ホーム » 青ひげの悩み・解消法

青ひげの脱毛なら医療レーザー脱毛が断然効果的!



最終的に青ひげの悩みは脱毛で解消するしかない!



脱毛はメンズエステでしかできないと思っていませんか?



青ひげ悩み.jpg
 青ひげを隠し続けることは無理があります。ヒゲを抜き続けることで隠すことはできますが効果は薄い。
 青ひげの脱毛は、あなたが抱えるヒゲの問題を全て解決してくれる最良の方法です。
 でも、脱毛はメンズエステ以外でも脱毛することが出来るのをご存知ですか?


じゃぁ、どこで脱毛をする?




hospital.jpg
 脱毛は、メンズエステやメンズ脱毛サロンで受けることができます。これは間違いないです。
 でも、費用対効果を考えると、医療系( 病院や美容外科クリニックなど )で受けることがマスト。



 メンズエステの脱毛は、脱毛完了までに長い時間を要したり料金が高額だったりとデメリットが多い。
 医療脱毛は、メンズエステの脱毛と比較すると圧倒的に費用対効果が良いのが特徴です。


でも男が美容外科クリニックに通うのは抵抗ある



050.jpg
 安心して下さい。最近は美容外科クリニックに通う男性は非常に多いです。( 店舗によります )
 女性の患者さんも多いですが、男性の姿もちらほら見かけるので安心だと思います。


 クリニックに通う患者さんは、あなたと同じように何かしらのコンプレックスを持って通っているのが現状。
 そう考えれば、少しだけ気持ちが楽になりませんか?
 あなたは、青ひげに悩んでいるので、来院するときにマクス等で隠せば問題無いです。


でも、ツルツルにするのには抵抗がある




 そうですね。
 将来のことを考えると、ヒゲがなくなりツルツルになるのには抵抗あると思います。


 ヒゲ脱毛は、どのタイミングで止めるのか?は、あなたが決めることができます。
 青ひげが気にならなくなる程度まで脱毛すれば、将来ある程度のひげが残り不安がなくなります。


どこの病院がおすすめ?




 一般的に病院を探すとすれば、皮膚科を中心に探していくことになります。とはいえ、皮膚科の中でも脱毛している皮膚科を探すのは非常に難しいのが現状です。
 また、皮膚科で脱毛する場合、時間がかかるニードル脱毛や最新のレーザー脱毛器を使っていないケースが多い。


 ニードル脱毛は永久効果が期待できますが、青ひげの悩みが解消されるのに多くの時間を要します。同時に費用も高額になることがほとんどです。
 青ひげに悩んでいるのだから、できるだけ早く解決したいですよね。
 そう考えると、最新の医療レーザーを導入している美容外科クリニックが断然お勧めです。


最新の医療レーザー脱毛器で、コストパフォーマンスが良いクリニックは?




 青ひげが気にならなくなるまで脱毛する場合、個人差がありますが5〜10回は通わないといけません
 そう考えて、いろいろ調べ“ ここがおすすめ! ”といえるクリニックが、湘南美容外科クリニックです。


 青ひげで悩む方のほとんどが、口周りの青ひげに悩んでいるケースが殆んど。
 湘南美容外科クリニックなら、69,800円から口周りの脱毛に取り組むことができます。


 期間が4年と限定されていますが、この4年間ならあなたが納得できるところまで通い続けることができる。
 私が知るかぎりこのシステムを導入しているのは湘南美容外科クリニックだけだと思います。返金保証も付いているので安心して取り組むことができますよ。


あなたの青ひげの悩みが早く解決しますように!!





ホンキで考える! マスクで青ひげ隠せるか!?





 ちょっとホンキで考えてみました。あえてホンキです。
 マスクで青ひげを隠すという選択はありかなしか!


 答えは、



なし




 です。


 青ひげを隠す選択肢に挙げていたのに、こんな回答でごめんなさい。
 これには一応理由があるんです。


 最近の日本文化では“ マスクをする ”が定着化しています。
 特に女性のマスク姿を多く見かけたことはありませんか?


 青ひげを隠す手段として一番簡単なのが、キレイにヒゲを手入れしてマスクで隠すことです。
 ここで、ちょっと考えたんです。


年中マスクするのは無理がないか?



