ホーム » ひげ脱毛の効果

濃いヒゲを医療レーザーで脱毛┃どのくらいの回数で効果がある?



 俺って人より髭が濃いのかも。。。


 ひげ脱毛することは決めたけど、どのくらいの回数やれば効果があるのか気に方多いと思います。
 最近、ひげを医療レーザーで脱毛する方は増えてます。
 でも、『 実際に何回くらい施術すれば効果を実感できるのか? 』って悩んでいる方が多いです。


 業界では、4〜6回、でも実際には、10〜15 ( 20 )回


 実際のところ、ヒゲをどの程度脱毛するかによって回数と効果ってわからないのが実態だったりします。
 特に、ひげは個人差がモノを言う場所だから、5回程度で効果を実感する方もいれば、7回、10回とやって効果を実感する方もいます。
 仕上がり具合( 理想とする状態 )にも個人差がありますし...


 上記のように、最初の取っ掛かりは4〜6回でお客さんを集めているのが実態ですし、この回数で『 ひげ剃りの負担が軽くなった 』という声があるのも事実です。
 他人よりヒゲが濃い方なら、この程度の回数では満足できる効果は得られないかもしれません。


 ちょっとだけ思い返してみてください
 ヒゲが濃いせいで、心のどこかで消極的な自分がいたり、綺麗に剃っても納得できる仕上がりではなかったり。


 ヒゲ剃りもう無理!
 いっそ、ヒゲなくなればいいのに!!


 いちどは思ったことあると思います。


 負担を軽くする程度なら、10回近い施術を視野に入れとく必要があるかもしれません。
 5回とかだと、人並みのヒゲの濃さで落ち着く可能性があります。まぁ、負担は軽減できると思いますが。。。
 ヒゲを完全に無くしたいなら、もっと多くの回数施術しないと効果が実感できません。


 そう考えてみると、『 4回コースで42,000円とか5回コースで50,000円 』などのコースだと、


 終了後にもっと綺麗に!
interior_piggybank01.png

 ってなるかもしれませんね。
 お財布と効果を天秤にかけたとき、少しリスクを感じてしまいますが...


 そうこう考えてみると、顔半分下の脱毛で回数無制限の脱毛がストレスなく脱毛に挑戦出来るような気がします。

効果はどのくらい?ダイオードレーザーのヒゲ脱毛

img_lightsheer.jpg

 ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー。
 ヒゲをレーザー脱毛する場合、この3つの医療レーザーで悩むのではないかと思います。


 で、『 どのレーザーが自分に最も適しているのか? 』とヒゲ脱毛を検討している方は考えます。
 細かな違いはあれど、どのレーザーを選択しても大差無いような気もしますし、『 どのレーザーを選ぶべきか? 』と思案することも。


 無難な所でお話すると、失敗しないレーザーの選択は『 3種類のレーザーを試打し効果を検討する 』に落ち着きます。
 最近の美容外科やクリニックでは、『 ワンショット◯◯円 』や『 レーザー1回◯◯円 』といった具合に試打や都度払いを選択できるところがほとんど。
 レーザーの選択で公開したくないなら、チョット面倒ですが“ ワンショット ”でも試打してみるのが得策です。



 と、ここまでが模範解答。
 これから、少しだけ突っ込んで主観的なお話をしてみたいと思います。


 日本国内のダイオードレーザーのシェアは、ライトシェアが圧倒的シェアを握ってます。( 独自調べ )
 ライトシェアのダイオードレーザーは、“ 毛質と肌の色を選ばない ”という大きな特徴があります。


 


 照射面に冷却装置が取り付けられており、通常のレーザー脱毛機より高い出力でレーザーを照射することが可能。
 同時に、吸引システムを採用しているため、毛根部により近い位置でレーザー照射が可能。
 皮膚内でレーザーが分散する確率が低く、毛根部に直接レーザーが作用するため効果の高い脱毛を実現。





 だからでしょうか?
 アレキサンドライトレーザーでは効果を実感できなかった人が、ダイオードレーザーでは効果が実感できたという話が多いのは。
 ちなみに、公式発表は見たことないですが、ダイオードレーザーは、日本人の毛質や肌質に最適なレーザーとされてます。


 ここまでが、ダイオードレーザーのお話。ここからクリニック選びについて少し。
 レーザーの種類という観点から病院・クリニック選びを考えると、すべてのレーザー脱毛器を設置してある所で脱毛するのがベストの選択。

 肌質や毛質に合わせて適切なレーザー脱毛器を選択しながら脱毛していく。
 まさしく理想的な脱毛ですね。でも、設備投資やメンテンス費、維持費などすべてが施術費用に乗っかるので必然的に費用が高額になってしまいます。


