ホーム » その他の悩み

ヒゲ脱毛する!と決めた時に乗り越えないといけない3つの壁

 ヒゲ脱毛を迷っている方で、『 俺は脱毛するぞ! 』と決心した方にお伝えしておきたいことがあります。
 脱毛する時に乗り越えないといけない“ ”があるのをご存知ですか?


 この壁を意識してる方と無意識に乗り越えている方と、いろんな方のタイプがあります。


 人によって“ 壁 ”の種類は異なりますが共通して言えるのが、


 ◯ 他人( 女性 )の目の壁
 ◯ 痛みの壁
 ◯ 金銭の壁


 と、3つあります。



 ヒゲ脱毛は痛いことで有名ですし、高額な費用が必要なことも有名。
 メンズエステに通うなら、異性の目は最小限に抑えることはできますが、医療機関に通うことになれば女性の目を意識しないといけません。


 脱毛している医療機関のほとんどは、女性客がターゲットであるため男性が来院すると、どうしても浮いた存在に。
 『 慣れればどうってことない! 』という男性がほとんどですが、『 脱毛がバレないか心配 』している方にとって、この“ 壁 ”は大きな存在です。
 とはいえ、必要最低限の“ 慣れ ”は必要ですし、最悪の場合はメンズエステで何とかするという選択肢もあるので。


 決断に悩んでいる方は、前回『 ヒゲを脱毛したいけど迷ってる... 』でもご紹介した、“ 天秤 ”がとても重要になります。
 「 誰?ともわからない女性の目 」とあなたが抱えるヒゲに対する悩みやコンプレックスとを天秤にかけてみて、乗り越えられる!と思えば脱毛を受けるといいと思います。


 脱毛費用と脱毛に必要な時間を考えれば、乗り越えないといけない問題なんですけどね。


 女性の目の壁がクリアできれば、痛みの壁と戦うことになります。
 金銭よりも、先に痛みです。


 俺は我慢できる!


 と、考えている方もいますが、やはり痛い。最初のうちはかなり痛いと思っておいたほうが無難です。
 あまりの痛さに脱毛を断念したという方もいますので、どれだけ痛みに態勢があるかが重要になります。
 ( 痛みには個人差があるので要注意 )


 かなり痛みを煽るような表現をしましたが、医療機関での脱毛は“ 麻酔 ”で痛みを避けるという選択もあります。
 ここで初めて金銭のリスクを考えておかないといけないんです。
 脱毛時に麻酔はできますが無料で麻酔をしてくれる医療機関はないと思います。


 僕が調べてきたなかで、麻酔をタダでやってくれる病院はありませんでした。
 ( 本気で調べたらあるかもしれませんが。。。まぁ、ないと思っておいたほうが無難です )
 脱毛ごとに麻酔を行うことになれば、1回3,000円程度の費用負担があります。( 医療機関により異なります )
 10〜30万円程度と言われる脱毛費用に比べると、“ 大した額ではない ”と考えがちですが、回数がかさめばそれなりの費用負担は必須です。


 ということで、長くなりましたが私が考える脱毛時における“ 壁 ”の存在を紹介してみました。
 ひげ脱毛する!ことを決心したら、まずは施術する箇所を選ぶことが大切。
 気になった医療機関が見つかれば、“ サクッと口コミ調べカウンセリングを受けてみる ”ことが重要です。


 3つの壁は、カウンセリングを受けると乗り越えられるかどうか判断することができるので!

タグ /

ヒゲを脱毛したいけど迷ってる...




 ヒゲを脱毛したいけど、迷ってて...


 「 毎日のひげ剃りが面倒 」「 1日に2回以上ヒゲ剃らないといけなくて 」「 なんかキレイに処理できない 」「 そもそもヒゲが似合わない 」


 ヒゲに関する悩みはつきませんね。ヒゲの悩みやコンプレックスは、行動で解決するしかないんです。
 そうです、ひげ脱毛するしか解決方法はないんです。


 ひげ脱毛するかどうか迷っている方は、『 漠然 』と脱毛しようか悩んでいるはず!


 僕がそうでしたから(汗)
 脱毛したほうがいいのか?しないほうがいいのか?


