ホーム » 2013年02月

アトピーなどアレルギー体質や敏感肌の人でもヒゲ脱毛できる?

 アトピー持ちな私。敏感肌でアレルギー体質の僕。
 こんな僕達、私達でも毎日のヒゲ処理が面倒でホント大変。

 顔に蕁麻疹が出る方やアトピーがポツポツでいる方でも、毎日伸びるヒゲはどうしても気になってしまいます。


 ・ヒゲを薄くする薬で何とかならないかなぁ〜〜?
 ・毛抜きで抜けば一時的に楽になるけど、すぐ生えるし...
 ・脱毛テープや脱毛ワックス、除毛剤などヒゲ脱毛に使えないものが多いし(悩)


 ヒゲ処理で代表的なのは、やはりカミソリ使ったヒゲ剃りと毛抜きを使ったヒゲ抜きだと思います。
 敏感肌や肌が弱い方は、カミソリより毛抜きでの処理を選んでいる方が多いかもしれないですね。


 毎日傷だらけのリスクや、延々と続くヒゲの処理にうんざりしている方
 このような方は、思い切って“ ヒゲをレーザーで脱毛してしまう ”ことをお勧めします。


 アトピーなどアレルギー体質の方や敏感肌の方は、ヒゲ処理時に十分なくらい注意して処理していると思います
 でも、ヒゲの処理は肌に外部から刺激を与えているため、あなたが思っている以上に肌にダメージを与え続けています
 ヒゲをレーザーで脱毛してしまえば、毎日のヒゲ処理の苦痛から開放されることは間違いありません。


 でも、「 レーザーを当てたら蕁麻疹やアトピー、敏感肌の症状が悪化しない? 」と心配される方もいらっしゃいます。
 安心してください。お医者さんいわく、レーザーが原因で蕁麻疹やアトピーが悪化したという症例はないようです。
 でもやっぱり心配だ!という方のために“ ワンショットだけ ”などお試しで脱毛し、自分自身の目で状態を確認することができるのがレーザー脱毛の最大の強みです。


 ここからが、ちょっとだけ注意しておいてほしいことがあります。
 それは、アトピー性皮膚炎でヒゲ周りに濃い色素沈着ができてしまっている方です。


 アトピーで濃い色素沈着ができてしまっている場合、レーザー脱毛できないケースもあります。
 「 脱毛する( したい )! 」と決心された方は、自己判断せず形成外科や美容外科でお医者さんに相談して見ることをおすすめします。


 「 自分の判断ではレーザー脱毛できない 」


 と判断したとしても、専門医の判断は別のところにあるかもしれません。
 できないと考えていたけど、診断の結果レーザー脱毛可能というケースも多々。
 自己判断で脱毛を諦めてしまうのがダメダメなケースなので、プロの診断を一度は仰ぎましょう!


 病院はメンズエステとは違い、執拗な勧誘もありませんし一部の医療機関では無料カウンセリングや格安のテスト照射というのもやってます。
 女性が多く通ってますが、最近ではひげの脱毛で形成外科や美容外科に通っている男性も多いです。
 勇気を振り絞って、“ カウンセリングの申し込み ”を行なってみるのもありですね。


 最近では、通院している男女比率を教えてくれる病院も多いと聞きます。
 電話などで面と向かって聞くのが恥ずかしければ、申し込み後に、メールで“ コソッ ”と聞いてみるのもひとつの手ですね。
 

 ● 男性が多く通っているクリニック ⇒⇒⇒ 東京イセアクリニック
 ● 何より値段が安い!男性も密かに通う美容外科 ⇒⇒⇒ 湘南美容外科クリニック

タグ /

ヒゲのレーザー脱毛と癌│レーザー脱毛を続けると癌になるのか?

