで1〜2年を目安に脱毛していくと効果的です。
 個人差もありますが、半年くらいからかなりヒゲが薄くなったと実感できます。
 完全に『 ツルツル 』にする場合、2年くらいを見ておく必要があるということですね。

 とはいえ、レーザー治療をはじめるなら早いうちに効果を確認したい。
 照射の場所にもよりますが、1回目のレーザー脱毛で高い効果を期待することが出来るので次のモチベーションにもつながりますね。

ひげを医療レーザー脱毛していいタイプといけないタイプ

 ひげをレーザー脱毛したいけど、自分の肌は大丈夫??
 生まれつき肌が弱いから、強い刺激などレーザーが肌に悪いんじゃないかと考えてしまう人もいるみたい。

 基本的には、ひげの医療レーザー脱毛は事前にカウンセリングを受けテスト照射というものを行うため、良否の判定は速やかに行うことが出来る。
 でも、やる気満々でレーザー脱毛しに、皮膚科やクリニックに訪れ断られてしまうと。。。

 そんなことにならないためにも、事前に下調べしておくことも必要です。
 肌の状態によって、医療レーザー脱毛の向くタイプと向かないタイプというのがあります。


 ○ 医療レーザー脱毛が向くタイプ

・ 日焼けをしていない肌( 色白から普通の状態がより良い )
・ 毛が濃くて黒い


 ○ 医療レーザー脱毛が向かないタイプ

・ 日焼けしている肌
・ 茶色い毛や白い毛
・ 数日前毛を抜いた
・ 毛が細い


 肌の状態は、基本的に日焼けの有無だけを判断すればいいみたい。
※ 敏感肌については、別途紹介

 後は、ひげの状態や状況。これらをしっかり考慮しておけばOKのようですね。
 事前のカウンセリングがないクリニックは、見送る方がいいですね。

topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。