ホーム » 肌の悩み

肌が弱い俺!ヒゲの医療脱毛は受けられるのか?副作用の問題は?

 肌の状態が万全の方なら心配することはないと思うけど、敏感肌の方や肌の弱い方にとっては死活問題。
 ひげ剃るとカミソリ負けなったり、赤く腫れ上がったり、アトピーだったり...


でも、ヒゲを永久脱毛したい



 本当に悩んでいる方もいらっしゃると思うので、脱毛に挑戦できるのか調べてみました。
 今の脱毛施術の主流は医療レーザー脱毛と呼ばれるもので施術されるケースがほとんどです。


 光アレルギー(だったかな?)やレーザー光線アレルギーをお持ちの方は、他の脱毛方法を検討したほうが絶対に良いです。
 とはいえ、素人判断で決断を下すのは無謀、とりあえず複数の美容外科をピックアップして相談に行くのがベストだと思います。


 では、敏感肌やアトピーに悩んでいる方も、“ ヒゲを脱毛したい ”と考えている方がとっても多い。
 医療レーザー脱毛の原理は、肌の奥深くにあるヒゲの毛根にレーザーを照射し、メラニン色素に反応する仕組み。
 レーザーが肌を浸透し皮膚下の毛根が持つメラニン色素に照射したレーザーがメラニンに反応して高い熱を発し毛根を破壊する行為。


 もちろん、肌に浸透するレーザーといっても肌にストレスを与えていくので何らかのトラブルは想定しておく必要はあります
 しかし、電気シェーバーやカミソリなどと比較すると軽い症状ですむケースがほとんどなんですね。
 皮膚科や美容皮膚科、美容外科など脱毛をしているお医者さんに相談して、あなたのヒゲが医療レーザーで脱毛可能か診断することが良いでしょう。( カウンセリングなら無料または格安での相談に乗ってくれる医療機関がほとんどです。


 肌の弱い方が医療脱毛できるかどうか明確に答えが出せなくてすみません。
 肌の状態は個人差の影響が大きいので、決まった答えが出しにくいのが実情なんです(悲)


 とはいえ、各医療機関のHPや口コミサイトを覗いてみても、建設的なな回答ばかりです。
 肌の弱い方や敏感肌の方でも医療脱毛できるというのが答えかもしれないですね。


docter01_a02.png もちろん、万全を期するために事前の“ テスト照射 ”は必須ですよ。肌の目立たない箇所で、レーザーをテスト照射して肌にトラブルが起こらないか様子を見させてくださいとお医者さんは言うでしょう。( ここでは脱毛の効果も一緒に確認しておくとよいでしょう )


 逆に、私達の言葉を無視して『 テスト照射しなくても大丈夫ですよ! 脱毛やっちゃいましょう!! 』的な軽いノリで勧誘する病院は、どれだけ条件が良くてもキッパリお断りしましょう。
 前述しましたが、肌が弱いといっても個人差による影響がとても大きいと思います。悩みの具合も個人差が大きく、あなたの真剣な悩みに耳を傾けてくれないお医者さんには身を委ねることは絶対に避けるべきです。


 肌の弱い方や敏感肌、アトピーに悩んでいる方は、毎日のひげ剃りには苦慮されていることだと思います。
 ヒリヒリしたカミソリ負けだったり、不必要なカサカサの乾燥肌、症状がひどい方はカミソリを当てたところが真っ赤に腫れあがり裂傷を伴うことも。


 毎日のひげ剃りに恐怖を感じている方も少なからずいらっしゃるので、そんな方にはぜひ医療レーザーでひげを永久脱毛して悩みを解決していただきたいと思います。
 最近、メンズの脱毛はかなり身近になってきましたが、まだまだハードルは高い!近所の皮膚科で施術してもらうことが出来るなら問題無いですが、それはまだまだ難しい。


 美容外科や美容皮膚科、形成外科といったクリニック系の医療機関で施術されるのが一番効果的です。
 まずは、脱毛の相談と一緒に肌の状態を診察してもらいに行くのも良い選択かと思いますよ。

アトピーやじんましんで悩んでる。医療レーザーのヒゲ脱毛は可能?