 ヒゲをレーザーで脱毛を検討されている方で、副作用や後遺症のことが気になっている方がいらっしゃるかもしれません。

docter01_a02.png

 健康な肌にレーザーを照射するので“ 癌や皮膚に害 ”がないか心配されている方が多い。
 真実はどうなのか?美容外科の先生にお話を聞いてみました。




 先生いわく、

 レーザー脱毛で最も心配しないといけないのは、“火傷”だそうです。
 ( 私の考えと一緒でした(笑))
 レーザーは皮膚の中にあるメラニンに強く作用する性質を持っています。
 メラニンの沸点は非常に高いため、その温度に肌が耐え切れず火傷をおってしまう。というのです。




 先生は肌へのダメージについて、
 患者さんが一番心配するのが、レーザー脱毛による癌と肌へのダメージの発生。
 しかし、レーザー光線は皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所までしか届かないようになってます。
 内臓や血管など重要な組織にレーザー光線が届かないいため、悪影響はありません。とのことでした。




 同時に癌についても聞いてみました。
 癌は非常に厄介なもの。レーザーを肌に与えるため、皮膚ガンのリスクを心配される方がいます。
 皮膚ガンの原因は多量の紫外線と言われてます。レーザー光線は赤外線に近いため心配はありません。
 紫外線と赤外線。言葉は似通っていますが両者の性質は全く異なるものですから心配は無用です。とのこと。




 私は絶対大丈夫。と思っていたことですが、先生が説明してくれたので、なんだかスッキリ感じがします。
 レーザー脱毛が日本に誕生して30年程度の歴史があります。
 この30年の間にレーザー脱毛やレーザー治療を受けた患者さんは、数万人と言われたりもします。


 レーザー光線が肌に悪影響を与えたり、副作用( 特に癌 )などがあれば...
 何かの形で報告や報道されていると思います。
 というか、皮膚ガンなどのリスクがあるなら、既に使用中止になっていると思います。


 これまでのことで分かる通り、ヒゲをレーザーで脱毛する場合、火傷のリスクはありますが肌へ与える影響や皮膚ガンの心配は無用です。
 極希に、レーザーに対するアレルギーや光に対するアレルギーのある方もいるので脱毛前のカウンセリングで、しっかりと確認しておくことが大切です。


 不安が残ったままで、脱毛を始めるのは良くないですね。


 優良な病院や優秀な医師は、「 患者さんとのしっかり対話ができる方 」というのが必須条件です。
 患者の言葉に耳を傾けることができない医師のいる病院は、評判がよかったり費用が安価だったとしても選ぶべき病院ではないと私は考えてますよ。

タグ /

レーザー脱毛による後遺症や副作用の心配は?

 ヒゲのレーザー脱毛を検討している方が、カウンセリングなどで実際よく聞かれる質問の1つが


 『 後遺症や副作用



 の問題です。


 健康な体に治療として医療レーザーを照射することになります。
 だから、何らかの副作用が出ないか?後遺症はないのか?心配になるのは当然だと思います。
 上でも書きましたが、男女問わず脱毛前のカウセリングの時によく聞かれる質問が、「 身体への害がどのくらいあるのか? 」ということだそうです。


 まず、最初に結論からお話すると、ヒゲを医療レーザー脱毛する場合の副作用や後遺症の心配はありません
 医療レーザー脱毛というのは、医師が研究に研究を重ね安全性を確認した上で始めた医療行為の一つです。
 ( 実際に多毛症という病気を治すために用いられている医療行為の一つ。健康保険が適用出来るケースもあります )


 医療行為とは、体の悪い部分を治療する行為のこと。倫理的に考えると医師が身体に悪影響を与えるような行為をするはずがないと考えるのが普通です。
 お医者さんに質問すると、このような答えが返ってくると思います。


 で、ヒゲの医療レーザー脱毛で本当に後遺症や副作用がないのか?
 ネットで得ることが出来る情報ですが、体験談を中心に調べてみました。


 最も多く報告があったのが“ 火傷 ”の有無。
 一時的な痒みやニキビ、毛嚢炎、埋没毛などは、治療時に伴う反射的反応であるため除外します。


 ※ 火傷 ※
 医療レーザー脱毛で最も注意しないといけない副作用が、火傷です。
 事前のカウンセリングで肌の状態と毛の太さ、毛並みなどをしっかりチェックしテスト照射で、照射レベルの把握をしておけば防げる副作用の一つ。
 脱毛を熟知した医療機関でレーザー脱毛をすれば、火傷のリスクは軽減出来ます。




 「 医療レーザーを体に当てると、血管や内臓に悪影響を与えることはないのか? 」


 と、心配されている方もいらっしゃると思います。でも、この可能性も除外することができます。
 そもそも医療レーザーは、皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所にしか届かないようになってます。


 この3〜4ミリの場所には、“ 毛の毛根 ”がある場所。
 主要な血管や臓器は、毛の毛根よりもさらに奥底にあるのでレーザーが血管や臓器に届くことはありません。


 同時に、医療レーザーの照射で皮膚ガンを心配される方もいます。
 皮膚ガン発症の原因の一つとして、「 多量の紫外線を浴びること 」と言われてます。
 医療レーザーの光は赤外線に近い性質を持っているため、レーザー脱毛で皮膚がんの心配をする必要もないんですね。


あわせて読みたいピックアップ記事
 ● ヒゲのレーザー脱毛と癌│レーザー脱毛を続けると癌になるのか?

