ホーム » 2012年09月

針脱毛?光脱毛?レーザー脱毛?永久脱毛はどれを選択すべき?


 永久脱毛で基礎的なことをお伝えするの忘れてました。


 脱毛は女性だけのもの!


 というのは、ひと昔前のこと。
 最近は、男性も脱毛している方が多くメンズエステに通う方や美容外科へ女性客に混じって足蹴なく通っている男性が多いです。


 ヒゲの永久脱毛を検討されている方がとても多く、なかでも20〜30代のサラリーマンの方がとても多いです。
 脱毛といえば、 チャラ男系 ”の男性が多いというイメージがありますが。。。。


 チョット調べると、脱毛を体験した方からの良い口コミばかりが目立ちます。


 ・もっと早く脱毛すればよかった
 ・ほとんどヒゲを剃ることが無くなった
 ・見た目が5歳若返った         などなど


 なにより毎日面倒な髭剃りの負担から本当に開放されるなら、“ チャレンジしてみたい ”と考えるのが普通です。
 実際に僕がそうでしたから(笑)


 ヒゲを永久脱毛する場合、大きく分けて次の3つの脱毛技術を使って脱毛することになります。


 ・針脱毛
 ・光脱毛
 ・レーザー脱毛


 そんなの知ってるよ!という方は、脱毛をとても勉強している方かと。
 全然良くわからん。。。という方!安心してください。
 頭の鈍い私でも理解できたくらいなので、このマニアックなブログを当てた方ならきっと分かるはずです。



 まず、結論だけ言うと選択する脱毛技術は、時間や効果、脱毛にかかる費用を総合的に考えるとレーザー脱毛がオススメです。
 なお、光などにアレルギーをお持ちの方や日焼けしている方、アトピーなどで肌に色素沈着が大量に発生してしまっている方は、レーザー脱毛を受けることができないです。
 ネットでは“ 永久脱毛は針脱毛だけ ”と紹介されていますが、効果は実証されているけど時間と費用が多くかかってしまって。。


 レーザー脱毛は、美容整形外科などの医療機関で受けることが出来るレーザー脱毛であることが絶対条件。
 一部のエステサロンでも、レーザー脱毛と称して脱毛やってるところもありますが、照射できるレベルがまったく違います。
 同じレーザー脱毛機を使っていても、レーザーの力が違えば効果ももちろん変わってきます。


 医師が使うレーザー脱毛のことを医療レーザー脱毛といい、レーザー脱毛で永久脱毛を成功させる秘訣は医療レーザー脱毛にあります。
 ( もちろん、その他にもありますが。。。 )
 同じ機械を使って同じ出力で脱毛していけば、結果は自ずと同じになっていくんです。


 光に対してアレルギーを持っている方や日焼けをしている方は、レーザー脱毛を受けることができません。
 そのような方は、針脱毛を選択することになります。

 どうしても時間が必要な脱毛法なので、じっくりと腰を据えて脱毛を計画していくことが効果的です。
 針脱毛は、施術者の脱毛スキルが仕上がりに大きく影響をします。数多くの症例数を熟している脱毛士を探し選択していくとが成功への近道です。


 長くなってしまいましたが、ヒゲの永久脱毛にチャレンジしてみたい!と考えているのは、あなただけではありません。
 もし、永久脱毛を考えているのなら、一歩前に進み石の話を聞いて見ませんか?


 カウンセリング無料で、49,800円でヒゲをレーザー脱毛できるのが湘南美容外科の永久脱毛!

 

タグ /

ヒゲのレーザー脱毛でシミが消える?

 癖になったヒゲ抜きや、毎日の髭剃りで痛みまくった肌。


 ヒゲ剃りはもう無理!


 と、考える方がヒゲの永久脱毛にチャレンジするわけですが。。。
 ふと鏡を見た時に感じるのが、なんか口周りが黒くなったような。


 そう、その黒みは色素沈着によるシミなんです。
 これまでの間違った自己処理で、あなたが思っている以上に肌に負担を与えています。
 正しいケアをしているつもりでも、紫外線にあたったり対策が不十分だったりしてシミができてします。


 せっかくヒゲを永久脱毛しても、このシミが残るんじゃぁな〜〜


 とお悩みのかた、安心してください。
 できてしまったシミ。医療レーザー脱毛でひげ脱毛すると一緒に消えてしまう可能性があります
 お医者さんは、公にはしていませんがシミに医療レーザーを照射すると消えてしまうことがあるそうです。
 ※ 脱毛施術がメインであってシミ消しがメインでないから


 これは、確約されているわけでなく「 やってみないとわからない 」という不確定要素があります。
 あと、肌の状態は個人によって大きな違いあるので、照射結果に個人差があるのも認識しておいてください。


 小さなシミならレーザー脱毛ができますが、シミや色素沈着が無数にあって肌の状態が悪い方は、レーザー脱毛できないケースもあるので知っておいてくださいね。
 特に、アトビーなどをお持ちの方は、肌の効果や色素沈着で変色している傾向が強いので、レーザー脱毛を受けることができないケースがあります。


 「 アレルギーで肌の状態があまり良くないけど、脱毛したい! 」


 と、お考えのあなた!
 思い込みの自己診断で脱毛の可否を決めてはいけません。やはり専門家の意見を聞いて、脱毛に挑戦できるかどうかを判断しましょう!