 効果的な脱毛を考えるなら、最低2種類の脱毛機を設置しているクリニックを選ぶことでリスクが軽減出来ます。
 『 アレキサンドライトレーザー+ダイオードレーザー 』または『 ダイオードレーザー+YAGレーザー 』といった具合でしょうか。
 常に2つのレーザー脱毛器から、『 医師の診断やあなたの好み 』に応じて脱毛器を選択できるのは理想的。


 ちなみに当ブログの調査結果は、『 ダイオードレーザーまたはYAGレーザー 』に人気が集中。
 この2種類のレーザーは、ヒゲをレーザー脱毛した経験者の方たちが高く評価し、効果が実感できた脱毛器とされてます。
 ダイオードレーザーとヤグレーザー設置のクリニックは、東京イセアクリニックがお勧めです。

タグ /

レーザー脱毛と脱毛効果 │ 脱毛してから何日後に効果を実感?

 これからヒゲ脱毛を始める方。そして、緊張の脱毛が終わり“ いつヒゲが抜けるのか? ”が気になっている方。


 いざ!チャレンジ!!


 病院選びや価格調査、そして申し込み ⇒ カウンセリングが終わった時点で、恒常的に気になるのがいつ・どのタイミングで効果を実感することが出来るか?だと思います。


 実際に脱毛しても、全然ヒゲが抜けて来なかったら“ 失敗かも(汗)”と。。。
 病院選びに失敗したかなぁ〜〜。費用も結構高かったし、正直へこむ。勉強代と割り切るのにはちょっと厳しいかぁ〜〜


 はじめての挑戦では、何かと不安が拭いきれませんね。
 脱毛でも同じ。1回の料金やコース料金がそれなりに高額で、それなりに痛みにも耐えてきているので...


 脱毛には個人差がある!と耳にたこができるほど聞いている方も多いと思うので、このブログでは少し突っ込んだお話を。
 選択する脱毛技術に応じて効果の現れ方に弱化の差があります。
 このブログでは、ヒゲ脱毛はレーザー脱毛を推奨しているのでレーザー脱毛での脱毛効果について踏み込んでご紹介してみたいと思います。


 ヒゲには脱毛効果が現れやすい部分と、いつまでたっても脱毛効果を実感できない部分とがあります。
 比較的効果が出やすいのが“ 頬のヒゲ ”。逆に効果が出にくいのが“ 鼻下のひげ ”
 これは私も実感しているので間違いないことですし、多くの脱毛経験者の方も同じように言われてます。


 で、ここからが重要。実際にヒゲ脱毛の効果を実感し始めるのが、最短で“ 3日目 ”から。最長の方で“ 約3週間後 ”とかなり振り幅が広い状態にあります。
 強者になると、1回での脱毛では効果を実感することができないという方もいます。
 ( このような方は4回目のレーザー照射終了後、一気に脱毛効果が促進した!とおっしゃられてました。)


 ちなみに、巷で言われる光脱毛や電気美容脱毛では、同様の効果が得られるかどうかは疑問が残るところ。
 極度に痛みに弱い方でレーザーの出力を抑制し照射されている方は、同様の効果が得られにくい傾向にあります。


 高い効果を得るポイントは、やはりレーザーの出力にあるでしょう。
 火傷にならない程度に出力のレーザーを高めると、悶絶するような痛みに耐えながら脱毛を行わないといけないため、上手に笑気麻酔などを活用して快適に脱毛していくと、高い効果を得られます。


 これからヒゲ脱毛を受ける方は、やはりしっかりとした実感を感じながら脱毛したいと思うはずです。(私がそうでした)
 脱毛のことを調べてみたけどよくわからない。または効果性の高い脱毛をお望みの方は、日本人の肌に適したダイオードレーザー脱毛や、ヒゲ脱毛マニアに人気のYAGレーザー脱毛などで脱毛するのが無難。


 出来る事なら両方の脱毛機を完備している病院・クリニックを選びたいところですね。


 ● 2大エース「 ダイオードレーザー・YAGレーザー 」完備のクリニックは、東京イセアクリニック!!

タグ /

1回での効果は?ヒゲはレーザー脱毛すべきか?

 ヒゲ脱毛の効果は、個人差や部位による差があり一概には言えない状況にあります。
 とはいえ、ひげ脱毛してみたい方や実際に受けた方は、どの程度効果があるのかは、やはり気になるところ。


 1回のレーザー脱毛で、どのくらい効果があるのか?


