ホーム » 2012年10月

ヒゲ脱毛は、どんな方にオススメなのか?

 そもそも論ですが、ヒゲ脱毛はどんな方にオススメなのか?を紹介しておくことを忘れてました。
 ということで、今回やります!


 ヒゲの処理は日常的なことで、当たり前にやることになっている方が多いかと。
 面倒だなぁ〜〜なんて考えながらも、ひげ剃りのケア用品を買い揃えたり毎日何度もせっせと髭剃ったり。
 ヒゲにコンプレックスや悩みを抱えている方だけが、ヒゲ脱毛受けているとは限らないのでチェックしておいてください。


 ヒゲ脱毛は、次のような方に施術をおすすめしています。


 ・ ヒゲを1日2回以上剃ることがある方( 3回剃ってる方はヒゲ脱毛必須です )
 ・ 朝ヒゲを剃っても、反り上がりがスッキリせず違和感を感じる方
 ・ 朝ヒゲをそっても夕方にはヒゲが少し伸びている方
 ・ ヒゲ抜きが日常的になっている方
 ・ ひげ剃り後に剃刀負けをしてしまう方
 ・ 青ひげが気になる方
 ・ ニキビ体質の方やアトピー性皮膚炎など肌が荒れたり、肌の弱いのが気になる方
 ・ そもそも髭面が似合わない方
 ・ 毎日のひげ剃りが面倒な方
 ・ ヒゲを使ってオシャレを楽しんでるが、もっとメリハリのあるデザインに挑戦したい方


 いろいろ考えたら、10項目もありました。
 この中でも特に、【 青ひげとカミソリ負け、ヒゲが似合わない 】と悩んでいる方は、即脱毛を検討したほうがいいと思います。
 悩みの深さがどのくらいの深さなのかにもよって、脱毛するしないが変わって履きますが。。。


 脱毛が完了すれば、『 上の10項目の問題が全て解消され髭の手入れの負担がなくなる 』という未来が待っています。
 『 ひげ剃りが面倒だけに10数万円掛けるのはもったいない 』と御感じになるかもしれませんが、10数万円という金額は高級電気シェーバー3回買ったらお釣りが来るくらいの金額です。
 同時に、ケア用品やケアにかかる時間を考えれば、数年で元が取れる計算になります。


 いざ!ツルツルを目指して、脱毛に挑戦してみては?

タグ /

茶色いひげの脱毛は?

 年齢を重ねてくると、ヒゲは変色していきます。
 真黒いままのヒゲもあれば、赤茶色く変色しているヒゲ、白く色素が抜けてしまったヒゲなど。


 毎日見てるヒゲだから、その変化に気がつきやすいもの。
 でも、微妙な変化には気がつかないのが実情といったところでしょうか。


 ヒゲを脱毛したいけど、茶色っぽくなったヒゲには医療レーザーは有効


 正直言うと“ こればっかりはやってみないとわからない ”というのが本音です。


 茶色いヒゲというのは、真っ黒のヒゲに比べると含まれているメラニンの量が少ない
 医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する性質を持っているから、反応しないケースも十分考えられるんですね。
 あと、当たり前の話ですが、白い毛にはメラニン色素が含まれていないので、医療レーザー脱毛では脱毛することができません。


 失敗しない茶色いヒゲの脱毛方法は、まず気になる病院をチェックし来院レーザーをテスト照射行うか、1回施術を受けてみる
 ここまでの料金が、テスト照射なら500円程度。1回の施術で約1万円といった感じでしょうか?
 レーザー照射後2週間程度で、ヒゲがボロボロ抜け始めます。ここでどれだけのヒゲが抜け落ちるのかをしっかりチェック!


 次に、白い毛でも脱毛できるという噂のフラッシュ脱毛も脱毛して見ること。
 レーザー脱毛で、ヒゲ全体の3〜4割が抜け落ちてる状態だと思うので、数ヶ月開け再びヒゲが生え揃えるのを待ちます。
 レーザー当てた時と同じ状態で、フラッシュ脱毛を当てて効果の程を確認する。


 あとは、簡単です。
 効果のあったほうで脱毛していくことで、色素が抜けた茶色いヒゲの脱毛選びが完了です。


 事前にお金がかかるのが“ 玉に瑕 ”ですが、本契約で十数万支払って効果がなかった。。。というリスクを考えれば、数百円から数万円でそのリスクを軽減できるのは、ありな選択だと思います。
 レーザー脱毛、フラッシュ脱毛共に効果が期待できなければ、最後の手段ニードル脱毛での脱毛を検討しないといけませんが、そのお話はまた今度ということで。。。


