ホーム » 2016年04月

就活とヒゲ!就職活動にヒゲはマイナスですか?



 普段からヒゲを剃らない方もいるのではないでしょうか?ポリシーというかおしゃれというか。もしかしたら遺言かもしれませんね。
 冗談はさておき、就職活動とヒゲを生やすことについて少しだけ考えてみました。


 今や大学卒業は当たり前。大学のブランドはあれど、やはり同じスタートラインに立つこととなればより良い企業に就職するのが就活生には理想であると思います。
 就活中の男子にとって、身なりをキレイにすることは必須。ヒゲももちろんのことキレイに剃っておく必要があります。


就活は身なりも採用基準のひとつ?



 よほど奇抜な企業でない限り、身なりというのも採用のひとつであると考えておく必要があります。
 就活生はミナ定番スーツに身を固め活動していくことになるので、その他の部分でマイナスをできるだけ避けるのは必須。


 髪の毛がキレイにセットされていない。立ち振舞がキョドっている。緊張でロレツが回っていない等々。
 その中で最も注意しなければならないのがヒゲでしょう。


 ヒゲはキレイに整えていても、気がついたら薄っすらと生えてきている。重要な面接で剃り残しが目立てば清潔感ゼロ。
 ましてや、厳しい就活を勝ち抜くには、ヒゲを蓄えているのは論外です。


キレイに剃れば問題ない。若々しく見えなくても大丈夫



 ヒゲを綺麗にそっておくことは必要不可欠。ヒゲを剃ることで若々しく見え、相手に良い印象をあたえることができます。
 一部では、ヒゲは老けて見えるので“ 損 ”という話を耳にします。


 『 老けて見えるから不採用 』なら童顔の方の方が採用率が高いはずですが、そんなことないのは周知の事実です。
 青ひげに悩んでいたとしても、ヒゲを綺麗にそっておけば大丈夫。


 ファッション関係や美容師などクリエイティブ系な職業ではない限り、青ひげに悩んでいたとしても問題なしです。
 剃り残しがないように、綺麗に髭を剃っておけば青ひげであってもマイナスになることはないでしょう。


会社の門をくぐったところから就活が始まっている



 無事書類審査をかいくぐり面接がスタート。面接は会社の門をくぐったところからスタートです。
 トイレで髭の手入れをされている方も多いですが、どこかでみられているのでトイレを開放しているカフェやコンビニで綺麗に整えておきましょう!


 就活は面接官の前だけ取り作ることはリスクが高く、どこの誰が面接以外の立振舞詠を見ているかわかりません。

 『 遠足は家に着くまでが遠足です 』

 幼少期一度は言われたことがありませんか?
 面接は、会社を出るまでが面接です。待ち時間や面接時のみ力を入れている方も多いのが実在で、ここらあたりで他の人との差別化を図ってみると良いかもしれません。


就活生のヒゲ、一体どうする?



 内定そして就職後もヒゲを伸ばすことは難しいと考えておいてください。日本の文化が髭を蓄えるという文化ではないので、ヒゲを伸ばすことは社員として疑われてしまいます。
 これらのこと、そして将来のことを考えれば、面接前に永久脱毛しておくという選択肢もありです。


 特に青ひげやカミソリ負けに悩んでいる方は、一度体験脱毛を受け脱毛がどんなことかわかってくると思います。
 面接勝負の前にはメンズエステの電気美容脱毛。2〜3日前までに施術すれば面接当日には綺麗に仕上がっています。


 長期スパンで考えれば美容クリニック系の医療レーザー脱毛が断然おすすめ。
 あなたの生活シーンによって、脱毛を考えると良いでしょう。


 あなたの就活が無事成功することを切に願って。


関連コンテンツ
 ●長期スパンで考えるなら医療系が絶対お得
 ●即日効果の脱毛ならメンズエステTBC

お試し脱毛が安すぎる!1000円ヒゲ脱毛のメンズエステTBC





 メンズの脱毛といえばメンズエステが鉄板ですが、なかでもカウンセリング&お試し脱毛初回限定のキャンペーン価格が1,000円脱毛が魅力!




 メンズエステTBCのヒゲ脱毛の魅力は、即効性と永久脱毛の効果が高いこと。
 施術後すぐにヒゲがなくなり、一度脱毛した毛穴からはヒゲが生えてこなくなります。





 脱毛初挑戦の男子は、右も左も分からない方が多いので安心して通えるメンズエステがおすすめです。
 特に、青ひげに悩んでいたりヒゲを間引く、スタイリッシュな脱毛を希望する方はTBCのヒゲ脱毛と相性が良い。





 勝負の前の日にヒゲを脱毛するなどといった使い方もでき、自然に脱毛していくことができるので周囲にバレる心配はありません。
 ひげを1本1本処理していくため、全体を自然に薄くすることも可能。気がつけば、青ひげがなくなっていきます。





