ホーム » 2013年03月

ヒゲ脱毛の事前カウンセリングは、あなたのペースで進めるべき!

 病医院でヒゲを脱毛する場合、必ずと言ってあるのが事前カウンセリング。
 有料・無料様々なものがありますが、このカウンセリングは事前の準備をしてしっかりと望んでおくことをおすすめします。


 数年前まで「 脱毛の駆け込み寺 」的存在であった“ 高橋医院 ”が廃院したため、色々なお客さんが脱毛できる有料な病院を探しています。
 そこに目をつけたブラック医院が積極的に広告をうち、お客さんをかっさらっている現状があるそうです。


 で、このような被害に合わないためにも、事前カウンセリング時の医師または看護師の受け答えに細心の注意をし、病院の見極めを行いましょう。
 自医院の特徴やコースの流れなど、マニュアルに書いてあることしか説明できない病医院での脱毛は辞めておきましょう。


 コミュニケーションで医師との疎通がしっかりと計ることが出来ない病医院は、どんなに環境がよく安価な脱毛費用だったとしてもやめておくことが得策です。
 だって、あなたは「 ここの病院でダメだったら、ひげ脱毛諦めよう! 」という意気込みでその病院を選んでいるわけですよね。


 それなら、あなたが思い描く理想の病院であるかどうかを事前のカウンセリングでしっかりと確認する必要があります。
 カウンセリングでは、医師が脱毛施術に必要なことを確認・診断を行うと共に、あなたが脱毛に抱えてる悩みを明らかにし、どのような治療方針でいくのかを決定していく場です。


 脱毛を真摯に取り組んでいる病医院では、患者さんからの些細な疑問や不安などを聞き、それらの問題をどのようにしたら解決に導けるかを医師・患者双方で考え導き出していきます。


 「 本当にこんなつまらないことを聞いていいの? 」という不安や疑問をカウンセリングで思いっきりぶつけてみましょう。
 鼻で笑われるか真摯に対応してくれるかで、その病医院が脱毛にどれだけ力を入れているかわかります。


例えば、
 どの部位を、どれくらいの時間をかけ、どれくらいの予算で脱毛するのか?
 痛みはどの程度あるか?脱毛後の炎症は起こるのか?その他脱毛するときの注意点やトラブルは?


 医師にとっては当たり前でも、脱毛デビューの方には初めてのことばかり。
 お客さんがほしい悪質な医師は、ここで「 都合の良い答え 」ばかり話してきます。逆に紳士的な医師は、「 すべて正直な答え 」を話してくれます。



 ここまで紹介すれば、もうお分かりですよね。後者のお医者さんが優良なお医者さんであることは間違いないし、あなたが漠然と感じているヒゲ脱毛の不安も少なからず解消されていると思います。
 気がついたら契約書にサインし印鑑押してるかもしれませんね(笑)


 長くなりましたが、本物のカウンセリングというのは、お互いの意見や主張を洗い出し、問題解決に向けお互いが歩んでいく方向性を決めるためのものなんです。
 カウンセリングとは名ばかりで、自医院の料金やコースの内容、関連商品の勧誘ばかりを行う容易な病医院では脱毛やめておくのもひとつの選択肢だったりします。

タグ /

こんな病院は嫌だ!これだけは避けたい5つの問題



 いきなり本題です。病院でひげ脱毛する場合、“ こんな病院は避けたい5つのポイント ”を紹介します。
 過去に紹介した「 病院の選び方 」と合わせて参考にしていただければと...


 ・ 患者とのコミュニケーションが取れない医師
 ・ 事前のカウンセリングや説明が不十分なまま、さっさと脱毛を開始する。
 ・ テスト脱毛・テスト照射をせずに、脱毛を開始しようとする。
 ・ 脱毛に必要な費用や回数の提示がない。
 ・ 後払いや都度払いなど複数の支払い方法を準備しているが、前払いで全額払わせようとする。


 これらのポイントは、実際に病院でカウンセリングとテスト脱毛を体験してみないとわからないことばかり。
 口コミサイトやtwitter、掲示板などで情報収集しても実際に“ あなた ”が体験してみないことには...