 ◯ 医療レーザー脱毛なら、湘南美容外科
 ◯ フラッシュ脱毛なら、メンズクラシア

タグ /

ばれないヒゲ脱毛の方法は?時間はかかるけどニードル脱毛がオススメ




 ひげ脱毛したいけど、他人にばれないか心配で。。。


 ヒゲはキレイにしたいけど、誰にもバレずひっそりと。
 これが理想ですね。
 以外に需要が多いんですよ。密かに脱毛したいという方は。


 医療レーザー脱毛は、効率的に脱毛できて効果は高いの特徴ですが、他人にバレやすいという特徴もあります。
 ヒゲ全体にレーザーを当てていくので、患部が広範囲に赤く腫れやすい。最初にバレるのはココです!


 次にバレるとしたら、施術後2週間くらい。
 レーザー当てるとヒゲがポロポロと抜け落ちるので、次のヒゲが生えそろうまでの間にバレる可能性が。
 この変化に気付きやすいのが女性です。同じ男性にはバレてもいいけど、女性にはバレたくない!という方が多いので。。


 脱毛がバレてしまった場合、そんなふうに思われるかというと


 ・ ヒゲの手入れに気を配っている人って、すげ〜〜
 ・ 男のくせに脱毛って...


 前者のように思ってくれるのであればにバレても問題無いですが、後者の場合は最悪です。
 まぁ、どのように思うかは受け取り側の価値観なので。。。
 相手の価値観に左右されたくはないですが、やっぱ不快な思いをするのは嫌ですね。


 だから、誰にも知られずに“ ごくひっそり ”と脱毛したい方が多いのではないかと。
 誰にもバレずにひっそりと自然に薄くしていく方法として効果的なのが電気美容脱毛( 別名ニードル脱毛 )です。
 レーザー脱毛の発展と普及で、徐々に存在が薄くなっている電気美容脱毛ですが永久効果が高い脱毛法の一つです。


 レーザー脱毛と電気美容脱毛の違いは、アプローチの方法にあります。
 電気美容脱毛は、“ 絶縁針 ”を使って脱毛していく手法で、ヒゲ1本1本にアプローチしていきます。
 施術にはどうしても時間がかかってしまうので、レーザー脱毛と比較すると費用が高額になりやすい傾向にあります。


 例えると、「 レーザーはヒゲを面で捉えて脱毛していくのに対し、電気美容脱毛は点で捉えていく脱毛 」って感じでしょうか。


 レーザー脱毛が登場する前から用いられている脱毛法で、永久脱毛として歴史と実績は証明されています。
 日焼けしている方でも脱毛でき、ゆっくりと脱毛していくので『 自然に薄くなっていく 』というがの実感できる脱毛法。
 メリットは大きいですが、いかんせ費用と時間がかかってしまうのがデメリットといったところでしょうか。


 自然に薄くでき、誰にもバレずに脱毛したい


 という方には、お勧めできる脱毛法の一つです。


 電気美容脱毛なら脱毛士の資格を持つメンズエステでの脱毛がオススメです!

 ⇒⇒⇒ メンズエステTBCの脱毛
 ⇒⇒⇒ ダンディハウスの脱毛

タグ /

ヒゲ脱毛する!と決めた時に乗り越えないといけない3つの壁

 ヒゲ脱毛を迷っている方で、『 俺は脱毛するぞ! 』と決心した方にお伝えしておきたいことがあります。
 脱毛する時に乗り越えないといけない“ ”があるのをご存知ですか?


 この壁を意識してる方と無意識に乗り越えている方と、いろんな方のタイプがあります。


 人によって“ 壁 ”の種類は異なりますが共通して言えるのが、


 ◯ 他人( 女性 )の目の壁
 ◯ 痛みの壁
 ◯ 金銭の壁


 と、3つあります。



 ヒゲ脱毛は痛いことで有名ですし、高額な費用が必要なことも有名。
 メンズエステに通うなら、異性の目は最小限に抑えることはできますが、医療機関に通うことになれば女性の目を意識しないといけません。


 脱毛している医療機関のほとんどは、女性客がターゲットであるため男性が来院すると、どうしても浮いた存在に。
 『 慣れればどうってことない! 』という男性がほとんどですが、『 脱毛がバレないか心配 』している方にとって、この“ 壁 ”は大きな存在です。
 とはいえ、必要最低限の“ 慣れ ”は必要ですし、最悪の場合はメンズエステで何とかするという選択肢もあるので。


