ホーム » その他の効果

ひげを薄くする薬や抑毛剤は使わない!お金使うなら医療レーザー脱毛に!!



 巷で噂のヒゲを薄くする薬や抑毛剤なるものがあります。
 ヒゲが濃くて悩んでたりなど、ヒゲにコンプレックスを感じてる人は一度は購入を考えたことがあるかもしれません。


 医療レーザー脱毛から少し話がそれますが、興味深い話しなので少しだけ。
 ヒゲを薄くする薬や抑毛剤の効果って、正直疑問が残ったりします。

 臨床実験?やモニター実験??などを経て世に発売されているんだと思うんですね。
 でも、正直どこまで効果があるかは、ハナハダ疑問。


 ヒゲを薄くする薬や抑毛剤には、相性があると僕は思ってます。
 効果の有無に歴然とした差があり、そのうえ一過性な効果しか期待できない。


 そうです、


 薬や抑毛剤は使うことをやめると、ヒゲが元通り


 というのが大きなデメリット。


 1回の購入で数千円かかってしまうので、メンテナンス代も馬鹿になりません。
 その上でヒゲも剃るので、カミソリや電気シェーバー、アフターシェービングローションなどなど。
 結構費用かかりますね(汗)


 脱毛が完了すればメンテナンスフリーなんてことは言いませんが、まずストレスフリーになることは間違い無いです。
 痛みを我慢して医療レーザーでヒゲを脱毛するか、メンテナンス代を支払いながら薬や抑毛剤でヒゲを薄くするか。


 薬や抑毛剤の購入してヒゲを薄くしようかと考えている方、または抑毛剤使っている方は考えてみて欲しいです。
 抑毛剤が効果あって、これからも続けていこうと考えている方は、その方法を続けるのがいいと思います。

 でも、実際効果があるのかわかんない人や、効果に疑問を感じた人で、ヒゲを何とかしたい!!と思っている人は医療レーザーを検討してみて欲しい。
 ヒゲ脱毛経験者で脱毛が完了した人のほとんどが、


 もっと早くやってればよかった


 と、その効果を実感していますので。
 ちなみに、最近よく見かけるフラッシュ脱毛は、レーザーほどの効果は期待できません。
 ヒゲの毛乳頭に直接作用することは変わりませんが、エステや脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛は、根気のいる作業になるのであしからず。

タグ /

ヒゲのレーザー脱毛、1回の脱毛はどこまで効果があるのか??

 1回のレーザー脱毛は、どこまで効果があるのか??
 ヒゲのレーザー脱毛を受けることができる病院やクリニックのHPを眺めてると、ほとんどが10回程度の施術で終了となってます。( 10回セットの金額表記されているという意味で。。。 )

 ひげって、手入れをしないととってもたくさん毛の量が多いことに気付きます。
 まぁ、個人差はあると思いますが。。。。。
 で、気になったのがこれだけのヒゲを脱毛していく場合、どれだけ効果があるのか??ってこと。

 クリニックによって、若干差はあると思いますが1回のレーザー脱毛でも充分効果を得ることが出来ます。
 エステの脱毛と違い、ひげを手作業で抜いていくわけではないので施術後すぐに脱毛効果を得ることが出来るわけではありません。
 でも、レーザー照射から1週間程度たったら、髭がポロポロ抜け始めてきます。

 レーザー照射をした髭の毛根は、再び成長することは無く死滅してしまいます。
 しかし、同じ場所からヒゲが生える。でも、絶対に『 効果が無いじゃないか!! 』って病院にクレームをつけてはいけません。
 理由は、レーザー照射した場所以外の毛穴からヒゲが生えるから。

 発毛サイクルがあるため、ヒゲにも成長期と休止期というのがあります。
 レーザー照射をあたえたヒゲは成長期。
 レーザー照射後生えてきたひげは、休止期だったってこと。

 単純な話ですが、これが全てです。
 大手クリニックは、テスト照射を無料または、格安で行ってくれます。
 照射は、だいたい5cm×5cmの範囲。

 テスト照射後、1〜2週間様子を見て継続して行うか決める方法もあると思います。
 僕の場合は、いくつかのクリニックでレーザー照射し副作用や照射の経過を見てどこでうけるか決めましたけど。。。

タグ /

髭剃り後の青いポツポツ( 青髭 )の解消に向け

 青髭に悩む男性は少なくありません。そんな僕も髭剃り跡の肌の青さに悩む男の1人です。
 髭剃り跡の肌が青く見えるのは、ひげの毛根が原因といわれています。
 皮膚の下に埋もれている毛根が太いため、肌にスケ青く見えるといわれています。( 簡単に言えばですが )

