ホーム » 2012年12月

レーザー脱毛は、部位によって効果に差がある?脱毛しやすい箇所と脱毛しづらい箇所

 脱毛しやす箇所と脱毛しづらい箇所がある?


 この表現は適切ではないですが事実なので、あえてこの表現でいきます。
 ポイントはレーザーの強さとヒゲの密度。ヒゲの密度が濃く「 レーザーの照射レベルを上げることができない 」部位は脱毛効果が悪くなります。
 そう、脱毛しづらい箇所なんです。


 鼻下やアゴヒゲは、ヒゲの密度が濃い傾向にありレーザーを照射しても脱毛効果が得づらい
 逆に、頬や首のヒゲは密度が薄い傾向にあるので、レーザーの脱毛効果がとても得やすいです。


 医師の管理下でレーザー脱毛を行うとしても、火傷のリスクを常に考慮しとかないといけません。
 あまり知られていないことですが、レーザー照射の際部位によって出力レベルを微調節してレーザー照射が行われています。


 脱毛序盤戦は、「 ヒゲの密度を下げる 」という目的もあります。
 序盤戦で徐々に密度を下げていき、密度が下がったら積極に照射レベルを上げていくことになります。
 これらのメカニズムから考えれば、やはり「 頬のヒゲ 」は脱毛しやすく「 鼻下やあご(下)」は効果が出にくい箇所であると言えます。


 ちなみに、レーザー脱毛後の効果の表れ方にも「 箇所と個人差 」が大きく影響しています。
 毛根が比較的表皮に近い位置にあるヒゲは、レーザーの強さだけで毛根が吹き飛ぶくらい効果があります。
 ヒゲが抜け落ち始めるのは、3日〜3週間程度を要しているのが現状のようです。

タグ /

毛抜きでヒゲを抜いてる方がプロの脱毛を始める前に準備しておくことは?

 普段、毛抜きでヒゲを抜いている方が、ヒゲ抜きに限界を感じ脱毛を決心!
 まず、このような方は脱毛が可能かどうかが不安だと思います。


 結論から言うと、脱毛可能です!


 でも、一つだけ条件がつきます。脱毛をやる!と決めてから脱毛が完了するまで“ ヒゲを抜かない ”ことが大切。
 ヒゲ抜きを止めて、約2ヶ月程度経過したら次のヒゲが生え揃っているので、その時点から脱毛を始めることができます


 ここで、どうして2ヶ月間も時間を開けないと脱毛できないの?


 と、考えるかもしれません。
 この2ヶ月には理由があります。ヒゲには毛周期という生え変わりのサイクルがあります。
 ヒゲ抜きは自然に行われている毛周期を狂わす行為の1つ。


 新しいヒゲが生え揃う前でもレーザー脱毛は可能ですが、最大限の効果を得ることができません。
 抜いていたヒゲが新しく生え揃うまで、時間をしっかりかけヒゲがひと通り生えそろったらいざレーザー脱毛!です。


 生えそろったヒゲにレーザーを与えると、ほぼ確実に何らかの効果が現れます。
 でも、極稀に「 レーザー脱毛しても全く効果が出ない 」「 逆に濃くなった 」という方がいます。
 このように訴える方のほとんどが、「 レーザー照射の数日前までヒゲ抜きしていた 」というのが原因なんです。


 せっかくヒゲをきれいにするためにレーザー脱毛するわけですから、ヒゲ抜きで目先の綺麗さを求めるのは“ グッと我慢する ”ことが大切です。
 ちなみに、レーザー脱毛でヒゲが濃くなったという方は、次のサイクルのヒゲが生えてきたのが原因。

 レーザー照射で体毛が濃くなるなら、最先端を走る薄毛治療などに利用されているはずです。
 現時点で、薄毛治療にレーザー治療が用いられていないことを鑑みると、レーザー照射でヒゲ前より濃くなることは考えにくいでしょう。


 最後に、ヒゲを手抜きしていた方がレーザー脱毛受けるのを決心した場合、手抜きを止め2ヶ月間時間を空ける
 ある意味ヒゲ抜きがになっていると思いますが、ここはグッと我慢。どうしても抜いてしまう方は、思い切って毛抜きを捨ててしまうという究極の技もあるので参考にしてみてください。

タグ /

レーザー脱毛と脱毛効果 │ 脱毛してから何日後に効果を実感?

 これからヒゲ脱毛を始める方。そして、緊張の脱毛が終わり“ いつヒゲが抜けるのか? ”が気になっている方。


 いざ!チャレンジ!!