 決断に悩んでいる方は、前回『 ヒゲを脱毛したいけど迷ってる... 』でもご紹介した、“ 天秤 ”がとても重要になります。
 「 誰?ともわからない女性の目 」とあなたが抱えるヒゲに対する悩みやコンプレックスとを天秤にかけてみて、乗り越えられる!と思えば脱毛を受けるといいと思います。


 脱毛費用と脱毛に必要な時間を考えれば、乗り越えないといけない問題なんですけどね。


 女性の目の壁がクリアできれば、痛みの壁と戦うことになります。
 金銭よりも、先に痛みです。


 俺は我慢できる!


 と、考えている方もいますが、やはり痛い。最初のうちはかなり痛いと思っておいたほうが無難です。
 あまりの痛さに脱毛を断念したという方もいますので、どれだけ痛みに態勢があるかが重要になります。
 ( 痛みには個人差があるので要注意 )


 かなり痛みを煽るような表現をしましたが、医療機関での脱毛は“ 麻酔 ”で痛みを避けるという選択もあります。
 ここで初めて金銭のリスクを考えておかないといけないんです。
 脱毛時に麻酔はできますが無料で麻酔をしてくれる医療機関はないと思います。


 僕が調べてきたなかで、麻酔をタダでやってくれる病院はありませんでした。
 ( 本気で調べたらあるかもしれませんが。。。まぁ、ないと思っておいたほうが無難です )
 脱毛ごとに麻酔を行うことになれば、1回3,000円程度の費用負担があります。( 医療機関により異なります )
 10〜30万円程度と言われる脱毛費用に比べると、“ 大した額ではない ”と考えがちですが、回数がかさめばそれなりの費用負担は必須です。


 ということで、長くなりましたが私が考える脱毛時における“ 壁 ”の存在を紹介してみました。
 ひげ脱毛する!ことを決心したら、まずは施術する箇所を選ぶことが大切。
 気になった医療機関が見つかれば、“ サクッと口コミ調べカウンセリングを受けてみる ”ことが重要です。


 3つの壁は、カウンセリングを受けると乗り越えられるかどうか判断することができるので!

タグ /

ヒゲを脱毛したいけど迷ってる...




 ヒゲを脱毛したいけど、迷ってて...


 「 毎日のひげ剃りが面倒 」「 1日に2回以上ヒゲ剃らないといけなくて 」「 なんかキレイに処理できない 」「 そもそもヒゲが似合わない 」


 ヒゲに関する悩みはつきませんね。ヒゲの悩みやコンプレックスは、行動で解決するしかないんです。
 そうです、ひげ脱毛するしか解決方法はないんです。


 ひげ脱毛するかどうか迷っている方は、『 漠然 』と脱毛しようか悩んでいるはず!


 僕がそうでしたから(汗)
 脱毛したほうがいいのか?しないほうがいいのか?


 「 どこに通ったらいいとか、費用の問題がどうとか 」この前に脱毛するか?しないか?の方が大きな問題。


 上でも紹介しましたが、ひげの悩みは行動で解決するしか方法はありません。
 歯の痛みと一緒で、『 放っておいたら、そのうち治る 』というものではないからです。
 毛抜きで1本1本抜いていくというのもひとつの行動ですが、脱毛を考えてる方はその方法には限界を感じてるんじゃないかと。


 雑誌の背表紙に掲載されている、「 抑毛剤 」なるものに興味湧いてませんか?
 ( アレは止めておいたほうがいいです。購入するなら脱毛のほうが絶対効果的! )


 『 ひげの脱毛したいけど迷ってる 』という方は、ビフォアー・アフターを想像してみるといいかもしれません。
 脱毛したらどうなるか?脱毛しなかったらどうなるのか?
 この辺りを中心に考えてみて、両方の答えを天秤にかけてみると良いでしょう。


 で、脱毛したほうがメリットが大きそうなら脱毛する方向で検討してみては?
 漠然的に悩み続けることは、ストレスが異常なくらい大きいし何も解決策は生みません。



 脱毛する!脱毛しない!