なぜ?営業マンのヒゲ面は嫌われるのか?

 前回、『 営業マンのヒゲ脱毛│営業マンは見た目や印象が大切です! 』という内容でたっぷりとお話しました。
 では、今回は『 なぜ?営業マンのヒゲ面は嫌われるのか? 』について少しお話してみたいと思います。


 “ ヒゲを伸ばす ”という行為は、自己満足の行為でしかありません。( 日本の場合... )


 ヒゲの手入れが面倒ヒゲを使っておしゃれを楽しみたいヒゲを蓄えて貫禄をつけたい
 ヒゲを蓄えている方それぞれの意見や考えがあると思います。

 でも、冷静に考えてみると、第三者からの強い要望でヒゲを蓄えている方というのは、ごく限られた人数しかいません。
 普通に考えると、自分中心というか主観的というか。
 他人があなたと対面で話をする場合の事は微塵も考えてなく、ヒゲを蓄えているだけなんです。


 では、なぜ“ 営業マンがヒゲ面が嫌われるか? ”ですが、お客さんの立場で考えると事は明白。
 「 営業マンを何処まで信頼出来るか? 」に焦点があるからです。


 営業マンの売り込みで、何か物を購入したことがあなたにもあるはず。
 会社を信頼して購入するケースが多いと思いますが、“ この営業マンだから ”という理由で欲しかったものを買った経験もあるはずです。


 大切なのは、この“ 営業マンだから ”というポイント。
 そんな営業マンがヒゲ面だったらどうでしょう?
 お客さんがヒゲ面の営業マンを見た時最初に感じることは、“ えっ!? ”です。


 “ 不潔やがさつ ”ではなく、“ えっ!? ”です。
  ※ ここでいうヒゲ面は、ヒゲを整えている方だけでなく無精髭の方も含みます。


 日本は、ヒゲを剃る文化が根強いです。
 髭を蓄えている方は、芸能人やプロスポーツ選手、ベンチャーの社長などなど。ごく一部の方ばかり。
 テレビや雑誌でヒゲ面を見慣れていたとしても、実際に自分と接触する方がヒゲ面だったら、“ えっ! ”となります。


 インパクトがあるようで良さげな感じもしますが、この“ えっ!? ”はネガティブ要素満載の“ えっ!? ”です。
 ヒゲを綺麗に剃っている営業マンと比較すると、スタートダッシュで負けてます。
 ここから挽回するためには、ありとあらゆる手をつくし、やっと同じラインに立つこととなります。


 だからなんです。トップセールスマンといわれる方たちが、ヒゲを蓄えていないのは。
 営業マンで日本トップクラスの販売数を獲得し次のステップに進んだ方なら、ヒゲを蓄えることは許されるかもしれません。
 でも、日本の文化にはひげを蓄える文化は定着しきっていないので、仕事に打ち込もうと考えている方( またはしっかりと営業成績を残そうと考えている方 )は、ひげを綺麗に整えておく必要があります。


 まぁ、最低のマナーですね。
 特に女性のお客さんを相手にしている営業マンの方は、絶対にひげを綺麗に処理しておくことは必須です。
 できることなら、永久脱毛でもして青ひげや泥棒ひげ、赤み、カミソリ負けなどは予防しておきましょう。


 ちなみに、女性のお客さんで「 ヒゲを蓄えた営業マンから商品を購入しなかった 」と答えた方は、

 ・ ヒゲが伸びてて不潔。こんな人はしっかりとアフターサービスしてくれそうにないから他の人から購入しよう。
 ・ 売り込み来るような身だしなみではない。論外。  などなど。


 かなり手厳しい意見のようです。
 一生続けていくと決めた仕事なら、やはりヒゲを使った自己満足のおしゃれは慎むほうが無難です。
 “ 社員規則に記載がないから ”と子供じみた理由を口にして、会社と戦うことも避けたほうが無難です。

タグ /

営業マンのヒゲ脱毛│営業マンは見た目や印象が大切です!