 医学の進歩は日進月歩。特に脱毛業界は、脱毛機の進化が半端なく早いので、「 昨年までは無理 」だった脱毛が「 いまなら大丈夫ですよ! 」となるケースも多いと聞きます。
 まずは、“ ここ ”と決めたお医者さんとカウンセリングし、自分に脱毛ができるのかを確かめてみてはいかがでしょうか?


 シミの話から、アレルギー体質の方の脱毛へと話が流れてしまいましたが、多くの医療機関は無料カウンセリングに力を入れています。
 エステサロンとは違い、国家資格である医師免許を持ったお医者さんがカウンセリングに応じてくれるため、あなたの悩みを存分にぶつけてみると良いと思いますよ!


「 脱毛後に肌が綺麗になった!」という報告あり!
  ⇒⇒⇒業界最安値の医療脱毛は、湘南美容外科クリニック!

「 脱毛時の痛みの軽減をホンキで考えるクリニック 」
  ⇒⇒⇒痛くない医療脱毛を目指す東京イセアクリニック!

タグ /

カミソリ後のひりひり感をシェービングローションで引き締める

 シェービングが終了したら、アフターフォローに入ります。


 ヒゲを剃ったら剃りっぱなし!


 これが一番いけないこと。シェービングは、あなたが思っている以上に肌へストレスを与えています。
 しっかりと、アフターケアしておくことでカミソリ負けを未然に防ぐことができます。


 シェービングが終わったら、冷水でシェービング剤やヒゲの残骸をすべて洗い流しましょう
 ゴシゴシ擦るのはよくありませんが、しっかりと洗い流しておいてください。


 和らいタオルなどで乾かします。
 拭き取るのではなく、乾かすイメージで。


 顔をゴシゴシといきたいところですが、ここはグッと我慢して“ トントンと軽くマッサージするイメージかな。
 ( 専門用語では、パッティングって言うらしいです。興味のある方は、奥さんや彼女さんに聞いてみてください。)


 しっかりと顔が乾いたら、アフターシェーブローションの出番です。
 剃毛後の肌は、乾燥しやすい状態になっているので“ 保湿と肌のひきしめ作用 ”がある薬用アフターシェーブローションがお勧めです。
 殺菌作用とかあるといいかもしれないですが、お肌の状態も気になるので低刺激なものが無難かな。

タグ /

目詰りに注意!カミソリの刃は適度にすすぐ

 カミソリでヒゲを剃っていると、どうしても刃の目詰りが起こります。
 ヒゲやシェービング剤で目詰りを起こしてしまいますが、そのまま剃るのは厳禁。


 シェービング中は、頻繁に刃をすすぎ目詰りを防ぐように気を配りましょう!
 刃が目詰りしてしまうと、ヒゲや肌に抵抗が生じ傷つけてしまう恐れがあります。
 最悪の場合、血が滲んだりカミソリ負けになってしまうことも。


 すすぎの重要性は、“ 目詰り ”の解消だけではないんです。
 コマ目にすすぎをすると、カミソリの刃は常にリフレッシュされた状態。
 切れ味の良し悪しが肌に伝わるので、判断の難しい刃の交換時が一目瞭然です。


 最近では、スムーサーの色が徐々に変わっていくカミソリもありますが、カミソリ負けに悩んでいる方の肌は敏感。
 直感で刃の換え時を感じることが出来るのは大切なことだったりもします。


 刃の目詰りや劣化は、切り傷や刺激の原因になります。
 結果としてカミソリ負けを起こしてしまうことにも繋がります。
 カミソリをコマ目にすすぎ、刃の滑りを滑らかにしてあげるよう心がけが大切なんですよ♪

タグ /

カミソリ負けにならないヒゲの正しい剃り方は?

 正しい道具を使って正しいテクニックで正しく剃ると、カミソリ負けに悩むことはなくなります。
 下準備が完了したら、いよいよヒゲ剃りです。


 ヒゲは、生えてる場所によって硬さが異なります
 硬い箇所は最後まで残し、柔らかい箇所からヒゲ剃り始めましょう。


 頬 → もみあげ → 顎下 → あご → 鼻下


 という順番が理想的。
 口周りのヒゲは、特に硬いので最後までしっかり水分を行き渡らせて柔らかくしておきましょう。



 カミソリの動きは、上から下
 毛並みにそって剃るのが基本です。


 髭の生える向きは個人差があるので、カミソリを当てる前にしっかり確認しておきましょう。
 上から下に動かせば、ほぼ間違いはないと思います。


 カミソリ負けには逆剃りは厳禁ですが、どうしても逆剃りしたい方は、一発勝負で行きましょう。
 ※ 逆剃り前に、シェービング剤をつけることをお忘れなく。

タグ /

ヒゲ剃り前の下準備は念入りに!│カミソリ負けは剃る前のした準備に問題あり?