 アトピーやじんましんなどアレルギーに悩んでいる方も、毎日のヒゲの処理で苦慮している方は非常に多いです。
 総じて言えば、カミソリ負けもアレルギーのひとつとして考えてもいいかもしれませんね。


 普通に社会生活を営んでいる方のほとんどが、毎日のようにひげを手入れしていると思います。
 アレルギーに悩んでいる方のヒゲ処理は、普通の方以上に肌に負担がかかってます。


 ひげを処理する度に、赤く炎症したりニキビや吹き出物が出来てしまったり。
 カミソリ負けでヒリヒリしたり、肌に傷が入り出血してしまったりと、ひげの処理をブルーに感じてしまっているかもしれません。

 アレルギーに悩み毎日のひげの処理に負担を感じている方には、医療レーザーの脱毛が断然オススメです。


 でも、レーザー脱毛でアトピーやじんましんが悪化しないか心配!?


 こんなふうに考えている方もいらっしゃいますが、そんなことはないので安心してください。
 お医者さんいわく「 医療レーザーが原因でじんましんやアトピーが悪化した 」という症例の報告はないようです。
 なお、カミソリ負けや、ひげ剃り後の出血で悩んでいる方にもレーザー脱毛は効果的です。


 脱毛が完了すれば、毎日のひげのメンテナンスは必要なくなります。
 ( といっても、10日に1回は産毛の処理は必要かもしれないですが... )
 カミソリや脱毛アイテムで肌に与えるストレスは皆無になるので、肌トラブルも少なくなるでしょう。


 とはいえ、やっぱアレルギーとレーザー脱毛との関係と副作用はどうしても気になりますよね。


 不安に感じる方は、目立たない箇所や万が一トラブルが出ても影響の少ない箇所でテスト照射してみるのがおすすめかな。
 よく「 テスト照射は脱毛の反応を見るためにある 」と思われがちです。あながち間違いではないんですが(汗)
 アレルギーで悩んでいる方へのテスト照射は、自分の目で肌の状態を確認することができるという利点があります。


 テスト照射後の脱毛の反応がよく、アレルギーなどの副作用がなければレーザー脱毛を安心して始めることができると思いますよ。
 サロンやエステなど執拗な勧誘や営業の電話がある所では、納得できるところまで経過観察することができません。
 病院の医療レーザー脱毛だからこその利点がここにありますし、もし脱毛中に何らかのトラブルが合った場合でも病院なので対策は万全です。


 アトピーやじんましん、カミソリ負けなどで皮膚科に通いながら、ヒゲの手入れしてる男性のかたは意外に多いです。
 毎日ヒゲの処理を指定る限り状態が良くなることは少ないので、敏感肌やアトピー、じんましん、カミソリ負けなどで悩んでいる方こそ、ヒゲを医療レーザーで脱毛してしまうと良いと思います。



 なお、注意しておいてほしいことが1つだけあります。
 アトピー性皮膚炎に悩んでいおられる方に多いのですが、アトピーの発症⇒完治を繰り返して色素沈着が大量に出来てしまっている方は、医療レーザー脱毛が受けられないケースがあります。


 医療レーザーが皮膚内のメラニンに作用する性質があります。アトピーで出来てしまった色素沈着にレーザーが作用する可能性があり“ ヒゲに上手くレーザーが届かない ”という事が稀にあります。
 ヒゲ脱毛を迷ってて、口周りに色素沈着が出来てしまっている方も、自己診断で諦めることは避けましょう!
 脱毛の場合、無料または格安でカウンセリングを受けることができるところが多いです。( 病医院によって異なりますが )


 単に脱毛するだけではなくて患者さんとの対話( カウンセリングなど )に力を入れている病医院はたくさんありますし、脱毛前の診断に力を入れている病医院は多くあります。
 脱毛は考えているけど、「 まずはお医者さんの意見を聞いてみたい 」と考えている方は、カウンセリングの制度を積極的に使いましょう!