 青髭対策に効果的なのが、ヒゲの脱毛です。
 ヒゲの脱毛を行うことで、青ひげは解消されます。

 エステティックサロンで施されるヒゲの脱毛でも充分効果はありますが、最も高い効果を期待するなら医療レーザー脱毛をオススメします。
 1〜2年くらいかけて徐々にひげをレーザー脱毛していくわけですが、概ね3回目くらいまでに効果を確認できるみたい。( 個人差あり )

 青髭が気になって仕方ないあなた。費用対効果を考えながら、永久脱毛を検討していくのも青髭解消への近道となることでしょう。

ひげの医療レーザー脱毛と肌の状態

 ひげの医療レーザー脱毛を受けるために、少しだけ注意しておくことがあります。
 それは、レーザー照射後の肌の反応。レーザー照射後の肌の状態には、個人差があり例え医師でも予測することは非常に難しい。
 事前にテスト照射を受けたら、『 本格的なレーザー照射は数日間おき肌の状態を確認して本照射する 』ことをオススメします。


 医療レーザー脱毛と肌トラブルが気になるところ。
 乾燥肌の人は、治療開始と同時進行で保湿など肌ケアをしっかり行うことが重要です。
 照射後にかゆみや発疹が出やすくなる傾向にあるようです。そのため、治療後の肌ケアが重要になってきます。

 ヒゲの医療レーザー脱毛は、病院やクリニックで受けることができる。
 保湿などの肌ケアは、一緒に軟膏やクリームなどを処方してもらうことが出来るため安心です。


 あとは、アトピーなどブツブツ。アトピーや発疹などで困っていても、レーザー脱毛は受けたいもの。
 というか、アトピーやブツブツがあっても、かみそり負けやひげの濃さに悩んでいる人が多いから医療レーザー脱毛を受けたいものです。
 肌の状態によって、レーザー脱毛を受けることができるかどうか変わりますが、健康な肌の状態に近ければレーザー脱毛を受けることができる場合も多くある。

 病院で治療を行い、レーザー脱毛を受けることができる肌の状態に近づけることも可能かもしれませんね。

医療レーザー脱毛でしみが消える

 男はほとんどスキンケアを行いません。( 女性と比較するとですが。。。 )
 ひげを医療レーザーで脱毛処理をおなうと,じつは美肌効果が期待できる。

 医療レーザーの仕組みは,こちら

 医療用のレーザーを照射すると,レーザーは黒いものに反応し消滅させようとがんばります。
 個人差はありますが,しみが消えるという効果は結構あるみたい。

 『 レーザー脱毛を受けたら,肌がきれいになった。 』

 なんてこともあります。。。。

 毎日ひげをそり続けていると,口の周りがくすんで見えたり黒ずんで見えたり。
 青髭で悩んでいる人も,ひげが関係していることが大いにある。
 どれもひげが起因していることもあり,医療レーザーでひげ脱毛を受けることでひげに関する悩みが解消されます。

 むだ毛や産毛も一緒になくなるから,毛穴も目立たなくなり肌に透明感が生まれます。
 これは,レーザーで肌に熱を加え新陳代謝が向上されます。
 結果,コラーゲンを作り出す働きを助けることになり,肌がきれいに生まれ変わります。

 ひげを脱毛することも可能で,結果的に肌もきれいになる。
 写真写りに愕然としてしまった人は,ひげをレーザーで脱毛してみては?????

毛穴ケア対策に効果的な医療レーザー脱毛

 体のいたるところに無数にある毛穴。やはり顔のケアは気になるところ。
 毛穴対策に関する方法はさまざま。
 洗顔クリームを使った方法から,化粧水,乳液,ケアマシーン,飲み薬で解決する方法も。

 顔の毛穴が目立つと悩んでいる男性は意外に多いのかもしれません。( 僕もその中の一人ですが )
 顔の毛穴が目立つ人は,産毛が濃い人が多いようです。
 産毛が濃い人は,ホルモンバランスの影響で皮脂量が多く毛穴に汚れを詰まらせていることも多々。
 毛穴の汚れを除去することで,黒ずみは多少改善させることができます。

 しかし,完全に汚れを取りきるのは難しい。
 さらに,汚れを取り除くときに毛穴が開くので上手に日穴を引き締めないと後から大変なことに。。。。。。
 意外なことに,医療用レーザーでの脱毛が毛穴ケアに効果的なんです。

topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。