ホーム » 2016年01月

保険が使えない(;´∀`)ひげの永久脱毛は安く費用を抑えたい!




 ヒゲの永久脱毛やレーザー脱毛では、健康保険が使えないということはご理解いただけたかと思います。
 残念ですが、ほとんどの方が健康保険対象外の治療となり、いわゆる自由診療( 全額自己負担 )となってしまいます。


 私たちは、ここで選択しないといけません。


ひげ脱毛する? or しない?






 おそらくですが、このページを読み続けている方は、少なからずヒゲを永久的に脱毛したいと思っている方だと思います。



 保険適用かどうかを調べていた方は、脱毛の“ 費用負担 ”が気になっているのではありませんか?


ドキッ!!



 と、された方ご安心ください。脱毛は決して安い買い物ではありませんので、できるだけ安く信頼できるところで受けたいという気持ちは痛いほど理解できます。
 ヒゲを脱毛するなら、できるだけ効果が高くて費用が安く、そして信頼できるところで施術したいものです。


 チェックしておきたいのが、脱毛の施術方法クリニックの場所、あなたの仕事の忙しさです。
 施術方法は、レーザー脱毛( アレキサンドライトレーザー or ダイオードレーザー )がマスト。ヒゲ脱もは、YAGレーザーも人気ですが施術費用が高額になってしまうので、アレキかダイオードがマストです。


 次に、クリニックの立地場所と仕事の忙しさです。クリニックの場所は自宅または勤務先に近いところにあるところのが必須。
 脱毛スタート時は、テンションマックスなので足蹴なく通いますが、長期の保証があったり仕事が忙しかったりすると、徐々にクリニックに通わなくなってくるので、脱毛が完了せずに保証期間が終了してしまいます。


 見た目だけの金額に踊らされると、最終的に高額な施術料や脱毛が終了しないなどデメリットを被る可能性が高い。
 最後に、費用と保証期間を考えると健全経営で全国展開しているクリニック( または全国展開を視野に入れたクリニック )を選択するべきです。



 これらの条件をクリアしているクリニックの場合、男性の仕事の時間を考慮し“ 20:00まで ”営業しているのがほとんどです。
 それも、立地条件も抜群で主要駅から徒歩数分というものばかり。



 ヒゲの永久脱毛に保険が使えなかったとがっくりした方も、安価な価格で脱毛することができますよ。
 ちなみに、クリニックによって対応は異なりますが、予算に応じてオーダーメイドに脱毛してくれるクリニックもあるので、事前のカウンセリングでチェックしてみてください。


topへ戻る

Return to page top