 多くの方が誤解しているのですが、レーザー脱毛を当てたら即効果がある!と考えている方が多い。
 強力なレーザーでヒゲの毛根から吹き飛ぶケースもありますが、ほとんどの場合“ 即効果 ”には結びつかないケースが多い。


 レーザー脱毛は、効果が現れるまでに時間が必要で、部位ごとに効果の表れ方が異なるのが特徴だったりします。
 効果には個人差があり、効果が現れ始めるのには2〜3週間は必要だということを知っておいて欲しい。
 広範囲を短時間に脱毛できるレーザー脱毛ですが、“ 口周り ”には効果が現れにくく“ 頬やもみあげ ”は比較的効果が出やすいといった特徴もある。


 ちなみに、1回のレーザー照射で3〜5割( 人によっては7割程度 )のヒゲの脱毛に成功する傾向に。
 これを数度繰り返し、徐々にヒゲを薄くし脱毛していくというのがレーザー脱毛のアプローチ。
 ( 効果に振り幅があるのは、個人差の影響が大きいから )


 あとは「 3〜7割の脱毛効果 」をどのように考えるかですね。
 そんなに効果ないなぁ〜!と考えるか?、そんなに効果的なのか!と考えるか?ですね。


 完全に個人的な意見ですが、ヒゲのような根が深く広範囲に生えてる毛は、医療レーザーで一掃し、脱毛できなかった場所をニードル脱毛で脱毛していくのが効果的だと思います。
 でも、この方法だと脱毛費用がビックリするくらいかかるんですよね。。。(汗)

タグ /

ヒゲの毛周期に合わせ的確なタイミングはレーザー脱毛は高い効果を実感できます

 ヒゲに限らず体毛には“ 毛周期 ”があり、脱毛する場合はこの毛周期を的確に捉えておく必要があります。


 
 ※ 引用元 横浜中央クリニック


 体毛によって、毛周期というのは若干異なるのが医学的に明らかにされています。
 ヒゲの場合は、「 休止期間が約2ヶ月。成長期間は1年 」とされています。


 この理論から考えると、ヒゲのレーザー脱毛は


  2ヶ月に一度レーザーを当てればヒゲ脱毛の効果が得られる


 ということになります。


 ヒゲを早く脱毛したいから『 2週間に1回レーザー当てた 』という強者がいると耳にしたことあります。
 しかし、費用対効果を考えるとあまり意味が無いのかもしれません。

 レーザー脱毛後、ヒゲが抜け始めるのが2〜3週間後。
 実際には脱毛効果があったのにもかかわらず、また同じ箇所にレーザー当てるのはもったいないですね。というか無意味です。
 都度脱毛効果を確認しながら、レーザー照射を行なっていくのが理想的なレーザー脱毛です。


 ちなみに、休止中のヒゲは1年〜2年という長い時間をかけて表面に現れ始めます。
 費用対効果の面を考えても、“ 2ヶ月に一度のレーザー脱毛 ”がベスト。
 ( 男性型多毛症と診断を受けている方は、この部類には入りません )


 医師の中には、利益を追求するあまり毛周期を無視したレーザー脱毛を進める方もいます。
 医師との対話は必要不可欠で、的確な診断力と適切な治療に導いてくれる医師の下で脱毛に取り組むのが最も理想的なレーザー脱毛の一つです。

タグ /

ヒゲが濃くないけど、ヒゲ剃り面倒だから永久脱毛したい



 以外に盲点でした(焦)ヒゲを永久脱毛したい方は、ヒゲが濃い方ばかりだと思ってました。


 チョット考えたら分かることなんだけど、永久脱毛考えている方ってヒゲが薄い方もいる。
 ネットの書き込みでは見えない部分ですね。


 ヒゲが薄い人でも永久脱毛してもらえるもんでしょうか?


 こんな素朴なことが気になったので調べてみました。


 ヒゲが薄いと一言で言っても、状態が異なりますね。


 1.うぶ毛なのか?
 2.ヒゲ1本1本が細い
 3.ヒゲは太いけど密集度が低い   などなど


 美容電気脱毛なら、【 1 】のような、うぶ毛のヒゲでも施術してもらえます。
 医療レーザー脱毛なら、【 2 】や【 3 】のようなヒゲでも脱毛は可能です。


 あとは、施術する病院の考えによっても永久脱毛してもらえるか違ってくると思います。
 まぁ、門前払いを受けることもあるかもしれないし、ぜひ当院で!って勧誘されるかもしれなです。
 前者の場合なら根気よく他の病院を探す必要があるし、後者ならチョット他の病院の話も聞いてみたいきもする。


 複数の病院で話を聞いみてる!