 絶対にやっちゃいけないことは、某巨大掲示板やQ&Aサイトなどで“ だらだら情報チェック ”することです。

タグ /

アトピーなどアレルギー体質や敏感肌の人でもヒゲ脱毛できる?

 アトピー持ちな私。敏感肌でアレルギー体質の僕。
 こんな僕達、私達でも毎日のヒゲ処理が面倒でホント大変。

 顔に蕁麻疹が出る方やアトピーがポツポツでいる方でも、毎日伸びるヒゲはどうしても気になってしまいます。


 ・ヒゲを薄くする薬で何とかならないかなぁ〜〜?
 ・毛抜きで抜けば一時的に楽になるけど、すぐ生えるし...
 ・脱毛テープや脱毛ワックス、除毛剤などヒゲ脱毛に使えないものが多いし(悩)


 ヒゲ処理で代表的なのは、やはりカミソリ使ったヒゲ剃りと毛抜きを使ったヒゲ抜きだと思います。
 敏感肌や肌が弱い方は、カミソリより毛抜きでの処理を選んでいる方が多いかもしれないですね。


 毎日傷だらけのリスクや、延々と続くヒゲの処理にうんざりしている方
 このような方は、思い切って“ ヒゲをレーザーで脱毛してしまう ”ことをお勧めします。


 アトピーなどアレルギー体質の方や敏感肌の方は、ヒゲ処理時に十分なくらい注意して処理していると思います
 でも、ヒゲの処理は肌に外部から刺激を与えているため、あなたが思っている以上に肌にダメージを与え続けています
 ヒゲをレーザーで脱毛してしまえば、毎日のヒゲ処理の苦痛から開放されることは間違いありません。


 でも、「 レーザーを当てたら蕁麻疹やアトピー、敏感肌の症状が悪化しない? 」と心配される方もいらっしゃいます。
 安心してください。お医者さんいわく、レーザーが原因で蕁麻疹やアトピーが悪化したという症例はないようです。
 でもやっぱり心配だ!という方のために“ ワンショットだけ ”などお試しで脱毛し、自分自身の目で状態を確認することができるのがレーザー脱毛の最大の強みです。


 ここからが、ちょっとだけ注意しておいてほしいことがあります。
 それは、アトピー性皮膚炎でヒゲ周りに濃い色素沈着ができてしまっている方です。


 アトピーで濃い色素沈着ができてしまっている場合、レーザー脱毛できないケースもあります。
 「 脱毛する( したい )! 」と決心された方は、自己判断せず形成外科や美容外科でお医者さんに相談して見ることをおすすめします。


 「 自分の判断ではレーザー脱毛できない 」


 と判断したとしても、専門医の判断は別のところにあるかもしれません。
 できないと考えていたけど、診断の結果レーザー脱毛可能というケースも多々。
 自己判断で脱毛を諦めてしまうのがダメダメなケースなので、プロの診断を一度は仰ぎましょう!


 病院はメンズエステとは違い、執拗な勧誘もありませんし一部の医療機関では無料カウンセリングや格安のテスト照射というのもやってます。
 女性が多く通ってますが、最近ではひげの脱毛で形成外科や美容外科に通っている男性も多いです。
 勇気を振り絞って、“ カウンセリングの申し込み ”を行なってみるのもありですね。


 最近では、通院している男女比率を教えてくれる病院も多いと聞きます。
 電話などで面と向かって聞くのが恥ずかしければ、申し込み後に、メールで“ コソッ ”と聞いてみるのもひとつの手ですね。
 

 ● 男性が多く通っているクリニック ⇒⇒⇒ 東京イセアクリニック
 ● 何より値段が安い!男性も密かに通う美容外科 ⇒⇒⇒ 湘南美容外科クリニック

タグ /

ホテルの使い捨てカミソリはカミソリ負けしやすいカミソリ

 永久脱毛の話題とは異なりますが、情報の提供です。


 


 ホテルに備え付けてある使い捨ての“ T字カミソリ ”。
 旅先では「 常にカミソリ負けに悩まされている 」という方、ホテルに備え付けてある使い捨てカミソリ使ってませんか?