 どちらの結果に至ったとしても、悩んで解決した結果なのである程度納得のいく答えじゃないかと。
 脱毛することで決心した方は、次のステップに入ることもできますし。


 僕も、いろいろなことでグズグズと悩む癖があるんですけど、後から振り返ってみれば「 その時間ムダだったなぁ〜〜 』って。。。
 すぐ決断することは難しいけど“ これ! ”と決めたら、その答えに向かって突き進むほうが後々楽だったりします。


 ヒゲ脱毛は、完全にツルツルにすることができます。ヒゲを少し残すこともできます。
 施術後の経過を見ながら、“ ここまででいいや! ”と思ったら、その時点で脱毛をやめることもできますよ。

タグ /

脱毛の前はヒゲを生え揃えることが大切!

 ヒゲ抜きが癖になってませんか?


 ヒゲ脱毛を受けようか考えている方の多くは、気がついたらヒゲを抜いてしまってる。
 ヒゲ抜きがくせになっている方が、とっても多いんですね。


 一時的にキレイになるので、ついついヒゲ抜きしてしまいます。
 でも脱毛前や脱毛中は、このヒゲ抜きは厳禁なのご存知ですか?





 常にヒゲ抜きしている方は、脱毛の2ヶ月前くらいからヒゲ抜きするのを止めてみてください。
 医療レーザーを照射する前に、いちど「 ヒゲを生え揃える 」事が重要です。


 僕はヒゲを綺麗に抜くことが下手くそなんですが、上手な方は毛根からキレイに抜きます。
 肌の下に毛根が無くなるので、新しく生えるまでに1〜2ヶ月くらいは必要。
 毛根がない状態で医療レーザーを照射しても永久脱毛の効果は得られません。


 あなたも耳にしたことあるかもしれませんが、「 毛周期が乱れてしまいます 」
 毛周期が乱れると、せっかくのレーザー照射が無駄になってしまうので脱毛回数が2回、3回と伸びてしまう原因にも。
 その分、費用や時間が余分にかかってしまうので、『 抜きたくてもグッと我慢する 』ことが大切。



 脱毛前や脱毛中は、ヒゲ抜きは我慢して生え揃える



 ことが大切です。
 ちなみにヒゲは抜くのがダメなだけであって、剃ることはまったく問題ないので安心してくださいね

タグ /

アレキサンドライトレーザーでヒゲ脱毛┃効果や痛みはどう?


 アレキサンドライトレーザーでヒゲ脱毛を考えている方。次の5つのポイントのどれかに悩んでいませんか?

  • 効果
  • 痛み
  • 回数
  • 費用
  • 肌への影響( デメリット )


 よく比較されるダイオードレーザーと一緒に考えてみました。


効果について



 アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、どちらで脱毛するべきか悩んでいる方に朗報です。
 お医者さんいわく『 同じレーザーの出力で照射する場合、効果に変化はない( 個人差あり )』とのこと。
 もちろん、ひげや肌の状態で選ぶべきレーザーは異なりますが、この辺りは診察するお医者さんに任せましょう。


痛みについて



 値段と同じくらい気になるのが痛みです。よく“ ゴムで弾いたような痛み ”に例えられますが、やっぱこれも個人差があります。
 ヒゲが濃く、密度が高い方ほど痛みが強いとも言われていますが、施術を繰り返していくことで徐々に痛みは軽減されていくでしょう。
 最初の1〜3回くらいは積極的に麻酔を使うという選択肢もありなので、あまり心配する必要はありません。


回数について



 病院や美容外科によって、施術回数のコースがそれぞれ異なるので、“ 私の場合、何回必要? ”と悩んでいる方が多い。
 回数を決める一つの基準として、『 あなたが脱毛の状態をどの程度にしたいのか? 』が目安となります。


 青ひげが気にならない程度なのか、毎日の髭剃りの負担を軽減したいのか、ヒゲをツルツルにしたいのかで、大きく異なります。
 ヒゲ脱毛には個人差がありますが、目安としては次のとおりになります。

  • 青ひげが気にならない程度 … 5〜10回程度
  • 毎日の髭剃りの負担軽減 … 10〜15回程度
  • ヒゲをツルツルにしたい … 15〜20回以上


  •  しつこいようですが、ヒゲや肌の状態で施術回数は大きく異なります。


     はじめから回数を決めるのではなく、医師とのカウンセリングで決めていくのが理想です。
     無料でカウンセリングを行っている病院が多いので、気になる方は複数の病院に行くのも選択肢の一つです。


    肌への影響( デメリット )