 って。



 秋から春にかけては、

花粉症 → 風邪( インフルエンザ )対策 → 花粉症 = マスク


 という公式が出来上がります。


 でも、夏はちょっと無理ですよね。まぁ、日焼けするという解決方法もありですが。
 夏にマスクしている方はそんなに見かけませんし、変な日焼けしてしまうし。。。


 マスクで何とかならないかホンキで考えたのですが、やはり結論は“ なし ”ということで。




 本気で青ひげを解消するなら、やはり永久脱毛しか解決策はないと思います。
 永久脱毛については、こちらで詳細をご紹介しています!!

日焼けで青ひげ隠れるの? 日焼けしている方だけが知っている真実とは



 巷では、日焼けをすると青ひげが隠せるという話題をよく目にします。
 このブログでも、なんどか紹介させていただいたと思います。





 ちょっと疑問に思ったんです。
 本当に、日焼けすると青ひげが隠せるのか? って。

日焼け.jpg
 ヒゲが薄い方や人並みの方は、そこそこ隠れます。ちなみに、夏は青ひげの心配がなく冬に青ひげが目立ってしまう方は日焼けすることで解消されます。


 でも、日焼けが趣味の方は別として年中日焼けしてるのって、ちょっと違和感ありませんか?
 秋〜冬に、夏並みに日焼けしている方のほとんどは日焼けサロンに言ってます。間違いないです。。。

日焼けマシーン.jpg

 個人的に言いたいのは、日焼けサロンに行って青ひげ隠すなら脱毛しようと。。。
 ※ 日焼け趣味の方、ごめんなさい。



 私も、青ひげは日焼けで隠せると何度も言い続けてきました。
 しかし、事情は少し違ったようです。


日焼けしている人も、実は青ひげで悩んでる!!



 ということに、最近気づきました。ってか、教えてもらいました。
 その方は、恐らく体毛が濃い方なんだと思いますが、その方いわく


 『 俺、日焼けしてるけど口周りの青ひげが気になるんだよなぁ〜〜


 一見、私達が見ても青ひげはそんなに気になないレベル。でも、実は本人以外と悩んでいるみたい。
 他人よりヒゲの濃い方は日焼けしても、劇的な効果が実感できないです。
 まぁ、多少なりは目立たなくなると思いますが。


 ネット上のどこも見ても、『 日焼け 』『 日焼け 』『 日焼け 』とあります。
 実は日焼けしてみてもあまり隠せなかったという方もいるので、気をつけておいて下さい。


青ひげは隠すよりなくす!



 これが一番の解決法です。



タグ /

中高生・時間のない方必見!青ひげが気になる、脱毛したいけど時間と経済的に。。。抑毛剤の選択もあり

青ひげ悩み.jpg


青ひげが気になる!!




 どうにかしたい青ひげ。でも、ヒゲがある以上どうにもならないのが事実...
 脱毛するのが一番の解決方法だということは知ってるけど、『 経済的な理由 』や『 忙しい毎日 』を送っている方は、なかなか脱毛に踏み切ることができません。


あなたは雑誌を読みますか?



 背表紙にあるムダ毛処理の広告。一度は目にしたことありませんか?
 私は、毎回見てました。ってか、今も見てます。
 あの広告は、脱毛剤や抑毛剤と呼ばれる存在なのですが、


 
ホントか?これ



 って感じで見てました。


 当時( 十数年前 )は、本当にまがい物?もあったようです。
 しかし、最近は若干事情が異なるようですね。


 脱毛剤を顔に使用することはできない商品がほとんどですが、抑毛剤ならOKという商品は少なくありません。
 商品開発の際、多くのモニタテストを繰り返し商品の開発と改良を繰り返しているという会社もあります。





 で、どの程度効果が期待できるかが気になるところではないでしょうか?
 主観の意見よりも使用感や口コミなどを調べてみたほうが良いのでは?と思い調査してみました。

  • 全く効果がなかった
  • 青ひげが気にならない程度になった
  • 硬いヒゲが柔らかくなった


 こんな意見がたくさんあるなら俺にも!?ってなりますよね。やっぱり。
 いろいろ口コミや使用感で調べて見た結果、よく目にした商品の名前は下の3つ。


  • プレミアムアフターシェイブローション
  • パイナップル豆乳ローション
  • コントロールジェルME


 いちおう補足として、『 抑毛剤は、医学の観点から商品開発されているわけではないので、確実さを追求することは非常に難しい 』というのが実情です。


抑毛剤の効果が期待できる方もいれば、効果が期待できない方もいる



ということです。


 最後に、結局、いろいろ調べた結果では、青ひげの解消は永久脱毛が効果的!という結論でした。

青ひげはファンデーションで隠せるのか? アイテムでしっかり隠す!





