ホーム » 脱毛の基礎知識

毛抜きでヒゲを抜いてる方がプロの脱毛を始める前に準備しておくことは?

 普段、毛抜きでヒゲを抜いている方が、ヒゲ抜きに限界を感じ脱毛を決心!
 まず、このような方は脱毛が可能かどうかが不安だと思います。


 結論から言うと、脱毛可能です!


 でも、一つだけ条件がつきます。脱毛をやる!と決めてから脱毛が完了するまで“ ヒゲを抜かない ”ことが大切。
 ヒゲ抜きを止めて、約2ヶ月程度経過したら次のヒゲが生え揃っているので、その時点から脱毛を始めることができます


 ここで、どうして2ヶ月間も時間を開けないと脱毛できないの?


 と、考えるかもしれません。
 この2ヶ月には理由があります。ヒゲには毛周期という生え変わりのサイクルがあります。
 ヒゲ抜きは自然に行われている毛周期を狂わす行為の1つ。


 新しいヒゲが生え揃う前でもレーザー脱毛は可能ですが、最大限の効果を得ることができません。
 抜いていたヒゲが新しく生え揃うまで、時間をしっかりかけヒゲがひと通り生えそろったらいざレーザー脱毛!です。


 生えそろったヒゲにレーザーを与えると、ほぼ確実に何らかの効果が現れます。
 でも、極稀に「 レーザー脱毛しても全く効果が出ない 」「 逆に濃くなった 」という方がいます。
 このように訴える方のほとんどが、「 レーザー照射の数日前までヒゲ抜きしていた 」というのが原因なんです。


 せっかくヒゲをきれいにするためにレーザー脱毛するわけですから、ヒゲ抜きで目先の綺麗さを求めるのは“ グッと我慢する ”ことが大切です。
 ちなみに、レーザー脱毛でヒゲが濃くなったという方は、次のサイクルのヒゲが生えてきたのが原因。

 レーザー照射で体毛が濃くなるなら、最先端を走る薄毛治療などに利用されているはずです。
 現時点で、薄毛治療にレーザー治療が用いられていないことを鑑みると、レーザー照射でヒゲ前より濃くなることは考えにくいでしょう。


 最後に、ヒゲを手抜きしていた方がレーザー脱毛受けるのを決心した場合、手抜きを止め2ヶ月間時間を空ける
 ある意味ヒゲ抜きがになっていると思いますが、ここはグッと我慢。どうしても抜いてしまう方は、思い切って毛抜きを捨ててしまうという究極の技もあるので参考にしてみてください。

タグ /

ヒゲ脱毛を始める適切な年齢は? 何歳から始めるのがベストか?



 ヒゲの永久脱毛は何歳から始めるとメリットが高いのか?







 ・ 青ひげが目立って不快
 ・ 永久脱毛の利点



 これらの欲求を満たすべく、いろいろ情報を集めている方が多いと思います。



ヒゲの永久脱毛は何歳から始めるのがベスト?




 ヒゲの状態や肌の具合、懐事情によって個人差はあります。年齢だけを考えると、25歳前後が理想だと考えます。
 ちょうどヒゲが濃くなるころが、この年齢です。
 あまりにもヒゲが濃くコンプレックスに感じていたり、青ひげが目立って不快、ヒゲの処理が大変だったり悩んでいる方は、もっと早くても問題ないでしょう。



ヒゲ白髪が目立つ前に脱毛するのが理想







 早い方なら28歳前後から、ヒゲの白髪化が目立ち始めるのではないでしょうか。30代になると徐々に目立ち始めます。( 個人差あり )
 レーザーでヒゲを脱毛する場合、白くなったヒゲにはレーザーが上手く作用しないので、脱毛しきれません。


 30代ですべてのヒゲが白くなっていることは考えづらいですが、数カ所ポツポツと白髪化したヒゲが残るのも困りもの。
 まぁ、ヒゲ白髪だけを抜いてしまうとか、メンズエステの電気美容脱毛で処理してしまうという選択肢もあるので、30代でも遅すぎるというわけではありません。


 40代、50代でも遅すぎるということはありません。逆に脱毛することで若返り効果も期待できます。
 “ 最近老けたなぁ〜〜 ”と感じている方は、毎日のヒゲ剃りで肌がくすんで見えたり、乾燥肌、黒じみといったのが原因だったりもします。


 レーザー脱毛は、肌の新陳代謝を高める効果があり“ 美肌 ”になる嬉しい効果も期待できます。
 ヒゲがなくなる、またはヒゲが薄くなることで若返るので見た目がスタイリッシュに仕上がります。



脱毛すると青ひげの悩みから開放される?