 病院選びや価格調査、そして申し込み ⇒ カウンセリングが終わった時点で、恒常的に気になるのがいつ・どのタイミングで効果を実感することが出来るか?だと思います。


 実際に脱毛しても、全然ヒゲが抜けて来なかったら“ 失敗かも(汗)”と。。。
 病院選びに失敗したかなぁ〜〜。費用も結構高かったし、正直へこむ。勉強代と割り切るのにはちょっと厳しいかぁ〜〜


 はじめての挑戦では、何かと不安が拭いきれませんね。
 脱毛でも同じ。1回の料金やコース料金がそれなりに高額で、それなりに痛みにも耐えてきているので...


 脱毛には個人差がある!と耳にたこができるほど聞いている方も多いと思うので、このブログでは少し突っ込んだお話を。
 選択する脱毛技術に応じて効果の現れ方に弱化の差があります。
 このブログでは、ヒゲ脱毛はレーザー脱毛を推奨しているのでレーザー脱毛での脱毛効果について踏み込んでご紹介してみたいと思います。


 ヒゲには脱毛効果が現れやすい部分と、いつまでたっても脱毛効果を実感できない部分とがあります。
 比較的効果が出やすいのが“ 頬のヒゲ ”。逆に効果が出にくいのが“ 鼻下のひげ ”
 これは私も実感しているので間違いないことですし、多くの脱毛経験者の方も同じように言われてます。


 で、ここからが重要。実際にヒゲ脱毛の効果を実感し始めるのが、最短で“ 3日目 ”から。最長の方で“ 約3週間後 ”とかなり振り幅が広い状態にあります。
 強者になると、1回での脱毛では効果を実感することができないという方もいます。
 ( このような方は4回目のレーザー照射終了後、一気に脱毛効果が促進した!とおっしゃられてました。)


 ちなみに、巷で言われる光脱毛や電気美容脱毛では、同様の効果が得られるかどうかは疑問が残るところ。
 極度に痛みに弱い方でレーザーの出力を抑制し照射されている方は、同様の効果が得られにくい傾向にあります。


 高い効果を得るポイントは、やはりレーザーの出力にあるでしょう。
 火傷にならない程度に出力のレーザーを高めると、悶絶するような痛みに耐えながら脱毛を行わないといけないため、上手に笑気麻酔などを活用して快適に脱毛していくと、高い効果を得られます。


 これからヒゲ脱毛を受ける方は、やはりしっかりとした実感を感じながら脱毛したいと思うはずです。(私がそうでした)
 脱毛のことを調べてみたけどよくわからない。または効果性の高い脱毛をお望みの方は、日本人の肌に適したダイオードレーザー脱毛や、ヒゲ脱毛マニアに人気のYAGレーザー脱毛などで脱毛するのが無難。


 出来る事なら両方の脱毛機を完備している病院・クリニックを選びたいところですね。


 ● 2大エース「 ダイオードレーザー・YAGレーザー 」完備のクリニックは、東京イセアクリニック!!

タグ /

ヒゲ脱毛を始める適切な年齢は? 何歳から始めるのがベストか?



 ヒゲの永久脱毛は何歳から始めるとメリットが高いのか?







 ・ 青ひげが目立って不快
 ・ 永久脱毛の利点



 これらの欲求を満たすべく、いろいろ情報を集めている方が多いと思います。



ヒゲの永久脱毛は何歳から始めるのがベスト?




 ヒゲの状態や肌の具合、懐事情によって個人差はあります。年齢だけを考えると、25歳前後が理想だと考えます。
 ちょうどヒゲが濃くなるころが、この年齢です。
 あまりにもヒゲが濃くコンプレックスに感じていたり、青ひげが目立って不快、ヒゲの処理が大変だったり悩んでいる方は、もっと早くても問題ないでしょう。



ヒゲ白髪が目立つ前に脱毛するのが理想







 早い方なら28歳前後から、ヒゲの白髪化が目立ち始めるのではないでしょうか。30代になると徐々に目立ち始めます。( 個人差あり )
 レーザーでヒゲを脱毛する場合、白くなったヒゲにはレーザーが上手く作用しないので、脱毛しきれません。


 30代ですべてのヒゲが白くなっていることは考えづらいですが、数カ所ポツポツと白髪化したヒゲが残るのも困りもの。
 まぁ、ヒゲ白髪だけを抜いてしまうとか、メンズエステの電気美容脱毛で処理してしまうという選択肢もあるので、30代でも遅すぎるというわけではありません。


 40代、50代でも遅すぎるということはありません。逆に脱毛することで若返り効果も期待できます。
 “ 最近老けたなぁ〜〜 ”と感じている方は、毎日のヒゲ剃りで肌がくすんで見えたり、乾燥肌、黒じみといったのが原因だったりもします。


 レーザー脱毛は、肌の新陳代謝を高める効果があり“ 美肌 ”になる嬉しい効果も期待できます。
 ヒゲがなくなる、またはヒゲが薄くなることで若返るので見た目がスタイリッシュに仕上がります。



脱毛すると青ひげの悩みから開放される?