 「 どこに通ったらいいとか、費用の問題がどうとか 」この前に脱毛するか?しないか?の方が大きな問題。


 上でも紹介しましたが、ひげの悩みは行動で解決するしか方法はありません。
 歯の痛みと一緒で、『 放っておいたら、そのうち治る 』というものではないからです。
 毛抜きで1本1本抜いていくというのもひとつの行動ですが、脱毛を考えてる方はその方法には限界を感じてるんじゃないかと。


 雑誌の背表紙に掲載されている、「 抑毛剤 」なるものに興味湧いてませんか?
 ( アレは止めておいたほうがいいです。購入するなら脱毛のほうが絶対効果的! )


 『 ひげの脱毛したいけど迷ってる 』という方は、ビフォアー・アフターを想像してみるといいかもしれません。
 脱毛したらどうなるか?脱毛しなかったらどうなるのか?
 この辺りを中心に考えてみて、両方の答えを天秤にかけてみると良いでしょう。


 で、脱毛したほうがメリットが大きそうなら脱毛する方向で検討してみては?
 漠然的に悩み続けることは、ストレスが異常なくらい大きいし何も解決策は生みません。



 脱毛する!脱毛しない!



 どちらの結果に至ったとしても、悩んで解決した結果なのである程度納得のいく答えじゃないかと。
 脱毛することで決心した方は、次のステップに入ることもできますし。


 僕も、いろいろなことでグズグズと悩む癖があるんですけど、後から振り返ってみれば「 その時間ムダだったなぁ〜〜 』って。。。
 すぐ決断することは難しいけど“ これ! ”と決めたら、その答えに向かって突き進むほうが後々楽だったりします。


 ヒゲ脱毛は、完全にツルツルにすることができます。ヒゲを少し残すこともできます。
 施術後の経過を見ながら、“ ここまででいいや! ”と思ったら、その時点で脱毛をやめることもできますよ。

タグ /

ヒゲ脱毛がバレた時のために言い訳を考えておこう!

 ヒゲの脱毛をしてる方。それから脱毛を考えている方。
 脱毛がバレた時のこと考えてますか?
 別に悪いことをやってるわけではないので、「 バレても全然構わない 」という方は別として。


 女性や友人から、


 「 脱毛してる? 」


 と、聞かれた時テンパらないように言い訳を一応考えておきましょう!


 正面きって、


 「 うん。脱毛してるよ! 」


 と答えられる方でも、女性からドン引きされる可能性もあるので言い訳は一応の予防線。
 ヒゲ脱毛が一般的になってきている昨今ですが、男の脱毛に理解のない方はいます。


 俺は我が道を行くんだ!


 と、覚悟しても人間関係は最期まで付いてくるので、ある程度の協調性は大事。
 女性や友人から“ ドン引きされない ”ためにも、カッコの付く言い訳は準備しておきたいですね。


 よく耳にする言い訳で、同性にも異性にも理解得られそうな言い訳は、やはり“ カミソリ負け ”ではないでしょうか。

 僕、ひげ剃ったらカミソリ負けで血だらけになるんだよねぇ〜〜
 医者行ってもあんま効果ないし、ひげ剃るたびに血が出るのはチョット。
 男が脱毛?結構抵抗あったし、勇気もいったけど思い切って脱毛しちゃったよ!


 単純に、こんな感じでいいのでは?
 もう少しストーリー性を持たせると、理解得られると思いますよ。
 あと、さらに突っ込まれた時のことを考えて答えを準備しておくと、更にいいかも。


 今までなんとも無かったじゃん!
 ( ↑この質問が一番面倒 )

 あぁ〜、たまたま肌の調子が良かっただけで、実はヒリヒリ痛かったんだよ!



 って返しておけば、充分かと。



 カミソリ負けを例に出したのは、“ 脱毛は病気の治療と予防 ”を全面に押し出したいから。
 脱毛と耳にすると、「 男のくせに脱毛なんて 」と思われてしまいがち。
 カミソリ負けも立派な病気で、皮膚科を受診すると「 尋常性毛瘡( じんじょうせいもうそう )」という立派な病名がつきます。


 病気を治療している


 という大義名分があれば、他者の理解は得られやすいです。

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。