 若い頃から青ひげに悩まされている方は多いと思います。
 早くから青ひげに悩んでいる方は、今後も青ひげに悩まされ続けることになるでしょう。


 まぁ、ある程度、年齢を重ねると正直どうでも良くなってしまいますが...
 でも昨今は女子力の強い男子も多いので、いつまでも青ひげに悩んでしまうかもしれません。


 仮に、あなたが20代で青ひげに悩んでいるとします。もし年齢を重ねればヒゲが薄くなるかも!?と考えているなら危険です。
 ヒゲは薄くなるどころか、どんどん濃くなっていくので30代後半は、更に酷いことになっているかもしれません。


 自然に薄くなるのは、髪の毛だけ!(悲)
 青ひげを解消したいなら、若くても永久脱毛を検討してみましょう





将来のことを考えるとツルツルにするのはちょっと...







 将来のことを考えると、ヒゲがまったくないのはちょっとなぁ〜...


 脱毛することを検討した方は、一度は考えることです。確かに、50代60代と歳を重ねた時にヒゲがまったく生えていないことに抵抗を覚える方も多いでしょう。
 逆に、その年代で髭を蓄えておきたいと考えているかもしれません。


 そんな方におすすめしている考え方が、


脱毛は“ 0(ゼロ)”か“ 100 ”だけじゃない



 ということです。
 要は、ヒゲを間引くという選択肢もあるということなんです。
 全体的に薄くしたり、青ひげが目立たなく、毎日のヒゲの手入れが楽になるくらい脱毛し、ある程度ヒゲを残しておくという選択もあるということ。


 ヒゲは、毛周期というサイクルで日々生え変わっています。今見えているヒゲは全体の3割程度と言われています。
 半分のヒゲを脱毛するだけでも、毎日の手入れが楽になるし、青ひげも薄くなります。


 頬や鼻下、顎下など部位だけヒゲの脱毛を検討している方には、“ ヒゲを間引く ”という施術は理想的。
 他の部位と同じ程度の濃さになるまで脱毛し、調整をしていくという方法もあります。


 専門的な知識は医師やエステティシャンが持ち合わせているので、無料カウンセリング等を上手に活用し専門家のアドバイスを仰ぐのも一つの方法です。
 ちなみに、“ 脱毛=しつこい勧誘 ”と考えている方も多いようですが、最近はまったくそんなことはありません
 逆に勧誘をすることで、お客さんが逃げてしまうため病院や大手メンズエステでは、必要なコースのみの案内にとどめているのが実態です。



ヒゲ脱毛と年齢[ まとめ ]






 結局のところ、脱毛は『 あなたが始めたい時( 考えた時 )にお金があれば永久脱毛する 』というのが結論です。
 ちょっと話はそれますが、あなたは家電やスマホの買い替えどきって頭を抱えるほど悩みますか?


 結構簡単に買い換えたりしている方が多いと思います。要因は色いろあると思います。
 結局脱毛もおんなじで、脱毛したい時が“ 脱毛どき ”だと僕は考えます。


 年齢がいくつであろうと、脱毛を考えた時に脱毛するのが一番だと思います。
 ( 未成年の方は、保護者の了承が必ずいるので、保護者の方とよく相談してください )
 費用の面に関しても、各種分割払いも用意されているので、金銭的な負担も少ないです。


 良心的なクリニックやサロンなら、予算に応じて脱毛してくれるところもあります。
 あなたが抱えている悩みや問題は、ほとんど解決できるのが脱毛のすごいところでもあります。


 大切なので、もう一度言いますね。


脱毛したい時が脱毛をするとき!です。




あわせて読みたい関連コンテンツ

 ヒゲを上手に間引くコツは?
 脱毛で青ひげは解消できる?
 永久脱毛のメリットは?
 失敗しないクリニックの選び方
 失敗しないメンズエステの選び方


タグ /

ヒゲが濃くなる年齢は、永久脱毛と密接な関係がある!