 青ひげを隠すのは、ファンデーションを使うのがいちばん簡単な方法です。


 最近は、男子も化粧する時代。まぁ、ほとんどの方が基礎化粧品を使ったスキンケア。
 でも、今回紹介するのは


ファンデーションでメイクアップして青ひげを隠そう!



 ってこと。


 彼女や奥さんがいる方はご存知だと思いますが、女性ってスキンケアとメイクアップにとっても時間を掛けています。
 でも、あなたはこう思うはず。


オレ、青ひげ隠したいだけなんだけど。。。。あんなに時間掛けれないよ



 ですよね。あんな大変なこと私もできません。
 (できる方、頑張ってお願いします(笑))


 手っ取り早い方法は、青ヒゲの部分だけファンデーションやコンシーラーで隠してしまう。
 でも、これだと地肌とファンデーションの色がマッチしないと、結局化粧してるのがバレる(滝汗)


 ファンデーションを使うポイントは、


使う量は増えるけど地肌の色に近い色で顔全体をメイク



 これが鉄板です。


 でも、※※ここが問題!!※※
  • 青ひげが目立つ方は1日に2回、3回とヒゲを剃る習慣がある。
  • 化粧崩れ


 2つのポイントのどちらかに当てはまる方は、化粧直しする必要があります。
 ファンデーションは自宅用と外出用の2つ準備しておくと便利ですね。
 化粧落としのクレンジングと合わせて、スタイリッシュな化粧ポーチに入れとけば大丈夫ですよ。

タグ /

青ひげをどうにかしたい!!!!何とかならないのか、この青ひげ



 キレイにヒゲは剃っているのに、どうしても気になる青ひげ。
 いちど気になり始めると、外出も憂鬱になるほど辛いですよね。その気持ちわかります。


青ひげ、どうにかしたい!!! 何とかならないのか!!!!



 私、恥ずかしながらも海に向かって叫びました。。。高校生の頃 (・_・;)


 まずは、ここでおさらいを一つ。


 青ひげの原因は肌の下から透けているヒゲです。


 青ひげに悩んでいる方は、一度は挑戦したことある“ 超 ”深ぞり
 実は、この超深ぞりは労力の割には、あまり効果はありません。
 皮膚の下のヒゲは、2〜4mm程度長さ( 個人差あり )があり、それが透けて見えてるから青ひげになる。


 いくら深ぞりしても、皮膚の下に生えているヒゲを剃ることは出来ないので、残念ながら根本的な解決にはなりません。
 逆に、肌を痛めてしまうので要注意。
 なお、ヒゲが濃い方や色白でヒゲの色が濃い方ほど、青ひげが目立つ傾向にあります。


 んで、青ひげをどうにかする方法ですが、基本的には隠すか原因を取り除くしか方法はないです。
 隠す方法で巷によくあふれているのは、



 これ等しかない。


 それぞれメリット・デメリットがありますが、高校生辺りからかな?青ひげ目立ち始めるのは。
 金銭的にも余裕が無いはずなので、この4つのポイントをうまく使い分けながら隠していくのがマスト。


 ちなみに、ひげを抜く( 自抜きともいう )方もいますが、私の経験上おすすめはしていません。
 おすすめしない理由は、こちらに詳しく紹介しておきました。



 なお、20歳以上で会社勤めの方は、根本的な原因を取り除く方法を検討してみると良いとでしょう。
 学生の方とは違い、多少金銭的にも余裕があるはずなので、コツコツお金をためながら情報を収集していくことでコンプレックスから解消されます。



 青ひげの対処方法は、悩み始めた時の年齢と懐具合で対策や対処の仕方が異なります。
 このブログでは、青ひげにコンプレックスを感じている方に向けても積極的に情報配信しているので、一読してみてください。



気になる青ひげは、病院の脱毛で治る?

  青ひげなんとかなりませんか?
  病院で治療することは出来ないですかね?
  治すなら何科を受診すれば?

higenayami.jpg
 毎朝しっかり髭を剃っているけど夜には...
  しっかりヒゲが生えそろって -o-;;
 ひげ剃った直後から青々として、
  夕方にはヒゲがチクチク生えそろってて...