 若い頃から青ひげに悩まされている方は多いと思います。
 早くから青ひげに悩んでいる方は、今後も青ひげに悩まされ続けることになるでしょう。


 まぁ、ある程度、年齢を重ねると正直どうでも良くなってしまいますが...
 でも昨今は女子力の強い男子も多いので、いつまでも青ひげに悩んでしまうかもしれません。


 仮に、あなたが20代で青ひげに悩んでいるとします。もし年齢を重ねればヒゲが薄くなるかも!?と考えているなら危険です。
 ヒゲは薄くなるどころか、どんどん濃くなっていくので30代後半は、更に酷いことになっているかもしれません。


 自然に薄くなるのは、髪の毛だけ!(悲)
 青ひげを解消したいなら、若くても永久脱毛を検討してみましょう





将来のことを考えるとツルツルにするのはちょっと...







 将来のことを考えると、ヒゲがまったくないのはちょっとなぁ〜...


 脱毛することを検討した方は、一度は考えることです。確かに、50代60代と歳を重ねた時にヒゲがまったく生えていないことに抵抗を覚える方も多いでしょう。
 逆に、その年代で髭を蓄えておきたいと考えているかもしれません。


 そんな方におすすめしている考え方が、


脱毛は“ 0(ゼロ)”か“ 100 ”だけじゃない



 ということです。
 要は、ヒゲを間引くという選択肢もあるということなんです。
 全体的に薄くしたり、青ひげが目立たなく、毎日のヒゲの手入れが楽になるくらい脱毛し、ある程度ヒゲを残しておくという選択もあるということ。


 ヒゲは、毛周期というサイクルで日々生え変わっています。今見えているヒゲは全体の3割程度と言われています。
 半分のヒゲを脱毛するだけでも、毎日の手入れが楽になるし、青ひげも薄くなります。


 頬や鼻下、顎下など部位だけヒゲの脱毛を検討している方には、“ ヒゲを間引く ”という施術は理想的。
 他の部位と同じ程度の濃さになるまで脱毛し、調整をしていくという方法もあります。


 専門的な知識は医師やエステティシャンが持ち合わせているので、無料カウンセリング等を上手に活用し専門家のアドバイスを仰ぐのも一つの方法です。
 ちなみに、“ 脱毛=しつこい勧誘 ”と考えている方も多いようですが、最近はまったくそんなことはありません
 逆に勧誘をすることで、お客さんが逃げてしまうため病院や大手メンズエステでは、必要なコースのみの案内にとどめているのが実態です。



ヒゲ脱毛と年齢[ まとめ ]






 結局のところ、脱毛は『 あなたが始めたい時( 考えた時 )にお金があれば永久脱毛する 』というのが結論です。
 ちょっと話はそれますが、あなたは家電やスマホの買い替えどきって頭を抱えるほど悩みますか?


 結構簡単に買い換えたりしている方が多いと思います。要因は色いろあると思います。
 結局脱毛もおんなじで、脱毛したい時が“ 脱毛どき ”だと僕は考えます。


 年齢がいくつであろうと、脱毛を考えた時に脱毛するのが一番だと思います。
 ( 未成年の方は、保護者の了承が必ずいるので、保護者の方とよく相談してください )
 費用の面に関しても、各種分割払いも用意されているので、金銭的な負担も少ないです。


 良心的なクリニックやサロンなら、予算に応じて脱毛してくれるところもあります。
 あなたが抱えている悩みや問題は、ほとんど解決できるのが脱毛のすごいところでもあります。


 大切なので、もう一度言いますね。


脱毛したい時が脱毛をするとき!です。




あわせて読みたい関連コンテンツ

 ヒゲを上手に間引くコツは?
 脱毛で青ひげは解消できる?
 永久脱毛のメリットは?
 失敗しないクリニックの選び方
 失敗しないメンズエステの選び方


タグ /

1回での効果は?ヒゲはレーザー脱毛すべきか?

 ヒゲ脱毛の効果は、個人差や部位による差があり一概には言えない状況にあります。
 とはいえ、ひげ脱毛してみたい方や実際に受けた方は、どの程度効果があるのかは、やはり気になるところ。


 1回のレーザー脱毛で、どのくらい効果があるのか?


