ホーム » シミ・色素沈着

色素沈着でもヒゲ脱毛出来るのか?


青ひげ悩み.jpg
 ひげ剃りや自己処理、ヒゲの自抜きでたくさん出来た黒ズミ。色素沈着がひどいとレーザー脱毛できないって噂ですが事実かどうか調べてみました。


 黒ズミの状態は個人差がありますが、一般的なレベル程度なら脱毛可能です。
 しかし、色素沈着が大量発生している場合、ニードル脱毛に切り替える必要があるかもしれません。
 とはいえ、多くの場合が医療レーザーで脱毛できるケースがほとんど。


 日焼けのように、肌の至る所にメラニンが発生している状態では、レーザーの効果が半減します。
 それでも解決方法は残されていて、レーザーの出力を低く抑えるか日焼けが落ち着くまで脱毛を延期することを進められます。


じゃぁ、色素沈着の場合はどうか?



 色素沈着なら大きくても小さなほくろ程度。小さすぎて目に見えない黒ズミの方が多いのが実情。“ 1本のひげ ”の1つと考えれば、大量発生さえしてなければレーザーの出力を調整しながら施術を行っていくことが可能です。
 麻酔をうまく使えば、色素沈着があっても簡単に脱毛できます。


 色素沈着が出来ている方の脱毛が“ NG ”の場合、男性のほとんどは脱毛することができません。
 でも、現実にはヒゲ脱毛を完了している方が多く存在してることを考えると、必然的に“ 脱毛できる ”と考えるのが妥当です。

docter01_a02.png


 とはいえ、素人判断はやはり禁物。最も確実な選択は、実際に医師の診断受けることが確実な解決策です。




 大手の美容外科クリニックなら、カウンセリング無料という病院が多い。
 緩いコースの説明があるとは思いますが、『 少し考えます 』で抜け出すことが出来る。


 女性が多いイメージの美容外科クリニックですが、最近は男性の患者さんもちらほら見かけるので普通の病院と何ら違和感を感じないと思います。
 もちろん、プライバシーにもしっかりと配慮されているので安心です。


 私のまとめは以上です。恐らく、これ以上の答えはないでしょう。


 あとは、あなたが一歩だけ踏み出すこと。脱毛しなくてもいいので、無料カウンセリングであなたの想いを医師にぶつけてみてください。
 曖昧な回答をする医師や、回答に詰まる医師は経験が少ないので、その病院では脱毛は避けるべき。


 色素沈着が大量発生していたり、黒ズミが気になるあなたこそ経験豊富な医師に相談しましょう!

レーザー脱毛したらシミは消えるの?消えないの?

img_lightsheer.jpg 肌のシワやシミを除去するのに用いられるのがレーザー治療。このレーザー治療には強烈な効果があるらしく、美容皮膚科など専門家が肌の状態を見れば施術しているかどうか分かるくらい綺麗になるらしいですね。


 ちょっとここで疑問が。ヒゲをレーザー脱毛したらシミは消えるのか?消えないのか?ってこと。


 たいていの男子が電気シェーバーやカミソリでひげのケアに勤しんでる。
 気がついたら、シミなどの色素沈着が大量発生(滝汗)


 せっかくヒゲを脱毛しても、これまでの戦歴であるシミや色素沈着が目立ってしまったら... 脱毛する意味がない!かも
 脱毛もアンチエイジングもレーザーを照射する行為は変わらないんだから、シミ消えるんじゃねぇ〜〜??って勢いで調べてみました。


 なかなか明確な答えがないのが事実で、実際にシミへのアプローチがどの程度起こるのか解決するまでにいたりませんでした。
 でも、少しだけわかったことがありますよ。


 まず、シワを消すレーザーとヒゲを脱毛するレーザーは根本的な仕様がまったく異なるらしい。私も専門家ではないので、詳しい原理はわかりませんが、同じレーザーを使っても照射する“ スパン(レーザーの長さ)? ”がやや異なるようです。
 そのため、肌にアプローチするレーザーとムダ毛にアプローチするレーザーとは、まったく異なるという答えになるので、どのクリニックもシミや色素沈着が消えます!とは謳っていないわけなんですね。


 でも、レーザー脱毛でここから嬉しい副産物が。どうしても個人差が有りますが、レーザーを照射すると肌の新陳代謝が促される傾向にあります。
 古い肌がどんどん押し出され新しい肌がどんどん生まれてくる。古い肌は角質として体外に排出されていくので、きれいな肌をキープすることが出来る。


 血気盛んに代謝を繰り返せば、表皮にこびり付いていたシミやシワ、色素沈着といった肌トラブルは徐々に緩和されていく傾向にあるかもしれません。
 なにより、ツルツルまでヒゲを脱毛すればカミソリや毛抜きとは、“ サヨウナラ〜 ”することができるので、肌に余分なストレスを与えず、シミや色素沈着は徐々に薄くなっていくことでしょう。