 四捨五入で40歳。ヒゲ剃り歴約30年の私がお伝えするのが、


 ヒゲが濃くなる年齢


 についてです。


 ヒゲに関しては個人差があるので、一概にお伝えすることはできません。
 ここを注意しておいていただける方だけ、次をお読みください。


 ヒゲが濃くなる段階は、30代までに3回あります。

 ・10代前半から中盤にかけて
 ・25歳前後
 ・35歳前後


 まず、1つづつ見て行きましょうね。
 最初にヒゲが濃くなり始める年齢は10代前半から中盤。たいていの方が15歳前後でヒゲ剃り始めるのではないでしょうか?
 そのまま、徐々に濃くなっていき次のヒゲの成長期を迎えることに。
 余談ですが、多くの男性がこの時点でヒゲ抜きを始めます。 たぶん。。。


 で、次に濃くなるのは25歳前後。
 10代から20代前半は、ヒゲ1本1本が細く余り目立つことはありませんでしたが、この25歳を境にヒゲ1本1本の太さが太くなり始めます。
 この辺りの年齢から、普段気にならなかった「 カミソリ負けや青ひげ 」を気にし始めるころかと。
 ( 速い方は10代のうちにカミソリ負けも青ひげも気になさっていると思うので。。。。 )
 ホルモンバランスも安定し始めているので、脱毛するなら最高のタイミングでしょう!


 最後に、コレまで以上に濃くなるのが35歳前後。
 ここで、急激に濃くなります。生えている髭の密度が増し1本1本が太く硬くなる。
 若かれし頃に比べると、ヒゲの硬さがましシェーバーでも剃りにくい状況に陥る。
 自ずとひげ剃りに力が必要なため、“ カミソリ負けや青ひげ ”対策にも注意が必要。
 35歳になると、白い髭が生えてたりヒゲの色素が抜け茶色っぽくなっている方がたくさんいます。
 ほうっておくと、症状が悪化し白髪や色素の抜けたヒゲが増えたりと脱毛にとって悪い条件が増え始めます。
 最大の効果を発揮できる最後の年齢だけに、脱毛を決めるならできるだけ速いほうが良いでしょう。



 ひげのあらゆる問題を解消するためには、やはり脱毛がイチバン理想的。
 脱毛技術のランキングは、

 1位 医療機関の医療脱毛…東京イセアクリニック・湘南美容外科クリニック
 2位 メンズサロンのフラッシュ脱毛…メンズラクシア
 3位 メンズエステのニードル脱毛…メンズエステTBCダンディハウス
 4位 家庭用脱毛器…ケノン


 このような順番になると思います。
 本当の永久効果を狙うなら【 3位のメンズエステのニードル脱毛 】が理想でしょう。
 理想より現実をしっかり捉えて、半永久でも良いという方は【 1位の利用期間の医療脱毛や2位のメンズエステのフラッシュ脱毛 】あたりがオススメ。


 家庭用脱毛器の進化は、素晴らしいものでかなり高い脱毛効果が期待できるようですが、永久にも半永久にもならない可能性も。
 とはいえ、一定以上の脱毛効果は期待できるので諸般の事情でエステや病院へ通えない方に任期の脱毛方法です。

タグ /

ひげ脱毛するタイミング

 ひげ脱毛するタイミングを見極めよう!


 ヒゲに何らかのコンプレックスを持っている方は、次のような悩みを抱えて生活しています。


 ・青ひげで人前に出ることがイヤ
 ・ヒゲが似合わない顔で、薄く生えたヒゲすらイヤ
 ・童顔でヒゲがまったく似合わない
 ・キレイに処理しても数時間でうっすらひげ面
 ・ヒゲのことが頭からは慣れず積極的に行動できない   etc


 『 いつ、どのタイミングで脱毛したらいいか? 』と思案し『 なかなか行動に移せない 』とお悩みの方も多いかと。
 僕もこの悩みはとてもよくわかります。
 僕の場合は、極度の優柔不断で勢いがつかないと物事を決められない( 先送りする )という癖があります。


 数万円のものを平気で買うくせに、500円、600円のものが全然買えない。
 こんなこと日常茶飯事です。


 話が脱線しました。
 ヒゲ脱毛のタイミングを見極める話でしたね。


 タイミングとして最も有効なのは“ 人生の転換期 ”です。
 転換期と難しい言葉を使いましたが、まぁアレです!