 青ひげを隠すのに、ヒゲを定期的に抜いていたり、効き目が定かで無ない脱毛剤(除毛剤)?なるものの購入を本気で考えてみたり。
 あなたは、どこかでこんなこと考えたりしてませんか?
 いっその事、病院で治すことが出来ないんだろうか?と考えてしまう方もいるかもしれませんね。


 ヒゲを残しつつ、病気のように青ひげを病院で治療するってことは正直難しんですね。
 でも、青ひげの根本的な原因“ ヒゲ ”を脱毛してしまうことで悩みを軽減することはもちろん可能。
 ヒゲが薄くなっていくことで、ひげの悩みはほとんどを解決することができます。



 じゃぁ、さっそく病院で!
 といきたいところですが、その辺にある病院で脱毛できるわけではないんです。



 一般的に脱毛は皮膚科を受診することで対応可能なんですが、そもそも脱毛やってる皮膚科でないと受けることができません。
 大きな病院や総合病院のほとんどでは対応不可というケースも少なくないんです。
 最近は、脱毛設備を完備している皮膚科は少なくなっているので、少し一生懸命探さないといけないかもしれません。



 ここでオススメしたいのが、美容外科や美容皮膚科、形成外科といった美容クリニックと呼ばれる病院です。
 そう!ご想像通りの整形したりシワを消したりする病院です。一般的にはクリニックと呼ばれているケースが多いかな?


 これらクリニックには、最近の脱毛設備が一式取り揃えてありますし、男性対応可という病院も多い。
 待合室で女性と一緒になるケースや施術者が女性の看護師さんというデメリットも有りますが、最新の脱毛設備でしっかり脱毛に取り組むことができるので、最近は男性もせっせと通っているという方もとても多いです。


 これから美容形成外科で脱毛受ける方は、男性の先駆者の方には感謝ですね。これだけひげ脱毛が一般的になってきたのも、先駆者の方たちが恥ずかしい思いをしながらも、せっせと病院へ通ってくれたおかげです。
 とはいえ、何事も初めてのことは緊張するし慎重にもなります。


 男が美容外科?


 と、なかには抵抗ある方もいるかもしれないです。でもね、病院に行くことを悩んでいても、あなたの悩み“ 青ひげ ”は解決しないです。
 本気でコンプレックスをで解決したいなら、どこかで踏ん切りつけて決断する必要があったりします。


 男性専門の美容形成外科は?と探してみても、なかなか見つからないのが正直なところでしょう。
 私も一時期いろいろ探しましたが、美容は女性がメインなので見つかんなかった... まぁ、あったとしても必要以上に値段は高いと思いますけどね。


 気恥ずかしいのは最初だけ。その最初を乗り越えることができれば、あとは青ひげの悩みと真摯に向き合うことができるので、お勧めです。
 参考までに、「 あなたに女性の下着売り場コーナーを横切ることが出来るだけの勇気があれば、美容外科に通うだけの勇気はあると思います。」


 あとは、どんな方法でどこの病院で脱毛するかという“ 検討と決断 ”だけです。
 脱毛に関する情報は、このブログが何かのお役に立てるかもしれないです。脱毛に関する情報は、このブログにしっかりと詰め込んでいるので。
 おすすめの病院など医療機関の情報も紹介してるので、あなたが探した病院と見比べてみていただけると良いと思いますよ。


 あなたの青ひげの悩みが、病院で解決できることを切に願っていますので!

タグ /

青ひげの脱毛│抵抗感ある脱毛ですが上手に使えばとっても便利

 青ひげについて、前回チョット紹介してみました。
 青ひげの詳しい紹介については、こちら!!


 青ひげの根本的な解消は、ヒゲを脱毛してしまうしか方法はないと思います。
 でも脱毛という言葉にアレルギーを持っている人も少なくないかと。


 ・ 男なのにヒゲが全然ないのはチョット
 ・ 男らしさがなく、女性受けが悪い
 ・ 脱毛は高額なお金がかかるのでチョット(汗)


 その気持ちわかります。
 女性はヒゲに男らしさを感じるという調査結果もあるくらいなので。


 でも、今はチョット状況が異なるようですね。
 ヒゲに男らしさを感じる反面、整っていないヒゲや青ひげに抵抗感のある女性が多くいることを。
 そもそも、青ひげに悩んでるんだから解決策を探ったほうが良いと思うんですね。