 これが、解決方法かもしれませんね。



 チョット小話した小話。
 元ヒゲ薄の僕としては、永久脱毛のタイミングが重要だと思ってます。
 あまりに早すぎると効果が半減するし、遅すぎるのも効果が半減する。


 私の年齢が38歳。ヒゲと付き合って、たった25年。
 長いのか短いのかわかりませんが、脱毛のベストなタイミングは30歳前後でした。


 ちょうど、30歳を境に一気にヒゲが濃くなりました。青ひげや泥棒ひげが目立ち始めたのもちょうどこの頃。
 まぁ、ヒゲなんて!!って思ってた若かれし良き時代です(笑)


 当ブログの調査結果でも、25歳以降に永久脱毛するのがベストなタイミングという答えも持ってます。
 25歳まで待てないし、ヒゲの処理が面倒。だから永久脱毛したい!という方は、定額料金の無期限回数無制限の医療レーザー脱毛がオススメです。

タグ /

ひげ脱毛に失敗はあり得るのか?失敗の可能性を極限まで減らす脱毛専門医



 ○ヒゲを永久脱毛したいけど、失敗がないか気になる。
 ○脱毛の料金は高額だから、失敗してしまうと損になるから。。。。


 髭の濃さに悩んでて、脱毛をしてみたいと思っている人は『 失敗 』の二文字が気になるところ。


 脱毛というものは意外と難しく、「 成功の可否は施術者の腕しだい 」と言われています。
 というのは一昔前の話で、医療レーザー脱毛機の登場によりその状況は一変したと言われています。


 色々なサイトやブログで論じられてる「 永久脱毛の失敗論 」ですが、確実に脱毛できると「 明言 」しているサイトの言うことは信用しないほうがいいと思ってます。
 脱毛は医療行為と言われていて、『 医療に絶対はない 』という言葉を耳にしたことがある人も多いかと思うんですね。


 どんなことにも『 絶対や確実 』ということがないことからも明らかです。

 ということで、当ブログでは受けが良い


 絶対に脱毛は成功します!!


 とか、


 絶対に脱毛は失敗しません!!


 という言葉は使いません。


 「 失敗する可能性があるなら脱毛はやらない 」という選択肢もありますが、脱毛に成功している人も多くいます。


 成功している人がいるなら、自分も成功するかも!って。。。。


 永久脱毛の失敗に悩んでいる人に言えることがひとつだけあります。
 その言葉は、脱毛を専門に行なってるお医者さんが行ってるんですが、


 ● 脱毛には絶対はありませんが、失敗する可能性を0%に減らすことは出来る。それが私達医師の使命


 当たり前のようで、このアタリマエのことがなかなかできません。
 結構奥が深い言葉だったりもしますね。


 『 絶対に脱毛できますよ! 』とか『 失敗はありえません! 』と薄っぺらい言葉を並べるお医者さんよりも信頼出来るような気がします。( あくまで僕の個人的異見ですが(笑))
 お医者さん選びはかなり難しいですが、本気でひげ脱毛したい人なら乗り越えられる壁の一つです。


 カウンセリングやテスト脱毛なら格安( または無料 )で行ってるお医者さんは多いので、たくさん受けてみるのが成功の秘訣の1つです。

永久脱毛1回あたりの効果【 ヒゲ脱毛編 】



 1回の施術でつるつるに!

 とは言えないんですよね。脱毛は。。。
 脱毛の難しいところです。はい。


 ヒゲの永久脱毛は、1回の施術でどのくらい効果があるのか気になっている人が多いようですね。
 ヒゲの生え方には個人差があり、太さや密度、毛周期など千差万別。


 1回の施術の効果は、もちろん個人差がありますが、レーザー照射後、1〜2週間すると


 「 ヒゲがポロポロ抜けてきた 」


 という方がほとんどです。


 ヒゲを医療レーザー脱毛機で脱毛する場合、1回のレーザー照射ではヒゲを死滅させることはできません。
 これは、ヒゲの毛根は根が深いことと、ヒゲの毛周期が大きく関係しています。

 レーザー光線は、黒い色に反応する性質があります。
 皮膚下にある毛根にうまく行き届くようレーザー光線を当てると、今ある毛根が死滅する仕組み。


 ここで大きく関係してくるのが、ヒゲの毛周期。
 ( 毛周期についてはこちらで解説しています!! )

 休眠中の毛根に、レーザー光線を当てても死滅することはありません。
 この休眠中の毛根を退治するのは、活発に動き始めた時。


 毛周期の見極めは、医師の技量が問われるところだと僕は考えてます。
 タイミングをしっかり捉えてレーザーを照射することで、短い期間に効率良くヒゲを退治していくことができます。


 医療レーザー脱毛は、永久効果が期待できる脱毛と言われています。
 とはいえ、1度のレーザー照射でヒゲ全部が綺麗になくなってしまうというわけでは無いので注意が必要です。

タグ /
topへ戻る

Return to page top