 私がブログでおすすめしている“ 複数の病院を比較検討する ”のが失敗しない病院選びの秘訣です。
 でも、この方法は時間がかかる( 場合によっては費用もかかる )のが玉に瑕なんですが。


 最初苦労して調べておくか、簡単に調べて後から後悔するかで満足度が違います
 後者の場合、脱毛完了前に病院に通うの辞めてしまうかもしれないですし


 上記に上げた5つのポイントは、私の体験談とお医者さんから耳にした情報を掛けあわせたものです。
 事前のリサーチでしっかりした病院を選択すれば、病院選びで失敗しにくいですが少しでも不信感を抱くようなら他の病医院と比較検討する!
 あなたが「 この病院( 医師 )になら安心して脱毛を任せられる 」と思えるところで脱毛を受けるようにするのが失敗しない秘訣だったりします。

タグ /

そもそも、どこで“ ひげ脱毛 ”するか悩んでる。決めかねてる方はカウンセリングの感触で決めてみては?

higenayami.jpg
 ヒゲを脱毛する理由は様々。

  「 毎日のヒゲ剃りが苦痛 」
  「 ヒゲ剃ると出血がひどい 」
  「 青ひげが酷く人前に出るのも嫌! 」
  「 カミソリ負けがつらい 」「 仕事柄... 」


 家庭用のレーザー脱毛器やエステのレーザー脱毛なるものを広告で目にすることがあります。
 でも、本物のレーザー脱毛は病医院でしか受けることができないので、レーザー脱毛は病医院を基本に探していくことをおすすめします。


 以前、「 病院選びの方法 」を紹介させていただいたことがあります。
 これをじっくり読んでいただければ、病院選びの基本はわかると思うんですね。でも、そのとおりの病院を探すのは一苦労。


 紹介した私も、東京や名古屋、大阪、福岡など大都市ならいざしらず、地方や田舎などですべての条件を満たす病院があるのか?と問われれば、疑問符がつきます。( これが本音です。)
 とはいえ、病院で受けるレーザー脱毛は、“ 医療行為 ”に分類されるのでしっかりした病医院で受けるのがヒゲ脱毛で失敗しない秘訣。


 実際に、病院探しをしてみるとぶち当たる壁が一つあります。


 結局、何処の病院がいいの?


 探す方法は、ネットやフリーペーパー等いろいろな媒体を使って探してみればいいと思います。
 でもでも、探せば探すほど、どの病院がいいのか分からなくなってきます。
 その理由は、各々の病院が自由に情報を発信しているから!です。


 読んでる資料は、お客さんを集める「 広告文 」。
 良いことは積極的にアピールしてますが、悪いことは書いてない、または消極的なアピールに終わってます。
 病院ごとに発信している情報が異なるので、私達患者はどの情報を信じていいのか分からなくなってしまうんですね。


docter01_a02.png
 迷ったら時間とコストはかかるけど「 複数の病院でカウンセリングを実際に受けてみる。」のもありです。
 「 このお医者さんなら、俺の脱毛任せてもいい! 」理想は、このようなお医者さんに出会うことです。
 その次に、予算の問題であったり脱毛器の種類の問題であったりします。


 医師と患者という関係性はあるものの、お互い人間同士。
 フィーリングが合わなければ、どれだけ優秀な医師でも通い続けることはできません。
 少しでも不信感や不安を抱くようなら、他の病院を訪ねて見ることをおすすめします。


 結局、あなたが安心して脱毛を任せられる病医院( 医師 )で脱毛を受けるのが脱毛成功の近道です。

タグ /

ヒゲ脱毛と毛周期┃毛周期は診断は医師に任せ僕たちは脱毛に集中すべき!