 レーザー脱毛を体験した方の多くは、肌のハリと透明感が良くなった!って感想残しているので、やはりそれなりに効果が期待できるということでしょう。( この効果は実際の施術者の口コミ体験談です )
 では、なぜお医者さんは“ シミも一緒に消えますよ! ”と紹介しないのか? これは恐らく誇大広告となる可能性があるから。


 前述したとおり、肌に照射するレーザーと脱毛時に照射するレーザーは、若干異なる。

  「 脱毛と一緒にシミやシワ、色素沈着が消える! 」と広告出してお客さん集めたたけど、シミが消えなかった...
 これでは、トラブルは絶えないし病院側も対応で大変です。


 だから、美容外科のホームページには、レーザー脱毛ではシミやシワ、色素沈着のことに触れていないんですね。
 多くのクリニックは、医療用の美白クリームを提供し肌の美白を進めています。
 ( 予め施術コースに含まれているケースと、別料金のケースがあるので事前にチェックが必要 )


 あなたが抱えている最も根深い悩みは何ですか? たぶん、このブログに遊びに来てくれたということは、“ ひげ ”に関して何らかの悩みを抱えているはず。
 シミや色素沈着がどのくらいあるのかわかんないですが、まずはひげ脱毛の終了に注力してみてはいかがでしょう。


 4〜6回くらいレーザーを照射すれば、自ずと効果が現れ始めます。その時、「 シミや色素沈着がどのくらい気になるのか? 」をチェックして、脱毛してる医療機関に相談してみるという選択もありですね。



 結論!レーザー脱毛でシミが消えるかどうかは、実際やってみないとわからない!
 これが、当ブログの回答です。
 脱毛したら一緒にシミが消えた!これが最も理想的な副産物だったりしますが。


 ちなみに、未だに流行っているメンズエステでの脱毛。この脱毛に関しては、シミやシワはメンズエステ独自のコースを準備しているため、メンズエステで相談すると別のコースを紹介されることになりますよ。

ヒゲのレーザー脱毛でシミが消える?

 癖になったヒゲ抜きや、毎日の髭剃りで痛みまくった肌。


 ヒゲ剃りはもう無理!


 と、考える方がヒゲの永久脱毛にチャレンジするわけですが。。。
 ふと鏡を見た時に感じるのが、なんか口周りが黒くなったような。


 そう、その黒みは色素沈着によるシミなんです。
 これまでの間違った自己処理で、あなたが思っている以上に肌に負担を与えています。
 正しいケアをしているつもりでも、紫外線にあたったり対策が不十分だったりしてシミができてします。


 せっかくヒゲを永久脱毛しても、このシミが残るんじゃぁな〜〜


 とお悩みのかた、安心してください。
 できてしまったシミ。医療レーザー脱毛でひげ脱毛すると一緒に消えてしまう可能性があります
 お医者さんは、公にはしていませんがシミに医療レーザーを照射すると消えてしまうことがあるそうです。
 ※ 脱毛施術がメインであってシミ消しがメインでないから


 これは、確約されているわけでなく「 やってみないとわからない 」という不確定要素があります。
 あと、肌の状態は個人によって大きな違いあるので、照射結果に個人差があるのも認識しておいてください。


 小さなシミならレーザー脱毛ができますが、シミや色素沈着が無数にあって肌の状態が悪い方は、レーザー脱毛できないケースもあるので知っておいてくださいね。
 特に、アトビーなどをお持ちの方は、肌の効果や色素沈着で変色している傾向が強いので、レーザー脱毛を受けることができないケースがあります。


 「 アレルギーで肌の状態があまり良くないけど、脱毛したい! 」


 と、お考えのあなた!
 思い込みの自己診断で脱毛の可否を決めてはいけません。やはり専門家の意見を聞いて、脱毛に挑戦できるかどうかを判断しましょう!


 医学の進歩は日進月歩。特に脱毛業界は、脱毛機の進化が半端なく早いので、「 昨年までは無理 」だった脱毛が「 いまなら大丈夫ですよ! 」となるケースも多いと聞きます。
 まずは、“ ここ ”と決めたお医者さんとカウンセリングし、自分に脱毛ができるのかを確かめてみてはいかがでしょうか?


 シミの話から、アレルギー体質の方の脱毛へと話が流れてしまいましたが、多くの医療機関は無料カウンセリングに力を入れています。
 エステサロンとは違い、国家資格である医師免許を持ったお医者さんがカウンセリングに応じてくれるため、あなたの悩みを存分にぶつけてみると良いと思いますよ!


「 脱毛後に肌が綺麗になった!」という報告あり!
  ⇒⇒⇒業界最安値の医療脱毛は、湘南美容外科クリニック!

「 脱毛時の痛みの軽減をホンキで考えるクリニック 」
  ⇒⇒⇒痛くない医療脱毛を目指す東京イセアクリニック!

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。