 カミソリ負け体質の方はもちろん、普段カミソリ負けに縁のない方でもホテルの使い捨てカミソリを使うと、高確率でカミソリ負けに陥ります。


 カミソリ負けになる原因は、カミソリの軽さにあった!


 ホテルに備え付けてある使い捨てカミソリは、重量がとても軽く作られています。
 多枚刃の方が、カミソリ負けになりにくい?と考えている方もいますが、チョット違い大切なポイントは“ カミソリの重さ ”にあります。


 カミソリは適度に重いほうが良く、最適な重量は50〜100g程度であると言われてます。


 で、ホテルに備え付けてある使い捨てカミソリの平均重量は約20g。
 何も持ってないと感じるくらい軽すぎますね。


 軽すぎず重すぎず。カミソリ負けは、実はこの重さが大切です。
 軽すぎるとヒゲを剃る時カミソリに余分な力が伝わり、思っている以上に肌を傷つけてます。
 撫でる程度の力でヒゲ剃っても、カミソリ負けになってしまうのは使い捨てカミソリに原因があったのです。


 で、大切な対策ですが、これは決まりきったことしかないです。


 『 ホテルの使い捨てカミソリは使わない! 』


 これしかありません。
 次テクで電気シェーバーを使っている方なら、そのシェーバーを持ち歩く。
 T字カミソリを使ってるなら、ボロボロで捨てる寸前のカミソリと替刃1つを持ち歩く。


 これです。
 電気シェーバーは捨てるわけにはいきませんが、T字カミソリならホテルで処分することもできます。
 処分してもいいように、普段買い換える時ホテル用に取置しておくと便利でしょう。


 ホテルでヒゲを剃ると剃刀負けしてしまう方は、日頃から愛用しているヒゲ剃りグッツを持ち歩くことをお勧めします。

敏感肌で毎日のヒゲの手入れに苦慮している方こそチャレンジして欲しいヒゲ脱毛

 ・カミソリでヒゲ剃ると、真っ赤になってしまう。
 ・赤くなるだけならまだまし!ヒリヒリしてカミソリ負けになってしまう(悲)
 ・カミソリ負けが治まったら、埋もれ毛が出来て。。。。
 ・その部分が色素沈着(困)


 肌が敏感で、毎日の髭の手入れに悩んでいる方にこそチャレンジして欲しいのヒゲの永久脱毛。


 刺激に弱い肌でも受けることが出来るの?


 と、考える方もいるかもしれませんが、お医者さんいわく何ら問題ないとのこと。
 どちらかと言えば、これまで苦労して続けた自己処理でできてる黒ずみなどの色素沈着が気になるところ。
 アトピーなどで悩んでいる方は、肌に黒ずみや色素沈着ができてるケースがあるため、医療レーザー脱毛は受けれないことが稀にあります。


 敏感肌って、どうやっても治らないものですよね。
 体質や遺伝が大きく関係しているみたいだし、スキンケアでどうにかなるものでもない。


 カミソリや電気シェーバーを当てただけで、真赤に腫れあがる肌を毎日見続けるのもやっぱり。。。
 髭を伸ばすことが出来る仕事している方には問題ないですが、ほとんどの方がそんなことはないはず。


 そもそも、“ ヒゲが似合わない ”という方もいるはずなので。。。僕のように(・_・;)


 毎日のヒゲの手入れの負担軽減と、敏感肌対策にヒゲの永久脱毛を受けてる方は以外と多い。
 ある男性いわく、


 「 ヒゲの永久脱毛>敏感肌の悩み 」


 となった時、やっと重い腰が動いたと話してます。
 その方は、「 もっと早く脱毛しておけばよかった 」と話してるくらいですよ。


 脱毛には、ある程度の勇気が必要ですが、それを乗り越えて病院に通うことが習慣化すれば、ビックリするくらい効果を実感できるので。。。。

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。