 基本、ヒゲ面NGの営業マン。毎日のヒゲの手入れに苦慮しているのではないでしょうか?
 今回の内容は新人営業マンの方にも読んでおいて欲しかったりします。


 一風変わった営業マンは、ヒゲ面で仕事をしている方もいます。
 営業マンは、最初のインパクトが必須。その意味から考えれば、“ ヒゲ面 ”はひとつの武器になるのかも。


 でも、ほとんどの場合、この“ ヒゲ面 ”は、マイナスにしかなりません。
 と言うか、ヒゲを生やして出社した時点で上司からキッツイお叱りを受けることになるでしょう。
 ヒゲは武器になることもありますが、仕事において足かせになることのほうが多いので、綺麗に手入れしておくことをおすすめします。


 毎朝のヒゲ処理に苦慮している方が多いと耳にしています。私も、お客様とお話することが多いので、毎朝のヒゲ処理には苦慮してました。( すでにヒゲは脱毛したので、毎朝の苦慮から開放されたのはいうまでもありません )

 毎朝ヒゲ剃っている方は、何処まで道具に拘るか?アフター・ビフォアーの手入れは?剃り方はどの方法か?などなど。
 もしかしたら、ヒゲ剃りは毎朝やることと決まっているので、何も感じることなく延々と手入れしているのかもしれませんね。


 仕事のキレる営業マンともなると、徹底した自己管理で「 ウェイトコントロールと見た目 」にはかなりこだわっています。
 出来る営業マンのほとんどが、ヒゲを脱毛しているという事実もあると耳にしています。確かに一理あるかもしれません。
 毎日10〜20分。髭の手入れに時間をかけるくらいなら、もっと他のところに時間を割きたいと考えている人は多い。


 一時的な出費は痛いけど、脱毛が完了してしまえば「 週に一度くらい 」のメンテナンスでことが足ります。
 メンテナンスの間隔は個人差があり、「 10日に一度 」の人もいれば「 20日に一度 」の人もいるようです。
 ( ちなみに私の場合は、週に一度程度。軽く電気シェーバーをあてるか、安全剃刀で薄く剃ってあげるだけ。)


 とはいえ、即脱毛とはならないと思うので、お手入れの基本を1つ。
 ヒゲ剃りセットは最低でも2つ準備しておいてください。
 自宅用と会社用の2つ!これは必須です。


 自宅用は、それこそプロ仕様でも問題はないです。お財布と時間両方と相談しながらこだわれるだけこだわりましょう。
 問題は会社。ここは理想と現実とを考えながら、準備していくことになります。


 まぁ会社でヒゲを剃る場合、「 シェービングローションと電気シェーバー、アフターシェービングローション 」くらい準備出来れば大丈夫でしょう。


 シェービング前後に使うローションは、あなたの肌に合うものを試行錯誤してみてください。
 外気に肌を晒すことになるので、ローションは殺菌作用のあるものがお勧め。


 電気シェーバーが悩みどころですね。個人的には、短いヒゲをしっかりと深剃りしてくれるポテンシャルの高いアイテムを選びたいところ。
 個人的に注目しているのは、オネエやヒゲが濃い芸人さんが愛用しているPanasonicのラムダッシュに注目してます。


 日本国内のシェアの相当層を分け合うのがブラウンとラムダッシュ。肌質と毛質との相性があるので、あなたにマッチした電気シェーバーを選ぶ必要があります。
 私はブラウンとラムダッシュ両方使ったことありますが、「 ブラウンはヒゲを刈る 」「 ラムダッシュはヒゲを剃る 」といった違いがあるように感じました。

 ※※ ブラウンの電気シェーバーのお求めは、こちら
 ※※ ラムダッシュの電気シェーバーのお求めは、こちら


 見た目が命の営業マン。最低限の肌の手入れ、ヒゲの手入れ。そして体のライン維持とウェイトコントロールは必須です。
 特に、無精ヒゲは嫌われる傾向にあるので、毎日しっかりと手入れしておきたいものです。


 次回は、「 なぜ、営業マンはヒゲが嫌われるのか? 」について、少しだけお話してみたいと思います。

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。