     肌への影響も気になりますよね。施術前に気になるのが敏感肌の方やアトピーで悩んでいおられる方が、レーザー脱毛を受けることが出来るかどうか!?
     医療レーザー脱毛は、皮膚下のメラニン色素に作用する性質を持っているので敏感肌の方は問題なく脱毛に取り組むことができます。


     問題は、アトピーで悩んでいる方。症状がひどい方になると、色素沈着が多くなるのでレーザー脱毛できないケースが有ります。
     これも、自己判断するのではなく医師とのカウンセリング時に診断していただくとよいでしょう。
     あなたが、『 脱毛できないのでは? 』と考えていたとしても、医師は『 出来る! 』と診断することもあるからです。


    費用について



     残念ながら健康保険は使えないので自由診療という形となります。レーザー脱毛を施術している病院やクリニックによって料金に違いがあるのは、そのためです。


     費用に関しては、“ あなたがどの程度脱毛するか? ”によって大きく差が出てきます。


     安心なのは、一定料金を支払うと一定期間無制限でレーザー脱毛できるクリニックが安心です。
     麻酔や薬にお金がかかるのは仕方ないですが、レーザー脱毛で追加料金が発生しないような料金を設定しているクリニックがおすすめです。






ヒゲ脱毛の医療機関探し、無制限なら湘南美容外科を軸に!

 どのコースにしようか?
 この病院は5回コースで10万円だけど、あっちの病院は10回コースで15万円。
 う〜〜ん。どこの病院で脱毛すべきか。。。。。



 同じ技術で同じ効果が得られるのなら、どこよりも安い方がいい。
 冒頭から変な始まりでごめんなさい。
 ヒゲ脱毛を本格的に検討されている方は、たぶんこんな風に悩んでいるかと思って書かせてもらいました。。。


 男の脱毛の場合、最初の脱毛のほとんどが“ ヒゲ ”をスタートにする方が多いかと思います。
 脛毛や胸毛を脱毛している方も多いですが、ほとんどの方が“ ヒゲからスタートしヒゲだけ ”で終わります。


 どれだけ脱毛を勉強しても、自分の場合どのくらいの回数脱毛に必要なのか?がよくわからないのがほとんど。
 ネットで調べるとその差が歴然!


 『 5回で綺麗になった! 』という方もいれば。
 『 俺は12回かかった 』『 僕の場合は20回! 』『 25回通ったけど全然綺麗にならない! 』などなど。


 僕も常にリサーチしてますが、回数に限ってはネットの書き込みは『 あまり信ぴょう性がないなぁ〜〜 』って感じてます。
 書き込みの中には、“ どんな技術でどれくらいの薄さに? ”というのが欠落しているからだと僕は考えてるんですが。


 またまた話が脇道にそれてしまいました。
 自分の脱毛回数がどれくらい必要なのか?わかんない、または医療機関が設定する回数で脱毛が終わらなかったらどうしよう。と考えている方は


 ぜひ『 無制限コース 』の設定がある医療機関を選択してください。


 まぁ、安心を買うわけですね(笑)
 無制限コースには「 医療費が高額になりやすい 」というデメリットがあります。
 考えたらわかりますよね。無制限にレーザー打ち続けるわけですから、医療機関側も相応の料金設定してくるはずです(汗)


 あっちの病院では30万。こっちの病院では20万。そっちの病院では15万。


 う〜〜ん。価格差がありすぎて、どの病院も。。。
 ここで大切なのが病院選び。
 どんな脱毛技術なのか?どんな脱毛機を使ってるのか?通いやすいのか?などなど。


 金額だけに着目して考えるなら、1つ基準を設けておくことをおすすめします。
 僕が病院選びで1つ基準としているのが、『 湘南美容外科クリニック 』さんです。


 湘南美容外科クリニックの価格に近いか遠いか?


 は、医療機関選びに大いに役立った記憶があります。


 まぁ、この価格帯で勝負している美容外科は、そうありませんのでさすが大手といった印象がありますが。
 『 「 無制限コース 」を設けている医療機関ってなかなか見つからない 』というのが本音かもしれないですね。
 ヒゲ脱毛で無制限コースの医療機関を探している方は、是非参考にしてみてください!

ひげ脱毛するタイミング

 ひげ脱毛するタイミングを見極めよう!