 ヒゲ剃りの下準備は、思っている以上に重要で大切なんです。


 ・ 寝起きに、石鹸泡立ててジョリジョリっとカミソリで!
 ・ シェービングローション、シャカシャカやって電気シェーバーで!
 ・ 適当にローションつけて、T字カミソリで“ サーッ ”と!


 カミソリ負けに悩んでいる方で、こんな風にヒゲ剃っている方は要注意。
 カミソリを変えてみたり、ヒゲの剃り方を探求したり。
 それも大切だけど、“ 下準備 ”の大切さも忘れてはいけないです。


 まず最初にやることは、ヒゲと肌の状態のチェック。
 シェービングには“ 朝派と夜派 ”の方がそれぞれいると思います。
 朝剃るのと夜剃るのとでは、それぞれ対策が異なります。


 □ 朝派のあなたへ
 朝目覚めた直後の肌は、皮膚が膨張しパンパンの状態。朝起きてすぐヒゲを剃るのはあまり好ましくないんですね。
 起床後15〜20分程度時間を開け、肌が通常の張りの状態に戻るまでヒゲ剃りは避けておくことが大切です。


 ■ 夜派のあなたへ
 肌は疲れを感じると、とたんに弱くなってしまう性質があります。日中の疲れが出やすい夜は肌が弱っていることが多々。
 ゆっくりとマッサージして疲労回復に努めましょう。マッサージで血行が促進されると、老廃物が除去され健康的な肌に。
 ひげ剃り後は、アフターシェーブローションなどをしっかりつ使って、お肌の手入れを施して行きましょう。



 次に注意するのは、カミソリの滑り。刃を滑りやすく滑らかにするには、肌に蓄積した余分な汚れを除去する必要が。
 皮膚には、あなたが思っている以上に汚れや角質、死んだ細胞などが付着しています。
 これら余分なものを洗顔やスクラブでしっかりと洗い落とします。


 同時に、ヒゲをしっかりと蒸らし柔らかくしてあげる事が重要。
 ヒゲは水分を含みやすい性質があります。


 しっかりと水分を含んだヒゲはとても柔らかい状態に。
 逆に、水分をまったく含んでいないヒゲは、同じ太さの銅線と同等の硬さがあるともいわれています。


 硬いままのヒゲを剃ると、余分な力がどうしても必要。力がかかると肌にもダメージを与えてしまい、“ 傷 ”がついてしまうことも。
 入浴や蒸しタオルを使って、ヒゲ剃り前には“ 柔らかいヒゲ ”を保つことが必要です。


 しっかりと蒸らしヒゲが柔らかくなれば、実際にヒゲを剃っていきます。
 でも、その前に。。。地肌にカミソリをあてれば、小さな傷がついてしまうのでシェービング剤などで保護してあげましょう。

 シェービング剤には、肌を柔らかくする作用や取りきれなかった汚れの除去、雑菌の除菌などの効果があります。
 やっぱ効果的なのが、肌へのストレスの軽減。
 石鹸を泡立て肌につけヒゲを剃っている方もいるとは思いますが、肌のことを考えるとシェービング剤のほうが効果は高いです。

タグ /

剃る前は刃のチェックはしっかりと!│カミソリ負けにならないひげの正しい剃り方

 あなたは、前日にヒゲを剃ったカミソリでそのままヒゲを剃ってませんか?
 カミソリ負けに深く悩んでいる方は、特に注意が必要です。


 ヒゲ剃りは、実はヒゲだけを剃っているのではなく、ヒゲと同時に肌に付着した汚れや古い角質、皮脂汚れなどを一緒に剃ってます。
 さすがに、剃り終わったカミソリをそのまま放置している方は少ないと思いますが...
 水洗いしたカミソリを次の日に使いまわすのは、少し抵抗がありますね。


 理想は、カミソリの刃は毎日取り替える方がいいです。でもコストパフォーマンスを考えると、現実的ではないですね。
 そこでやらないといけないのが、カミソリの手入れ水洗いしたカミソリの刃には、薄く汚れや皮脂といったカミソリ負けになる原因となる物質が付着しています
 同時に、雑菌の繁殖も気になるところなので、綺麗に手入れしてあげないといけません。


 一番効果的なのは、やはり熱湯殺菌でしょう。80〜100℃に熱したお湯にカミソリをつけ殺菌する。
 これで、水洗いでは落ちなかった皮脂汚れや雑菌を取り除くことが出来る。
 あとは、清潔なタオルなどで水気を拭き取り、汚れがしっかり落ちているかどうかをチェックしてみてください。


 汚れの落ち具合をチェックする時に、刃こぼれも一緒に確認しておくと便利ですね。
 刃こぼれが見た目に分かるようなら、その刃はかなり劣化しているため取り替え時季です。


 あと、ヒゲを実際に剃ってみて、毛の引っ掛かりや不快感を感じるようになれば、同時に刃の交換時期です。


 もう1回最期まで行っちゃえ!!


 ではなく、早々に替刃に変えてしまうことをおすすめします。
 切れ味の悪い刃で処理を続けることは、代償の切り傷や肌への刺激は大きなものになるので、カミソリ負けの原因にもなってしまうので注意が必要です。

タグ /
topへ戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。