ホーム » 医療レーザー脱毛の謎?? » ひげを医療レーザー脱毛していいタイプといけないタイプ

ひげを医療レーザー脱毛していいタイプといけないタイプ

 ひげをレーザー脱毛したいけど、自分の肌は大丈夫??
 生まれつき肌が弱いから、強い刺激などレーザーが肌に悪いんじゃないかと考えてしまう人もいるみたい。

 基本的には、ひげの医療レーザー脱毛は事前にカウンセリングを受けテスト照射というものを行うため、良否の判定は速やかに行うことが出来る。
 でも、やる気満々でレーザー脱毛しに、皮膚科やクリニックに訪れ断られてしまうと。。。

 そんなことにならないためにも、事前に下調べしておくことも必要です。
 肌の状態によって、医療レーザー脱毛の向くタイプと向かないタイプというのがあります。


 ○ 医療レーザー脱毛が向くタイプ

・ 日焼けをしていない肌( 色白から普通の状態がより良い )
・ 毛が濃くて黒い


 ○ 医療レーザー脱毛が向かないタイプ

・ 日焼けしている肌
・ 茶色い毛や白い毛
・ 数日前毛を抜いた
・ 毛が細い


 肌の状態は、基本的に日焼けの有無だけを判断すればいいみたい。
※ 敏感肌については、別途紹介

 後は、ひげの状態や状況。これらをしっかり考慮しておけばOKのようですね。
 事前のカウンセリングがないクリニックは、見送る方がいいですね。
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。