 一言で脱毛といっても、仕上がりは様々。

 ・ ヒゲを完全に無くし、ツルツルに仕上げる方法
 ・ 一部のヒゲを残しデザインよく仕上げる方法
 ・ 全体的にヒゲを間引き、薄くする方法     などなど


 ヒゲを全部なくしてしまう方法に抵抗があるけど、青ひげを何とかしたい。
 こんな人は、3つめの「 全体的にヒゲを間引き薄くする方法 」を選択すると良い。


 いま生えているヒゲを半分脱毛すれば、ひげ剃り後の青々した感じも緩和されてくると思います。
 うっすらと生える程度に、ヒゲを残すのが一番いいかもしれなさそう。


 脱毛で青ひげの悩みを解決したいなら、脱毛完了時をしっかりイメージしておくことが大切。
 理由は、自分がどんな風になりたいのか?で選択する脱毛方法が違ってくるからなんです。


 次回、仕上がりから見る脱毛方法の選び方を紹介してみたいと思います。

タグ /

青ひげが気になり始める年齢と対策


 ヒゲと切っても切れない存在。それが青ひげ。その絆はとっても強いものがあるかと。
 「 人よりも髭が濃い 」という人は、若いうちから青ひげに頭を抱えているのかもしれませんね。


 青ひげの悩みが深くなり始めるのが、30代に入ってから。
 現に「 30代になって青ひげが気になり始めた(焦)」という人がとっても多いです。


 私の経験では、25〜35歳くらいの間で急激にヒゲが濃くなった印象があります。

 ・ 朝ヒゲ剃っても、なんだかすっきりしないなぁ〜〜。
 ・ 1日に何回もヒゲ剃らないといけないから大変。
 ・ 最近老けた?
 ・ 口周りが黒ずんで、泥棒髭みたいに
 ・ 青ひげが(焦)

 こんな悩みが急増しました。


 で、こんな悩みは自分だけなのかなぁ〜〜って思い、いろいろ調べてみましたが私だけではなかったようです。
 青ひげに悩んでいる男性のほとんどが、30歳前後で青ひげが目立ち始めたと口にしています。


 ヒゲの悩みの一つの鬼門で、30歳という年齢があるのは間違い無いです。
 ( 私の経験則からして )


 人並みの髭の濃さで、いま『 青ひげあまり気にならない 』という人は30歳という年齢をターニングポイントとして押えておくことが大切かもしれません。


 で、問題の青ひげ対策。。。諸説いろいろな情報が溢れかえっていますね。
 青ひげの原因は、ヒゲの濃さと肌の色素が大きく関係しています。
 肌の色が白いと、ヒゲの毛根部分が透けて見え青く見えてしまうんです。


 外回りなど、比較的『 外 』で働く機会が多い人は、青ひげに悩まされることは少ないです。
 逆に、事務職など『 中 』で働く機会が多い人は、色白であることが多いので青ひげに悩まされることが多くなります。


 そんな青ひげですが、悩みっぱなしでは心の負担が増えるばかり。
 30代といえば、仕事で大きな動きが起こりやすい年代。


 大きなプロジェクトを動かしたり、会社で重要なポストに付いたりとターニングポイントとなりうる重要な年です。
 青ひげという小さいようで比較的大きな悩みを抱えたままでは、知らないうちに心や体に負担をかけてしまいます。
 一心不乱に仕事に邁進することができるよう、青ひげの悩みは少しでも軽減させておきたいところですね。


 青ひげの対策として、ネット上で紹介されているのが3つ。

 ・ 男性用ファンデーションで青ひげを隠す
 ・ 日焼けをする
 ・ クリームやローションで抑毛( 減毛 )する


 う〜〜ん。どれも実現むずかしそうな対策だともいませんか?
 年中日焼けし続けることは難しいし、俗に言われる抑毛材の効果は疑問符がつきます。
 そもそもファンデーションって、どれを買えばいいのかわからないし購入するのは恥ずかしい。。。。。

 だからでしょうか?青ひげの悩みを解決できず、悩みを抱えながら毎日生活しているのは。
 青ひげを根本から解決するなら、原因となっているヒゲを脱毛してしまうしかないと思うんですね。


 ちょっと長くなりましたので、次回青ヒゲ脱毛について詳しく紹介してみたいと思います。
 青ひげの脱毛については、こちら!!

topへ戻る

Return to page top