 一言に“ ヒゲの脱毛 ”と言っても、施術は難しく非常に高いスキルが必要です。
 電気美容脱毛は誰が施術しても良いわけではないんです。
できるだけ多くのお客さんの脱毛を施術し、認定電気脱毛士の資格を持っているエステティシャンに施術してもらうことが成功の秘訣。





 ヒゲ脱毛は、一度成功するとあなたが思っている以上に綺麗になるものです。





 TBCの脱毛は高い顧客効果を得ていますし、万が一の時はドクターサポートも付与されています。






 メンズエステTBCのヒゲ脱毛



 ・ 16万人以上の体験者・施術数
 ・ 高いスキルとノウハウを持つ
 ・ 初回限定1,000円脱毛
 ・ 明朗明確な料金体制
 ・ 無理な勧誘がない




 で、通うことができるメンズエステです。


メンズTBC フェイシャル

腰を据え納得できるまで通えるのが湘南美容外科クリニック、ヒゲ脱毛が4年間無制限



 最近では、男性の美意識の向上により多くのクリニックで男性のヒゲ脱毛の施術を受け付けています。
 その先駆け的な存在となったのが、湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛です。




 湘南美容外科クリニックのヒゲ脱毛の利点は、低料金かつ4年間通い放題という業界初の試みに挑戦した点。
 恐らくあなたも、一度は目にしたのではないでしょうか?





 女性の脱毛の場合、上のように6〜9回の施術でキレイに脱毛することが出来ます。
 しかし、男性のヒゲは足のパーツに比べ毛根が深いので、脱毛効果が現れ始めるのに少し時間が必要です。
 体験者のほとんどが、最初の半年間はまったく効果を得ることが出来なかったと回答しています。


 えっ!20回も通わないといけないの?


 多い方で20〜25回通って脱毛を行います。通う間隔は毛周期によって異なりますが、ヒゲは生え変わるサイクルは他の体毛とは異なり若干早いと言われています。( 1ヶ月半でひとつのサイクルが終わると言われています )


 1ヶ月に一度施術を行ったとしても、2年半はクリニックに通う必要があります。
 だから、湘南美容外科クリニックのヒゲ脱毛は、4年間無制限で通い放題なんです。それも一般的なクリニックとは異なり非常に安価な価格設定で。





 一般的に男性のヒゲは体毛の中で最も脱毛が難しい場所の1つとされています。
 レーザーを当てれば誰が施術しても同じ結果を謳っているクリニックもありますが、実は高いスキルが必要だったりするんです。


 照射漏れを防ぐことは基本的スキルのひとつにしか過ぎません。
 同時に、レーザーの出力を脱毛とやけどのギリギリのラインを見定めるノウハウやスキルを持っているのは症例数のクリニックしかないんです。


 一般的に美容外科業界は、症例数の多いクリニックを選択するという鉄板のルールがあります。
 患者数が多いということは、必然的に症例数が多くノウハウも蓄積されているというのが実例です。
 某有名美容外科に努めているタレント医師も、同様のことを書籍にまとめているので間違いはないでしょう。


 湘南美容外科クリニックは、

日本一の患者数・症例数
高いスキルとノウハウを持つ
多くの男性患者が通い
日本一安価で回数無制限


 で、通うことができるクリニックです。


【ヒゲ脱毛】オトコの根こそぎレーザー脱毛

湘南美容外科が痛くない無痛ひげ脱毛始めました!




 ヒゲの永久脱毛は痛いものだと考えられていました。同時に、日焼けをしていると脱毛は断られるという概念は取り除けません。
 しかし、脱毛器の進化により“ 無理 ”と思われていた無痛&日焼けの医療レーザー脱毛。




 新しい脱毛器の登場により、この概念が覆ってしまいまいました。その脱毛器が、↓↓↓これ↓↓↓



 無痛脱毛の共通点は、皮脂腺の下部にの“ バルジ( 毛母細胞 )”と呼ばれる部分が毛を作っていることがわかっています。
 これは薄毛治療の発展でわかってきた技術が脱毛治療に用いられた技術。脱毛業界もどんどん発展しているのがよくわかります。


 湘南美容外科クリニックの最新脱毛器である“ メディオスター ”と呼ばれる脱毛器。
 このメディオスターを使って、ヒゲの成長期から衰退期に合わせレーザーをバジルに照射することで、痛くない無痛脱毛することができるようになりました。



対応院:新宿本院、池袋西口院、池袋東口院、両国院、町田院、横浜院、藤沢院、川崎院、千葉院、名古屋院、大阪駅前院、MAME心斎橋院、京都院、神戸院、那覇院、札幌院、仙台院、SMC横浜院、SMC大阪院、新宿レーザー院(男性のみ)、西新宿男性レーザー院


↓↓↓無痛を実現!無痛脱毛なら湘南美容外科クリニック↓↓↓

ひげ脱毛


topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。