 ヒゲに何らかのコンプレックスを持っている方は、次のような悩みを抱えて生活しています。


 ・青ひげで人前に出ることがイヤ
 ・ヒゲが似合わない顔で、薄く生えたヒゲすらイヤ
 ・童顔でヒゲがまったく似合わない
 ・キレイに処理しても数時間でうっすらひげ面
 ・ヒゲのことが頭からは慣れず積極的に行動できない   etc


 『 いつ、どのタイミングで脱毛したらいいか? 』と思案し『 なかなか行動に移せない 』とお悩みの方も多いかと。
 僕もこの悩みはとてもよくわかります。
 僕の場合は、極度の優柔不断で勢いがつかないと物事を決められない( 先送りする )という癖があります。


 数万円のものを平気で買うくせに、500円、600円のものが全然買えない。
 こんなこと日常茶飯事です。


 話が脱線しました。
 ヒゲ脱毛のタイミングを見極める話でしたね。


 タイミングとして最も有効なのは“ 人生の転換期 ”です。
 転換期と難しい言葉を使いましたが、まぁアレです!


 卒業入学入社転職転勤などなど。


 人生の節目と呼ばれる時期に脱毛が完了( またはほぼ完了 )するのがベストなタイミングです。
 ちなみに、“ 脱毛が人にバレても平気 ”という方は、“ 時期 ”にこだわる必要はありません。
 あなたが脱毛したい時がベストのタイミンなので、そのタイミングを見誤らないようにしてください。



 ヒゲがなくなると「 見た目が激変してしまう 」という方がいます。
 このような方は、人生の節目に脱毛を完了させておけば新たな人生をスタートすることができます。
 整形する人やカツラを愛用している方は、この“ 節目 ”というのを大切にしたりしてます。


 いつ、どのタイミングでヒゲを脱毛するか悩んでいる方は、人生の転機を見越して脱毛するのも大切だったりしますよ。
 なお、医療レーザーでヒゲを脱毛しようと検討されている方は、ヒゲの色素が薄くなる前に施術しておくことをおすすめします。


 早い方で35歳前後でヒゲの白髪が目立ち始めます。
 白いヒゲがいきなり大量発生することは考えにくいですが、医療レーザーは白いヒゲに効果が少ない性質があり十二分な脱毛効果を得ることができないことも考えられるので。。。

タグ /

ヒゲ脱毛がバレた時のために言い訳を考えておこう!

 ヒゲの脱毛をしてる方。それから脱毛を考えている方。
 脱毛がバレた時のこと考えてますか?
 別に悪いことをやってるわけではないので、「 バレても全然構わない 」という方は別として。


 女性や友人から、


 「 脱毛してる? 」


 と、聞かれた時テンパらないように言い訳を一応考えておきましょう!


 正面きって、


 「 うん。脱毛してるよ! 」


 と答えられる方でも、女性からドン引きされる可能性もあるので言い訳は一応の予防線。
 ヒゲ脱毛が一般的になってきている昨今ですが、男の脱毛に理解のない方はいます。


 俺は我が道を行くんだ!


 と、覚悟しても人間関係は最期まで付いてくるので、ある程度の協調性は大事。
 女性や友人から“ ドン引きされない ”ためにも、カッコの付く言い訳は準備しておきたいですね。


 よく耳にする言い訳で、同性にも異性にも理解得られそうな言い訳は、やはり“ カミソリ負け ”ではないでしょうか。

 僕、ひげ剃ったらカミソリ負けで血だらけになるんだよねぇ〜〜
 医者行ってもあんま効果ないし、ひげ剃るたびに血が出るのはチョット。
 男が脱毛?結構抵抗あったし、勇気もいったけど思い切って脱毛しちゃったよ!


 単純に、こんな感じでいいのでは?
 もう少しストーリー性を持たせると、理解得られると思いますよ。
 あと、さらに突っ込まれた時のことを考えて答えを準備しておくと、更にいいかも。


 今までなんとも無かったじゃん!
 ( ↑この質問が一番面倒 )

 あぁ〜、たまたま肌の調子が良かっただけで、実はヒリヒリ痛かったんだよ!



 って返しておけば、充分かと。



 カミソリ負けを例に出したのは、“ 脱毛は病気の治療と予防 ”を全面に押し出したいから。
 脱毛と耳にすると、「 男のくせに脱毛なんて 」と思われてしまいがち。
 カミソリ負けも立派な病気で、皮膚科を受診すると「 尋常性毛瘡( じんじょうせいもうそう )」という立派な病名がつきます。


 病気を治療している


 という大義名分があれば、他者の理解は得られやすいです。

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。