1 2 3 4 5 .. 次のページ »

話題の蓄熱式レーザー脱毛について調べてみた!


大手クリニックが徐々に導入を始めている『 蓄熱式レーザー脱毛 』。
脱毛を勉強してきた筆者は、正直“ この名前の脱毛器 ”を見聞きしたことがなかった( ;´Д`)


よくよく調べてみると、、、、


メディオスターNeXT PROだったことが判明



ちょっと焦り気味で脱毛器のことを調べてみると、自分が体験した『 メディオスターNeXT PRO 』のことだった。


危うく脱毛ブームに乗り遅れるところでした。
名前が異なると、全く別物の脱毛器かと…


痛みが少ない脱毛器として期待されているメディオスターNeXT PRO。
脱毛に挑戦したい方も少なくないと思うので、ここで一つ整理しておきたいと思います。


従来品よりも痛みが軽減!? メディオスターNeXT PROの実力は?



これまでの脱毛器は、ダイオードレーザー or アレキサンドライトレーザーを使用したものが主流でした。
正式な製品名は、『 ライトシェアデュエット、ジェントルレーズ 』と言った方がわかりやすい方もいると思います。


従来の製品の最大の欠点が、“ 痛み ”です。


麻酔なしの施述は、強烈な痛みを伴う脱毛。ダイオード or アレキ共に強い痛みが伴い、ヒゲ脱毛に躊躇する男子が多かったのが現状。


クリニック側も、麻酔を積極的に使うなど対策を施してきましたが、やはり限界が。
とはいえ、昨今のメンズ脱毛のブームです。


痛いのが嫌と言いながらも、積極的にヒゲ 永久脱毛る男子が増加しているところにやってきたのが『 メディオスターNeXT PRO 』の存在。


登場当初は、“ 無痛脱毛 ”という触れ込みで紹介されたメディオスター。
で、実際のところ痛みに関していえば、『 無痛はありえない 』というのが本音です。


痛みはかなり軽減!麻酔と同時使用でストレスが大幅に軽減



“ 脱毛 = 痛い ”が定説でしたが、メディオスターの登場で状況が激変したことは間違いありません。
麻酔と併用することで、従来感じていた痛みが大幅に軽減。


部位によっては、『 脱毛器が肌に触れている 』程度にしか感じず脱毛時のストレスが大幅に軽減されました。
とはいえ、やはりヒゲの脱毛は、そんなに甘いものではなく。


痛い部位は確実にあるのが現状です。


肌の色を選ばない! 3週間前の日焼けに対応



これまで、脱毛は日焼けが絶対にNGでした。少しの日焼けも許されず、、、、
クリニックを予約しても、脱毛できないという方が続出していました。


かくいう筆者も、メディオスターを挑戦した一人ですが、唯一の気がかりが日焼け。
が、カウンセリング時に3週間前までの日焼けなら大丈夫!とのことで、無事施述することが出来ました。


実は白いヒゲにも対応可!



痛みや日焼けは対策することで、なんとか脱毛効果を発揮することができていました。
が、“ ヒゲの白髪化 ”には、どうしても対応することができなかった。


従来の脱毛器は、メラニン色素( 黒い色 )に強く反応する性質があり、白髪化したヒゲを脱毛することができませんでした。


しかし、メディオスターは毛根を成長させる因子である“ バルジ ”に直接作用するため、白髪化したヒゲも脱毛することが可能となったのです。


徐々に広がりつつあるメディオスターの輪、徐々に導入するクリニック



これまで全国に店舗を持つ大手クリニックしか手が届かなかったメディオスターですが、徐々に裾野が広がっており、導入するクリニックが増加傾向にあります。


とはいえ、この脱毛。効果が高いものの価格もそれなりにするため、大手クリニックが業界を牽引することとなるのは間違いなさそう。


メディオスターの登場で、ヒゲ脱毛業界が一変したのは間違いありません。
単発式の脱毛だけではなく、蓄熱式の脱毛を選択することができるようになっており、ヒゲ脱毛の敷居がどんどん低くなっていきそうです。

1 2 3 4 5 .. 次のページ »
topへ戻る

Return to page top