 卒業入学入社転職転勤などなど。


 人生の節目と呼ばれる時期に脱毛が完了( またはほぼ完了 )するのがベストなタイミングです。
 ちなみに、“ 脱毛が人にバレても平気 ”という方は、“ 時期 ”にこだわる必要はありません。
 あなたが脱毛したい時がベストのタイミンなので、そのタイミングを見誤らないようにしてください。



 ヒゲがなくなると「 見た目が激変してしまう 」という方がいます。
 このような方は、人生の節目に脱毛を完了させておけば新たな人生をスタートすることができます。
 整形する人やカツラを愛用している方は、この“ 節目 ”というのを大切にしたりしてます。


 いつ、どのタイミングでヒゲを脱毛するか悩んでいる方は、人生の転機を見越して脱毛するのも大切だったりしますよ。
 なお、医療レーザーでヒゲを脱毛しようと検討されている方は、ヒゲの色素が薄くなる前に施術しておくことをおすすめします。


 早い方で35歳前後でヒゲの白髪が目立ち始めます。
 白いヒゲがいきなり大量発生することは考えにくいですが、医療レーザーは白いヒゲに効果が少ない性質があり十二分な脱毛効果を得ることができないことも考えられるので。。。

タグ /

針脱毛?光脱毛?レーザー脱毛?永久脱毛はどれを選択すべき?


 永久脱毛で基礎的なことをお伝えするの忘れてました。


 脱毛は女性だけのもの!


 というのは、ひと昔前のこと。
 最近は、男性も脱毛している方が多くメンズエステに通う方や美容外科へ女性客に混じって足蹴なく通っている男性が多いです。


 ヒゲの永久脱毛を検討されている方がとても多く、なかでも20〜30代のサラリーマンの方がとても多いです。
 脱毛といえば、 チャラ男系 ”の男性が多いというイメージがありますが。。。。


 チョット調べると、脱毛を体験した方からの良い口コミばかりが目立ちます。


 ・もっと早く脱毛すればよかった
 ・ほとんどヒゲを剃ることが無くなった
 ・見た目が5歳若返った         などなど


 なにより毎日面倒な髭剃りの負担から本当に開放されるなら、“ チャレンジしてみたい ”と考えるのが普通です。
 実際に僕がそうでしたから(笑)


 ヒゲを永久脱毛する場合、大きく分けて次の3つの脱毛技術を使って脱毛することになります。


 ・針脱毛
 ・光脱毛
 ・レーザー脱毛


 そんなの知ってるよ!という方は、脱毛をとても勉強している方かと。
 全然良くわからん。。。という方!安心してください。
 頭の鈍い私でも理解できたくらいなので、このマニアックなブログを当てた方ならきっと分かるはずです。



 まず、結論だけ言うと選択する脱毛技術は、時間や効果、脱毛にかかる費用を総合的に考えるとレーザー脱毛がオススメです。
 なお、光などにアレルギーをお持ちの方や日焼けしている方、アトピーなどで肌に色素沈着が大量に発生してしまっている方は、レーザー脱毛を受けることができないです。
 ネットでは“ 永久脱毛は針脱毛だけ ”と紹介されていますが、効果は実証されているけど時間と費用が多くかかってしまって。。


 レーザー脱毛は、美容整形外科などの医療機関で受けることが出来るレーザー脱毛であることが絶対条件。
 一部のエステサロンでも、レーザー脱毛と称して脱毛やってるところもありますが、照射できるレベルがまったく違います。
 同じレーザー脱毛機を使っていても、レーザーの力が違えば効果ももちろん変わってきます。


 医師が使うレーザー脱毛のことを医療レーザー脱毛といい、レーザー脱毛で永久脱毛を成功させる秘訣は医療レーザー脱毛にあります。
 ( もちろん、その他にもありますが。。。 )
 同じ機械を使って同じ出力で脱毛していけば、結果は自ずと同じになっていくんです。


 光に対してアレルギーを持っている方や日焼けをしている方は、レーザー脱毛を受けることができません。
 そのような方は、針脱毛を選択することになります。

 どうしても時間が必要な脱毛法なので、じっくりと腰を据えて脱毛を計画していくことが効果的です。
 針脱毛は、施術者の脱毛スキルが仕上がりに大きく影響をします。数多くの症例数を熟している脱毛士を探し選択していくとが成功への近道です。


 長くなってしまいましたが、ヒゲの永久脱毛にチャレンジしてみたい!と考えているのは、あなただけではありません。
 もし、永久脱毛を考えているのなら、一歩前に進み石の話を聞いて見ませんか?


 カウンセリング無料で、49,800円でヒゲをレーザー脱毛できるのが湘南美容外科の永久脱毛!

 

タグ /
topへ戻る

Return to page top