 以前、こんなタイトルで情報を紹介したことがあります。

 「 ヒゲのレーザー脱毛は毛周期をしっかり考慮して

 ヒゲの毛周期について、簡単ではありますが紹介した内容です。


 ひげ脱毛しようと思っている方が、毛周期をしっかり考えて脱毛計画を立てないと(悩)


 正直言うと、医学的知識の乏しい僕達がヒゲの毛周期をしっかり理解することは少し難しいかもしれません。
 ヒゲマニアの方は別ですが...


 毛周期が気になっている方は、『 どのくらいの間隔で病院に通えばいいか 』が気になっているのではないでしょうか?
 「 病院から1ヶ月半から2ヶ月に一度通ってください 」と言われたけど、この期間って妥当?
 「 ヒゲが早く綺麗になるなら毎週でも通いたい 」これってダメなの?
 「 病院に通う間隔って、どのくらいの間隔がベストなの?病院の言うこと信じていいの? 」などなど。


 ヒゲの生えるスピードには、もちろん個人差があり千差万別です。
 一括りにすることは難しいですし、実際に脱毛をはじめてみて毛周期が分かるケースも多くあります。


 例えば、12回通うといま生えているヒゲが綺麗になる方がいるとします。
 そのような方は、『 最初の6回は1ヶ月半から2ヶ月くらい。そして残りは2ヶ月半から3ヶ月くらいのペース 』となるケースが多いようですね。
 最初は、いま生えているヒゲに対して徹底的にアプローチし、終盤は新しく生えてくるヒゲにアプローチしていく感じかな。


 医学会の発表でも『 毛の毛周期 』に関する論文もあるようです。
 この論文の中では、ヒゲの毛周期は『 休止期間が約2ヶ月、成長期間が約1年 』とされています。もちろん個人差はあると思いますが。
 この毛周期から考えても、1ヶ月半から2ヶ月のペースで脱毛に通うのがベターではないかと。


 病院で脱毛する場合、ほとんどの方が自由診療となり高額の費用負担を強いられるケースが多い。
 1回あたり10,000円以上の費用負担というケースも多く、効果が感じられなかったら気の焦りもでありますね。


 脱毛即効果


 を感じるケースは限りなく少なく、脱毛は気長に取り組んでいくしかありません。
 脱毛を終えた私が個人的に思っているのは、毛周期を徹底的に勉強してもあまり意味を感じなかったことかな。
 結構マニアックに勉強したりしましたが、正直あまり役に立たなかったというのが実感かな。


 1回のレーザー脱毛から効果を実感できるまでのタイムラグの把握には役に立ちましたが...
 毛周期の勉強は、あまりマニアックに勉強せず診断はお医者さんに任せてもいいのではないかと考えたりもしています。
 脱毛にしっかり集中したり、ダウンタイムの過ごし方とかレーザー照射後のヒゲの状態の把握などに注力しても良しだと思います。


 毛周期の知識について必要なのは、お医者さんの嘘を見抜く程度で十分かも。
 例えば『 2ヶ月に1度の来院ペースなのに、2週間に一度来院ペースを進める 』などなど。
 2週間といば一度目のレーザー照射の効果がやっと現れ始める頃。そのタイミングで新たにレーザーを照射しても、あまり意味を感じない( 実感しない )と思います。


 脱毛は『 量より質 』と個人的には考えています。
 『 下手な鉄砲数撃ちゃ当たる 』よりは、レーザーをヒゲに的確に当てていくのが理想です。
 ほとんどのまっとうなお医者さんは後者の考えの方が多いので、そのようなお医者さんがいる病院では不思議と失敗の数も少なくなってきます。


 毛周期について長々とお話しましたが、脱毛に集中するためにはやはり病院選び( 医師選び )がかなり重要かと思います。
 多少高くても数を多くこなしている病院が理想ですし、下手でも一定額の負担で無期限無制限でレーザーを照射できるという選択もありです。
 メリット・デメリット様々な背景を考えながら、レーザー脱毛ができる病院を選ぶ必用があるのかもしれません。

タグ /
topへ戻る

Return to page top