 多くの方が誤解しているのですが、レーザー脱毛を当てたら即効果がある!と考えている方が多い。
 強力なレーザーでヒゲの毛根から吹き飛ぶケースもありますが、ほとんどの場合“ 即効果 ”には結びつかないケースが多い。


 レーザー脱毛は、効果が現れるまでに時間が必要で、部位ごとに効果の表れ方が異なるのが特徴だったりします。
 効果には個人差があり、効果が現れ始めるのには2〜3週間は必要だということを知っておいて欲しい。
 広範囲を短時間に脱毛できるレーザー脱毛ですが、“ 口周り ”には効果が現れにくく“ 頬やもみあげ ”は比較的効果が出やすいといった特徴もある。


 ちなみに、1回のレーザー照射で3〜5割( 人によっては7割程度 )のヒゲの脱毛に成功する傾向に。
 これを数度繰り返し、徐々にヒゲを薄くし脱毛していくというのがレーザー脱毛のアプローチ。
 ( 効果に振り幅があるのは、個人差の影響が大きいから )


 あとは「 3〜7割の脱毛効果 」をどのように考えるかですね。
 そんなに効果ないなぁ〜!と考えるか?、そんなに効果的なのか!と考えるか?ですね。


 完全に個人的な意見ですが、ヒゲのような根が深く広範囲に生えてる毛は、医療レーザーで一掃し、脱毛できなかった場所をニードル脱毛で脱毛していくのが効果的だと思います。
 でも、この方法だと脱毛費用がビックリするくらいかかるんですよね。。。(汗)

タグ /

ひげ剃りのカミソリ負けが治らない... │ 続けて剃ると治りません

 ひげ剃りのカミソリ負けが治らなくて...
 これは正直つらいですね。。。普通の社会生活だと、ヒゲを剃らない訳にはいかない。

 基本ヒゲは毎日剃るものだから、いちどカミソリ負けが起きてしまうと...
 ひげのカミソリ負けが治らないという方は、ヒゲ剃りで肌に負担がかかりすぎているから。

 傷の上に傷を上塗りしているような状態なので、いちど肌を休めてあげることが大切です。
 週末などのまとまった休みの時間を使い、肌をカミソリのストレスから開放してがるのが早期完治のポイント!
 同時に、即効性のある軟膏を塗りこんであげると、なお治りが早いと思いますよ。


 症状がひどい場合は、市販薬を使わず病院( 皮膚科 )を受診することをオススメします。
 尋常性毛瘡と診断され、軟膏などの外用薬を処方してくれます。


 繰り返しますが、なかなか治らないカミソリ負けを治すのは、カミソリのひげ剃りを一旦中止することです。
 肌にかかる負担を軽減し、ヒゲの処理をカミソリからハサミへ一時的に移行するという方法もあります。
 また、不衛生なカミソリを使うのも、カミソリ負けの原因とも言われていますので、一度ヒゲ剃りグッツを見なおしてみるのもひとつの方法です。


 しっかりカミソリ負けの対策をしてるのに、日常的にカミソリ負けに悩まされている方は思い切って脱毛を検討してみてください。
 カミソリ負けの原因のほとんどが、カミソリまたはヒゲの剃り方にあります。
 根本的な原因となる“ ヒゲ ”をなくしてしまうと、ヒゲの手入れとカミソリ負けのストレスから開放されますよ。


 ☆ ひげの脱毛でカミソリ負けのストレスから開放!
 ⇒⇒⇒ 東京イセアクリニック湘南美容外科クリニックメンズ・ラクシア

タグ /

ヒゲの毛周期に合わせ的確なタイミングはレーザー脱毛は高い効果を実感できます

 ヒゲに限らず体毛には“ 毛周期 ”があり、脱毛する場合はこの毛周期を的確に捉えておく必要があります。


 
 ※ 引用元 横浜中央クリニック


 体毛によって、毛周期というのは若干異なるのが医学的に明らかにされています。
 ヒゲの場合は、「 休止期間が約2ヶ月。成長期間は1年 」とされています。


 この理論から考えると、ヒゲのレーザー脱毛は


  2ヶ月に一度レーザーを当てればヒゲ脱毛の効果が得られる


 ということになります。


 ヒゲを早く脱毛したいから『 2週間に1回レーザー当てた 』という強者がいると耳にしたことあります。
 しかし、費用対効果を考えるとあまり意味が無いのかもしれません。

 レーザー脱毛後、ヒゲが抜け始めるのが2〜3週間後。
 実際には脱毛効果があったのにもかかわらず、また同じ箇所にレーザー当てるのはもったいないですね。というか無意味です。
 都度脱毛効果を確認しながら、レーザー照射を行なっていくのが理想的なレーザー脱毛です。


 ちなみに、休止中のヒゲは1年〜2年という長い時間をかけて表面に現れ始めます。
 費用対効果の面を考えても、“ 2ヶ月に一度のレーザー脱毛 ”がベスト。
 ( 男性型多毛症と診断を受けている方は、この部類には入りません )


 医師の中には、利益を追求するあまり毛周期を無視したレーザー脱毛を進める方もいます。
 医師との対話は必要不可欠で、的確な診断力と適切な治療に導いてくれる医師の下で脱毛に取り組むのが最も理想的なレーザー脱毛の一つです。

タグ /
topへ戻る

Return to page top